1,455件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

トランプ政権が脱退した地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」復帰を目指すバイデン氏は、同協定に署名したケリー氏を気候特使に起用。

【効率向上不可欠】 温暖化は一刻の猶予も許さない状況にある。世界的に対策強化が求められる中、日本は消費電力の約9割を依然として化石燃料に依存している。... 地球温暖化対策の一助とな...

農機、電動化研究進む 環境規制の強化見据え (2020/11/24 機械・ロボット・航空機1)

世界各国の環境規制の強化を見据え、農業機械や道路機械の分野で電動化の研究が進んでいる。... 米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領は環境重視の姿勢を打ち出し、地球温暖化対策の国際ルール「パリ...

戦略では溝口周辺エリア(川崎市高津区)に脱炭素化の取り組みを集中的に進めるモデル地区を設置したほか、公共施設の再生エネルギーの導入、脱炭素化に取り組む企業への支援の検討などを行う。... 先導的に始め...

有識者の一部からは、技術確立の動きに対して実用化への道筋に至らない点への指摘があった。 ... 政府の成長戦略や地球温暖化対策計画への反映を目指す。

バイデン氏が地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」への復帰を公約に掲げてきたことについては「米国は環境分野等で、イノベーションを通じて先進的な技術を導入するなどの取り組みをしてきた」と指摘。

政府は同会議の議論を踏まえ、洋上風力発電や次世代蓄電池、水素エネルギー、カーボンリサイクルなどの研究開発と社会実装を加速させるための目標設定に加え、脱炭素化への手順を示す工程表の策定も検討。... 菅...

だが、バイデン政権が誕生となれば、新型コロナウイルス対策や通商政策・対中国関係、環境・エネルギー政策が大きく変わる可能性もある。... トランプ政権が離脱した地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」...

感染症への継続的対策として、国に為替取引税やデジタルサービス税、地球温暖化対策のための税(温対税)への上乗せなどの議論を促進し、得られた税収を特別会計化して地方自治体に配分する検討を求めた。... 答...

環境省は5日、地球温暖化対策推進法の改正に向けた検討会の初会合を開いた。... デジタル化によって公開を早めることでESG(環境・社会・企業統治)投資などの評価を受けやすくする。他にも脱炭素を目指す自...

日本を変える17Goals(76)日進産業 (2020/11/6 SDGs)

ガイナは地球温暖化対策に大きな貢献できる」と確信する。

加藤勝信官房長官は5日の会見で、世界2位の温室効果ガス排出国である米国が、地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」から離脱したことについて「非常に残念だ」と述べた。

一方でバイデン氏は地球温暖化対策の国際枠組みであるパリ協定への復帰を表明している。世界の温暖化対策の加速が期待される。

一方、エネルギー分野においても、トランプ氏は地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱を表明するなど、産業や雇用創出など米国経済を重視する姿勢を示した。 ...

菅首相は先週開いた閣僚らの会合「地球温暖化対策推進本部」で日本の温室効果ガス排出量を、50年までに実質ゼロにする新しい目標について、日本の新たな成長戦略になるとの認識を表明した。

SDGsのビジネスへの実装をテーマとした成果発表ほか、地球温暖化対策についての理解を深める。

小泉進次郎環境相は27日の閣議後会見で、地球温暖化対策で二酸化炭素(CO2)の排出削減に取り組む自治体に対し、再生可能エネルギーの普及を制度面で後押しするため、「具体的な法改正について、今後速やかに検...

【北京=時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は26日の記者会見で、菅義偉首相が温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロとする目標を打ち出したことに歓迎の意を示した上で、日本と協力して地球温暖化対策に...

まず、バイデン候補は地球温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定への復帰やクリーン・エネルギーの推進を公約に掲げている。気候変動対策を最重要政策と位置付ける欧州連合(EU)は、世界第2位の二酸化炭素排...

地球温暖化対策の一環として打ち出された「クールビズ」。... それを契機に、国民に対する利便性向上や行政の効率化につなげることが真の目的で、これを補完する手段がデジタル技術。... 「デジタル化するこ...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる