182件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

企業のマーケティングデータの作成や地図データ更新などのサービスにつなげる。 ... 同社で手がけているのは高速道路向けの自動運転システムや、レベル4の自動運転システムの開発だ。...

西松建設は自律制御システム研究所(千葉市美浜区)と、飛行ロボット(ドローン)を活用した「コンクリート床ひび割れ自動計測システム=写真」を開発した。 ... 新システムは距離を計測する...

その一つがSLAMという地図生成と自己位置推定を同時に行う技術である。 産総研で開発したシステムは、小型の3次元形状取得センサー(LiDAR)により3次元地図を自動的に作成する。.....

仙石は住宅関連事業の社内分社ライフソリューションズ社のハウジングシステム事業部で水廻りシステムビジネスユニットに所属する。 ... 3―5分で仙石が作成する間、施主は前のめりで話す。...

日本防災産業会議/防災・減災に企業の力結集を (2020/2/11 モノづくり日本会議)

このような流れの中で、日本防災産業会議は、「情報分科会」「モノ・技術分科会」を活動基盤として、参加企業を中心に災害時にどういった取り組みができるかを俯瞰(ふかん)し、「防災マップ」を作成しました。.....

複雑な調整をせずデータ収集でき、企業マーケティングデータの作成や地図データ更新などの用途を見込む。... ライダーキットはカメラや全球測位衛星システム(GNSS)と一体型にして車両の屋根に後付けできる...

新しい道路を造ることを例にすると、参考となる地図がない中で道路を造ったことにより結果的に通りにくい道路になったというのが工場の現状だという。 ... まず工場のラインや設備のマップを...

海中資源の採取技術の向上には海底探査による海底地図が必要。... 日本財団が参加する国際チームは無人システムを使い、出場チームの中で唯一、水深4000メートルを超えた海底地形を観測し、ミスなくミッショ...

地質図は、足元がどのような地層からできているのか、それらがいつ頃できたのか、どのような形態で地下に分布しているのかなどを、色や記号を利用して地図上に示したものである。... 学生時代から地質構造の3次...

大須賀所長は「3次元地図の作成は、ある意味力業。... SLAMとは自己位置推定と地図作成を同時に行う技術で、単眼SLAMでは広角カメラの画像から特徴的な点をいくつも抽出し3次元地図を作る。... そ...

地図上でも具体的な位置を簡単に把握できる。... また、回答を地図に表示できるので、何がどこで不足しているかを地図上でも確認できる。... DISAANAでは「〜が不足する」と「〜が足りない」がほぼ同...

東京電機大、来月6日に研究成果発表会 (2019/7/30 科学技術・大学)

岩井将行准教授による特別講演「学習最適化と自動防衛機能を有するフォグコンピューティングによる大規模施設向けIoT基盤の研究」に続き、各学部の准教授と助教による「メタノール水溶液改質水素発生装置の開発」...

建設の3次元モデリング「BIM」データと連携し、自己位置推定と地図作成を同時に行う「SLAM」により自律移動する。... ロボット本体に加え、位置を測定するプリズム自動追尾型測量機、ロボットと離れた場...

携帯3社、内閣府と災害対応連携 衛星携帯など提供 (2019/7/10 電機・電子部品・情報・通信1)

災害現場の被災状況を共有するほか、被災情報を収集する内閣府の官民合同チーム「ISUT(アイサット)」が作成する各社の通信サービス支障地域を集約した地図情報なども共有する。 ... N...

今後、他の地域へ冷暖房需要を想定し、同地図の範囲拡大を目指す。 ... 研究グループは、大阪平野において地下水の水量や温度、小石や砂から構成され地下水を豊富に含む地層「帯水層」の特性...

千葉大学大学院工学研究院の残間忠直准教授や劉康志教授らは、複数の移動型ロボットが移動する際、コースの幅に応じ自動的に最適な配置に切り替える制御システムを開発した。... 今後、センサーやカメラをロボッ...

【仙台】東北の産学官で構成する「東北次世代移動体システム技術実証コンソーシアム」は、仙台市内の住宅地で電気自動車(EV)バスの試乗会と実証を始めた。... 自動運転技術の導入を見据え、車載カメラで3次...

自動運転をVRゲーム化 シナスタジア、走行ルート連動型開発 (2019/4/11 中小・ベンチャー・中小政策)

この3D地図と移動ルートなどを基に、VRのシューティングゲーム空間を作成する。... ホラーライドでは移動ルートをトロッコのレールに換え、お化けに襲われるゲームを作成した。... 新システムでアトラク...

いずれも2020年度にシステムを構築し実用化につなげる。... 20年度中に地図作成機能の実験をする。... 20年度に力や熱を、より高精度に測定するシステムを実装し、実用化を目指す。 ...

使用するドローンは自律制御システム研究所製で、長さ・幅は117センチメートル、重さは6・9キログラム。全地球測位システム(GPS)を用いた完全自律飛行のため、パソコン画面上で挙動を監視し、異常時は警告...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる