294件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

また、銅地金先物は年初比約2割安と、最大消費国の中国の経済活動再開で原油に比べ下げは限定的だが、欧米景気の悪化で下振れ警戒が続く。 ... 丸紅はメキシコ湾の石油・ガス開発やチリの銅...

新型コロナ/JXTG、当期赤字3000億円 石油製品の需要減 (2020/3/27 建設・生活・環境・エネルギー)

原油の在庫評価損失が700億円から2500億円に拡大する。航空燃料など石油製品の需要減少や、原油価格下落、石化製品の市況悪化による利幅悪化も響く。

日立金属、全社の「司令塔」新設 経営課題に対応 (2020/2/25 素材・医療・ヘルスケア)

資本効率や業務の生産性を高めて“稼ぐ力”を伸ばし、世界経済の減速で悪化した業績の立て直しを急ぐ。 ... 大型設備投資の効果が想定通りに表れないことや、原材料価格の下落に伴う在庫評価...

石油元売り3社の4―12月期、減収減益 通期は油価低迷懸念 (2020/2/17 建設・生活・環境・エネルギー)

油価低迷による原油在庫の評価損などが懸念される。 ... 1―3月期平均で前提を1バレル5ドル下回れば20年3月期に325億円の在庫評価損が出る。... 米国産標準油種(WTI)価格...

JXTGの4―12月期、営業益51%減 原油価格下落など響く (2020/2/14 建設・生活・環境・エネルギー)

原油価格下落による在庫評価悪化や、パラキシレンなど石油化学品の市況が悪化した。原油の在庫影響は488億円のマイナスで、前年同期の186億円のプラスから反転した。原油と銅の在庫影響を除いた営業利益は同3...

安値が続けば、原油価格が反映される液化天然ガス(LNG)輸入や鉱山開発事業の採算悪化、製品在庫の評価損につながりかねない。... 【先行き不安】 神戸製鋼所は景気減速の影響で20年3...

足元では荷動きが一段と悪化し、需要家の値下げ圧力が増している。... 直近のH形鋼の荷動きについては、19年末より一段と悪化している。... 在庫評価損が発生しないよう、各社とも慎重に対応したためだ。...

原油の想定価格引き下げで、在庫評価損が膨らむ。... ドバイ原油価格の想定を1バレル70円から62円に変更し、エネルギー事業は在庫評価損700億円を見込む。... ドバイ原油価格の想定も引き下げ、在庫...

深層断面/下期、不透明感漂う (2019/11/14 深層断面)

営業損益ベースで前期実績と比べ為替影響が1380億円の悪化要因になる。 ... ナフサ価格の下落に伴う在庫評価損などが下期はなくなるが、市場回復を促す要素は乏しく、しばらく我慢の状況...

ただ19年4―9月期連結決算は、棚卸評価の下落や経営環境悪化による販売減が重荷となり、当期損益が33億円の赤字(前年同期は23億円の黒字)に転落した。... 在庫評価影響の悪化に加え、米国サスペンショ...

原油価格の下落による在庫影響評価損が膨らむほか、石油化学製品の利幅悪化が響く。 ... 996億円の在庫評価益を計上した前年同期から一転した。20年3月期は同事業で700億円の在庫評...

日本触媒の4―9月期、営業益49%減 (2019/11/7 素材・医療・ヘルスケア)

日本触媒が6日発表した2019年4―9月期連結決算(国際会計基準)は、原料価格や製品海外市況の悪化に伴う販売価格の低下などを受け、売上高が前年同期比9・3%減の1532億円だった。営業利益は、在庫評価...

総合化学6社の4―9月期、全社が当期減益 (2019/11/7 素材・医療・ヘルスケア)

総合化学6社の2019年4―9月期連結決算が6日出そろい、石化製品の市況悪化の影響を受け、全社が当期減益となった。... 三井化学は、オレフィンやフェノールの海外市況下落や在庫評価損などにより、基盤素...

JXTGの4―6月期、営業益78%減 原油下落で在庫評価損 (2019/8/8 建設・生活・環境・エネルギー1)

原油価格下落による在庫評価損や石油化学製品のマージン悪化も響いた。在庫評価損は197億円で、在庫評価益421億円を計上した前年同期から反転した。在庫影響を除いた営業利益は、前年同期比62・7%減の69...

原料高や鋼材市況の低迷、停電に伴う製鉄所の稼働減、在庫評価の悪化が響いた。 ... 原料高や鋼材市況の低迷が続き、輸出向け製品を中心に製鉄事業のマージンが、大幅に悪化すると予想した。...

JXTGの4―12月期、増収増益 原油急落もしのぐ (2019/2/11 建設・エネルギー・生活)

原油価格下落に伴う収益悪化はあったがエネルギー事業、石油・天然ガス開発事業とも前年同期比で営業増益。... 「通期の在庫評価影響はゼロになる」(小野田泰取締役常務執行役員)と見込む。 ...

中国の鋼材需要は、同国内の在庫水準や輸出量を見る限り、比較的安定している。 ... 摩擦拡大で世界の景気悪化につながることが懸念だ。 ... ただ材料は簡単に変える...

在庫評価の悪化が痛手となった。... この間の原料高などを受けた鋼材価格の引き上げや、17年1月に起きた火災事故からの復旧に伴う販売増で売上高は同6・3%の増収となったが、在庫評価が悪化した影響を吸収...

その際、価値のない在庫や存在しない在庫までも評価した上で、翌期の売り上げの一部を前倒しで計上した決算書を作成。... 業界環境の悪化に加えてベテラン社員の退職など、まさに“内憂外患”。

17年2月期には売上高が約10億7800万円に減り、滞留在庫の廃棄損・評価損などから最終赤字に転落していた。厳しい業況が続く中で資金繰りは悪化。

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる