328件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

新役員/富士通 執行役員常務・梶原ゆみ子氏ほか (2021/6/2 電機・電子部品・情報・通信1)

大学では地学を専攻し休日は地層を見に行く趣味も。

長周期地震動の計算時間を大幅短縮 大成建が新技術 (2021/6/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

地盤特性(固さや地層分布)で地震動の影響が異なることに着目。

そういった地下の地層などの地質学的な構造を調べる手段として物理探査という技術が開発された。

固い地盤とされる山の手の台地の地下にも軟弱な地層があることなどが分かった。... だが、開発の進んだ都心では地層を直接観察することができず、地層分布の詳細は不明だった。 研究チームは...

九州大学大学院工学研究院の佐久間臣耶准教授と名古屋大学、東京大学の研究グループは、細胞分取に使う装置「セルソーター」を用いて、花粉化石から地層の高確度な年代測定に成功した。... この技術を使い、湖底...

東北大、過去4億年間のマグマ活動解明 (2021/4/15 大学・産学連携)

研究チームは北上山地南部から三陸海岸に分布するシルル紀から白亜紀前期に堆積した砂岩地層と現在の砂浜海岸の砂を採取し、砂に含まれるジルコンを抽出。

電力新時代 変わる経営モデル(35)北海道電力 社長・藤井裕氏 (2021/3/16 建設・生活・環境・エネルギー)

「2月12日の審査会合で泊原発敷地内のF1断層は、上載地層が後期更新世、約12万から13万年前よりも古い堆積層であるという判断に至る可能性が高くなってきた、とのコメントをいただいた。

中部電、地下水浸入抑制実証研究を採択 原子力関連公募 (2021/3/12 建設・生活・環境・エネルギー)

現在検討中の高レベル放射性廃棄物の地層処分において、大規模地下空洞の掘削、利用に必要な地下水の浸入抑制につながると判断した。

福井県立恐竜博物館は、同県大野市にある約1億2700万年前(前期白亜紀)の地層で見つかった化石が、国内最古級の哺乳類のものと判明したと発表した。... 大野市教育委員会の主任学芸員が2019年6月ごろ...

電力新時代 変わる経営モデル(29)北陸電力 志賀原発再稼働へ道筋 (2021/1/26 建設・生活・環境・エネルギー1)

同会合では、それまでに評価対象として定まっていた9本の断層の活動性がないことの根拠として、断層最新面を横断し、約600万年前に生成した鉱物に変形があるかを調べる「鉱物脈法」や、断層の上を覆う地層が約1...

北海道北部にある中川町の約9000万年前(白亜紀後期)の地層からアンモナイト類の化石を発見し、新属新種に分類したと、名古屋大学大学院生で深田地質研究所(東京都文京区)の研究員村宮悠介さん(27)らが日...

複数のソフトウエアを使って高精度な3次元の地形モデルや地層モデルを作製する。

現地政府がCO2を海底の地層に貯留することを目指すプロジェクトを進めている」 ―水素分野を幅広く手がける目的は。

房総石は天然ガスの「タイムカプセル」として、地層中での有機物の分解や脱ガス反応などを知るのに役立つと考えられる。また、かご構造中にガス分子として二酸化炭素(CO2)を閉じ込めることもできるため、CO2...

地質図や学術論文をもとに地層変動の記録や鉱物や岩盤の存在などを机上で調べ、調査の対象範囲を決める。... 【地層データ公表】 処分場をめぐっては02年から公募を開始。... 国が前面...

現在の最終処分として考えられている「地層処分」は、廃棄物をガラス状に固化した上で堅固な容器に収め、安定した地層の中に設置するもの。

研究グループは、中国とイタリアの当時の地層を化学分析。

“核のゴミ”問題動く 北海道2自治体、調査受け入れ (2020/10/13 建設・生活・環境・エネルギー)

文献調査とは、地質図や学術論文を基に地層変動の記録や鉱物・岩盤の存在などを机上で調べ、調査の対象範囲を決めること。... これら廃棄物の海洋投棄や氷床への処分は国際条約で禁止されており、地層処分が実現...

文献調査は約2年かけて論文や地質データなどから地層の性質を把握するもので最大20億円の交付金が自治体側に支払われる。

日本原子力研究開発機構の石井英一研究主幹らは、高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の地層処分時の物質の閉じ込め性能を調べる技術として、地下の割れ目に高圧の水を入れ、割れ目をずらし水の通りやすさの変化を調べ...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる