1,079件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

定期的に勤務状況に関する面談を行い、労務管理に役立てる。... コロナ禍で在宅勤務を拡大したことで、従来通勤などに充てていた時間を有効活用できる。... 同社は、これまで男性社員の育児休業取得を後押し...

新型コロナウイルス感染症が流行して以来、在宅勤務を標準とした働き方を試行する中で、出社の必要な押印業務が新たな働き方の妨げになっていた。... また、既存オフィスとサテライトオフィス、在宅勤務での業務...

キヤノンの12月期予想、上方修正 営業益640億円、プリンター好調 (2020/10/27 電機・電子部品・情報・通信1)

インクジェットプリンターはコロナ禍の在宅勤務・学習の需要で、7―9月期の売上高が前年同期比21%増と大幅に拡大。

「当社は感染拡大を防ぐため、3月から在宅勤務や交代勤務制を導入した。

キヤノンMJ、営業益240億円 通期見通し上方修正 (2020/10/26 電機・電子部品・情報・通信)

コロナ禍による在宅勤務の増加で家庭用インクジェットプリンターなどの販売が計画を上回った。

新型コロナウイルス感染拡大を受けて移行した在宅勤務中心の働き方に合わせる。... 在宅勤務で光熱費などが増えるケースがあり、日数に応じた補助制度も始めた。 JDIは20年3月下旬から...

新型コロナウイルス感染防止の在宅勤務もあるが、新幹線や航空機での国内出張には神田に拠点を設ける方が便利とみている。

スーパー売上高、9月4.6%減 食品好調も季節商品苦戦 (2020/10/22 建設・生活・環境・エネルギー1)

新型コロナウイルスの影響による在宅勤務で内食化需要は続き、キャベツなどの農産品の相場高もあり食料品の販売は好調だった。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、在宅勤務を実施する企業が増えたことに対応するためだ。... とりわけ大手企業や外資系企業を中心に、在宅で新入社員研修を実施するといったニーズがあり、米アップルのタブ...

米アマゾン・ドット・コム、在宅勤務を来年6月末まで可能に (2020/10/22 電機・電子部品・情報・通信1)

米アマゾン・ドット・コムはホワイトカラーの従業員について2021年6月末まで在宅勤務を認める。... アマゾンの広報担当者は電子メールで「引き続き従業員の健康を最優先とし、自治体の指針に従う」とした上...

9月のコンビニ売上高、3%減 新型コロナ・降水量影響 (2020/10/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

降水量が多かったことに加えて、新型コロナウイルスによる在宅勤務や外出自粛が続いていることが影響した。

渡辺社長は「在宅勤務をより増やすためにもRPAを推進する」と力を入れる。

グループの中核企業であるサーラコーポレーションは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて在宅勤務の活用を進めており、離れた場所でもコミュニケーションを取りやすくするための環境を整えている。... 業...

コロナ禍で在宅勤務が増える中、セキュリティー方針の見直しやインシデント発生時の対策など事前準備が改めて求められている。

スマートファクトリーJapan 2020/注目の製品・サービス(5) (2020/10/20 電機・電子部品・情報・通信1)

在宅勤務の定着・生産性向上を見据えた「電子契約」や「電子調達」システム、コロナ感染防止のための人工知能(AI)温度検知ソリューションなども提案する。

ただ「在宅勤務などが浸透し事務所や店舗から排出される古紙や産業廃棄物が減少、大口結束向けの荷動きが低調」(問屋筋)という。

在宅勤務の拡大でオフィス立地の店で苦戦したことが大きい。

OA機器 複写機・複合機、低迷 OA機器はコロナ禍による商談機会の減少や在宅勤務の増加により、厳しい状況が続きそうだ。

経済活動の停滞に伴い商業印刷物が低迷、テレワーク(在宅勤務)の浸透でオフィス需要の減少も続く。

経営ひと言/日阪製作所・竹下好和社長「在宅勤務に成果」 (2020/10/13 機械・ロボット・航空機2)

本社(大阪市北区)勤務の営業スタッフは大半が出社しない体制にし、ほかの事務職も週2回は在宅勤務できるようにしている。

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる