660件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

JA三井リースは3月31日、サステナブル(持続可能)エネルギーによる発電事業を手がけるGPSSホールディングス(東京都港区)と資本業務提携を行ったと発表した。... JA三井リースは、太陽光をはじめ、...

地熱発電所向けに同サービスを導入するのは初めて。... 同国ナヤリット州のドモ・デ・サン・ペドロ地熱発電所にサービスを導入する契約を結んだ。... 地熱発電所設備は地熱流体中に含まれる地熱ガスや不純物...

「地熱発電の普及」といった業務での目標もあれば、「生涯学習を実践」といった生活での目標もあった。

発電機が出力する交流を直流に変換する機器で、出力容量は業界トップクラスの11キロワット。... 風力、水力、バイオマス、地熱発電システムなどでの活用を見込む。 ... 風力などの発電...

競争導入を起爆剤に発電事業の高度化を促し、産業活性化につなげたい。 ... 経済産業省の委員会がまとめた政府案では、再エネをコスト競争による自立化が可能な「競争電源」(大規模太陽光、...

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、インドネシアの国立バンドン工科大学と、次世代クリーンエネルギー技術や発電所のビッグデータ(大量データ)解析に関する共同研究で合意し、覚書(MOU)に調印した(写...

東北電、今月グリーンボンド発行 (2020/2/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

調達資金は国内外の風力、地熱発電事業8件への投資やリファイナンス(借り換え)に充てる。... 東北電は再エネ導入の拡大に向けて風力発電を主軸に東北6県と新潟県を中心に200万キロワットの開発目標を掲げ...

展望2020/富士電機社長・北沢通宏氏 インド事業、300億円も可能 (2020/1/23 電機・電子部品・情報・通信2)

パワーエレクトロニクスシステムやパワー半導体で手応えを感じているほか、事業環境の厳しい発電プラントでも地熱発電設備の受注が相次いでおり、うれしい誤算となる。

一方で長瀬勝義社長は「いずれ制度は終わる」と見込みながら、中山間地に設置する太陽光発電所と電気の消費地が離れていることに違和感を覚えていた。 ... 太陽光発電以外の自然エネルギーの...

再生エネルギー拡大 エネ大手、開発加速 (2020/1/1 建設・エネルギー・生活1)

持続可能な社会のために、太陽光発電、風力発電などの再生可能エネルギーの普及拡大が不可欠だ。... 石炭火力発電は18年度の発電量割合(同)は25・5%で、液化天然ガス(LNG)の35・3%に次ぐ電源と...

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は地熱発電事業者向けの保険販売を始めた。地熱発電は太陽光発電と比べ天候の影響を受けにくく大手企業を中心に事業参入が見込める。... 太陽光や小型風力発...

富士電機、Jパワーから地熱発電設備受注 (2019/10/29 電機・電子部品・情報・通信2)

富士電機はJパワーから地熱発電設備を受注した。宮城県大崎市の鬼首地熱発電所向けで、発電容量が1万4900キロワット。

東芝エネシステムズ、インドネシアで蒸気タービン受注 (2019/10/17 電機・電子部品・情報・通信1)

東芝エネルギーシステムズ(川崎市幸区、044・331・0625)はインドネシア・ジャワ島中部のディエン小型地熱発電所向けに10メガワットの蒸気タービン・発電機を受注した。... 同国は世界2位の地熱資...

地熱資源の連続監視で、地熱発電が温泉に与える影響に関する科学的なデータが得られる。地熱発電開発を検討する時、データに基づいた温泉事業者との交渉が可能となる。 ... 同技術を用いて、...

「足元ではケニア電力公社向けの地熱発電所の建設工事が進んでおり、この1年以内に完工する見通しだ。

富士電機、地熱発電設備を受注 安比地熱から (2019/9/20 電機・電子部品・情報・通信1)

富士電機は安比地熱(岩手県八幡平市)から地熱発電設備を受注した。設計から調達、製造、建設まで一括して請け負った設備の発電容量は1万4900キロワットで、2024年4月の運転開始を予定する。富士電機は1...

製錬プロセスで大部分を循環利用するとともに、自家発電にも活用するプラントの中核機器。 MHPSは同国での火力発電設備や地熱発電設備の近代化や能力増強、アフターサービス需要の増加をにら...

三菱マテリアル、三菱ガス化学、Jパワーの共同出資会社である安比地熱(岩手県八幡平市)は10日、8月に安比地熱発電所の建設工事を始めたと発表した。... 3社による地熱発電共同事業は、5月に営業運転を開...

保有、運用する発電設備と生活や産業とのつながりのPRが目的。... 地熱では地中の熱水だまりや農業での二次利用も分かる。

日本貿易振興機構(ジェトロ)は28―30日に横浜で開かれる第7回アフリカ開発会議の関連行事で、東芝エネルギーシステムズとアフリカでの水力・地熱発電の開発で手を組む仏バンシコンストラクションのジェローム...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる