55件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

「未知の物質」真空で調べる 小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」で採取した試料の分析が現在実施されている。... 同社は海洋地球科学の調査や観測に関わる業務を受...

地球深部探査船「ちきゅう」で海底を掘削して堆積物を採取し、微生物の分布や堆積物の物性や温度を分析。

地球深部探査船「ちきゅう」は、約1万メートルの長さのドリルを海上から下ろし、海底を掘削して地球内部を調査する。... 近年、月や火星など宇宙探査プロジェクトが注目を集めているが地球の海はまだ完全に解明...

神戸大学海洋底探査センターと海洋研究開発機構の共同グループは、鹿児島県薩摩半島南方沖にある海底火山「鬼界海底カルデラ火山」の周辺で9万5000年前と7300年前に巨大噴火があったことを明らかにした。地...

スーパーコンピューター「地球シミュレータ」や、地震・津波観測監視システム(DONET)を監視する支援システムなどを公開する。地球深部探査船「ちきゅう」による南海トラフ地震発生帯掘削の最...

三井E&S造船など、自動離着桟技術を実証 船舶の安全性確保 (2018/7/30 機械・ロボット・航空機1)

三井E&S造船(東京都中央区、古賀哲郎社長、03・3544・3318)と商船三井、東京海洋大学、三井造船昭島研究所(同昭島市)が共同提案した「船舶の自動離着桟の...

きょうは「海の日」 進む海洋研究と課題 (2018/7/16 科学技術・大学)

地球深部探査船「ちきゅう」を利用し、18年度中に掘削を始める予定だ。 【創薬に応用も】 また海洋機構は深さ6500メートルの海域まで潜れる有人潜水調査船「しんかい6...

ここで得られた知見は日本の今後の月や火星などの探査技術として日本の宇宙探査に貢献するかもしれない。 地球の海はまだまだ分からないことが多い。... 前段階として今秋にも地震の規模を示...

海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」を改修せずに使えるためコストの増加を抑えられる。

海洋研究開発機構は深さ6500メートルの海域まで潜れる有人潜水調査船「しんかい6500」などを利用し、海洋に関する研究開発を進めている。... 「地球深部探査船『ちきゅう』を使った南海トラフの掘削計画...

センサー設置に先駆け、18年秋にも地球深部探査船「ちきゅう」を利用し、南海トラフでの掘削作業を行う計画。

センサー設置に先駆け18年秋にも、地震の規模を示すマグニチュード(M)が最大9になると想定される「南海トラフ」(紀伊半島沖熊野灘)で、地球深部探査船「ちきゅう」を利用し...

この手法を使い、地球深部探査船「ちきゅう」による掘削データから、南海トラフ地震断層上部の岩盤強度を測定。... 地下の岩盤強度は、プレート境界断層の活動可能性の解明など、地質や地球物理研究の重要な情報...

だが、地球深部探査船「ちきゅう」による大規模な掘削が必要のため、観測点は限られてしまうのが課題だった。 ... 数十メートル程度なら、海洋機構の海底広域研究船「かいめい」で、比較的容...

2011年の会社設立後、PDCEは牛久大仏や地球深部探査船「ちきゅう」など幅広く採用されている。

海洋機構の地球深部探査船「ちきゅう」の船内設備を利用し、オマーンで採取したオフィオライトを2カ月間、解析する。海洋や大陸のプレート形成の解明、地殻とマントルの境界面と考えられ地球内部で地震波が変化する...

地球深部探査船「ちきゅう」を用いた産出試験には、1日7000万―8000万円もの莫大(ばくだい)なコストがかかるという。

第2回海洋産出試験は渥美半島から志摩半島の沖合(第二渥美海丘)で、地球深部探査船「ちきゅう」を用いてガスの生産を実施している。

エネ庁が石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)に委託し、地球深部探査船「ちきゅう」を使って、渥美半島から志摩半島の沖合で5月4日からガス生産を続けてきた。

地球深部探査船「ちきゅう」は、水深約1000メートルの海底を300メートル以上掘った地層でメタンハイドレートを分解し、ガスを採取。

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン