475件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

7月31日―8月1日に大分県日田市で開かれた耐久レースでは、子会社のトヨタ自動車九州(福岡県宮若市)が太陽光発電で、大林組が地熱発電でそれぞれ製造した水素を新たに水素エンジン車の燃料として利用。......

本道の再生可能エネ賦存量(理論上の総量)は、陸上風力で全国の30%、地熱発電は同61%を占め(国土交通省調査)、さらに畜産系バイオマスや雪氷冷熱も全国で高いレベルを誇る。

新社長登場/鹿島・天野裕正氏 耐震・超高層で存在感示す (2021/7/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

地熱発電にも関心がある。洋上風力発電の建設工事を請け負っているが事業への参入も検討する。

外務大臣のころ、海外の大臣から日本の地熱発電を視察したいと言われた。発電タービンは日本製が多いからだが、国内に新規の発電所が少ないと言ったら(自国に市場がない日本を)不思議がっていた」 ...

地熱発電などにも取り組む国内有数の再生可能エネルギー事業者の顔も持つ。... 19年5月、国内では23年ぶりに大型地熱発電所が運転を開始した。... Jパワーが75年に宮城県に設立した鬼首地熱は経年劣...

またサプライチェーンのデジタル化に取り組む」 【記者の目/構想訴え企業間連携図れ】 世界のカーボンニュートラルへの動きを受け、藤井社長は「当社は地熱発電も行う変わっ...

大林組、NZで水素プロ 港湾会社と合弁、製造施設を整備 (2021/6/22 建設・生活・環境・エネルギー1)

大林組は18年、同国で有数の地熱発電所を運営する信託組織「Tuaropaki Trust」と同国初となるメガワット級の地熱発電由来のグリーン水素製造・供給施設の整備に着手。

地熱発電は福島県・柳津町の地熱発電所付近を対象に水中センサーで地下の熱の流れが分かる技術を開発した。地熱発電の安定操業に寄与できる。大規模発電となる大深度超臨界地熱開発は現在資源調査段階だ」 ...

東洋エンジの通期見通し、受注高2.3倍 (2021/5/14 機械・ロボット・航空機)

22年3月期はインドのアンモニア製造プラントやポリマー領域のほか、日本国内のバイオマス発電、インドネシアの地熱発電などの受注を見込む。

各地で太陽光や風力、バイオマスなどの発電設備が稼働し、19年3月末に比べて25市町村増加した。 倉阪研究室らは地域の企業や家庭での電力・熱の消費量よりも、現地で稼働中の再生エネ設備の...

三菱パワーはメキシコのナヤリット州南部の地熱発電所に、発電プラントの性能向上を支援するサービス「TOMONI」を導入した。... 地熱発電所向けに同サービスを導入するのは初めて。 出...

産業技術総合研究所再生可能エネルギー研究センターの岡本京祐研究員らの研究グループは、地熱発電に利用できる地下深部の熱水の流れをリアルタイムに検出する方法を開発した。... 地熱資源開発に加え、油田開発...

竹中、岐阜・奥飛騨で地熱発電稼働 温泉活用、地域と協働 (2021/4/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

竹中工務店は20日、岐阜県高山市の奥飛騨温泉郷で地元の奥飛騨宝温泉協同組合と協働し、温泉を活用した50キロワット規模の地熱発電施設を稼働したと発表した。同社として初の地熱発電事業。... 発電施設は「...

大林組、ESG経営を推進 グリーンエネなど新部署 (2021/4/2 建設・生活・環境・エネルギー)

グリーンエネルギー本部は蓄電池や水素技術を活用した事業、地熱発電事業など新ビジネスを事業化する。... 同社は再生可能エネルギー事業分野で太陽光発電、バイオマス発電、陸上風力発電などを展開している(写...

横河電機、インドネシアで受注 (2021/2/16 機械・ロボット・航空機2)

横河電機はインドネシアのラヘンドン地熱発電所(北スラウェシ州=写真)向けとなる蒸気生産輸送設備用制御システムを受注した。... 同発電所は1―6号機で構成し12万キロワットの発電容量を持つ。インドネシ...

81年から再生可能エネルギーである地熱開発に取り組んでおり、今後10―20年間で複数件の地熱発電所の開発に挑戦したい。将来は自社で消費する電力の相当量を地熱で発電したい。... 三菱マテリアルなどと再...

三菱重工、比地熱向けバイナリー発電受注 (2021/2/4 機械・ロボット・航空機)

三菱重工業は3日、イタリアのグループ会社のターボデン(ロンバルディア州)と三菱パワーが、地熱発電の排熱水を活用するバイナリー発電の設備をフィリピンで受注したと発表した。... 世界最大の地熱発電設備容...

再生可能エネルギーでは、既存の地熱発電所の安定操業を続け、新発電所の建設を急ぎたい。水力発電所のリニューアル工事も着手した。

地熱発電の開発拡大や、二酸化炭素(CO2)を原料とするメタノール生産、他社との連携による大幅な省エネルギー化を実現する技術革新の3本柱で取り組む。... 三菱ガス化学は1981年から地熱開発に取り組む...

エプソンは20年に発行して調達した700億円で工場への太陽光発電設備の設置や再生エネ電気の購入、省エネ型商品の品ぞろえを強化する。 三菱重工は調達した250億円を水力や水素、地熱発電...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる