27件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

地下水の水位、水質、温度は場所によって異なるが、無秩序に分布しているわけではなく、地域の地形や地質構造などを反映している。... これを示したものが地下水の地図「水文環境図」であり、水文地質図に分類さ...

これまでの地質図では、紙媒体での刊行が前提となっていたため、本来3次元的な広がりを持つ地質構造を、平面図と断面図という2次元の図面の組み合わせにより表現してきた。... 【活用容易に】 ...

地質図は植生や土壌を剥ぎ取った地面の下の地層や岩石の分布を表した地図。地質調査と年代測定で同地域の1700万年前以降の火山活動の歴史を地質図に盛り込んだ。... さらに過去90年の調査・研究成果を整理...

産業技術総合研究所地質調査総合センターは、東・東南アジア地球科学計画調整委員会(CCOP)加盟国と共同で、東・東南アジア地域の地質情報を共有するシステムを開発した。... 開発した「CCOP地質情報総...

【地質調査】 産業技術総合研究所(産総研)地質調査総合センターでは、経済産業省の知的基盤整備計画にのっとり、日本周辺海域の地質情報整備のため、海洋地質図の作成・出版を継続している。海...

産業技術総合研究所は、千葉県北部地域での地下地質構造を3次元で可視化した地盤図を作製した。... 3次元地質地盤図は、地下数十メートルまでの地質構造を立体図や任...

産業技術総合研究所は、建物などに映像を投影する「プロジェクションマッピング」を使う「日本列島の立体地質図=写真」を、同研究所内の地質標本館(茨城県つくば市)で3月1日から一般公開する。長さ9メートルの...

カスタマイズ自在に 【誰でも利用】 産総研地質調査総合センター(GSJ)では、全国の地質図を制作している。... 震災の教訓から「必要な人が必要...

より正確な情報を得るためには、縮尺の大きな地質図を利用するのが望ましい。 GSJでは、過去60年以上にわたり、独自の調査・研究に基づいて全国の5万分の1地質図を制作しており、これまで...

この地域は、日本の地質体が形成し始めた約5億年前からの幅広い時代の地質がみられる「地質の宝庫」といわれており、詳細な地質が判明するのは初めて。... 5万分の1の地質図として9月4日に発売する。...

「今着ているシャツは、富士山周辺の地質図をプリントしたもの。... 同社は地質図を使ったポーチやハンカチなども販売中。

産業技術総合研究所・地質調査総合センターの「20万分の1日本シームレス地質図編集委員会」(斎藤眞編集委員長=同センター研究戦略部イノベーションコーディネータ)は10日、日本全国の地質情報を継ぎ目なく表...

経済産業省は、31日まで東京・霞が関の同省本館1階ロビーで「地質」に関するパネルを展示する。... 期間中の5月10日は、1876年の同日に日本で初めて広域的な地質図が作製されたことにちなみ「地質の日...

「地質を調べると、地下の状態を知ることができる」と力を込める。 ... 調査結果をまとめた地質図は16年に刊行された。「過去の情報で地質図を作ることもできるが、その情報が間違っている...

また、岩石の薄片を観察し地質図を作成した。 ... しかし地質図を作成した結果、土砂災害が発生した斜面は「流紋岩」や「接触変成岩」といった、マサになりにくい岩石で構成されていることを...

筑波山(同)や高尾山(東京都八王子市)など18の山の地質図のほか、岩石や鉱物を紹介している。 約50年ぶりに改定した富士山の地質図「富士火山地質図(第2版)」も展示。同地質図は10万...

産業技術総合研究所は、約50年ぶりの改定となる富士山の地質図「富士火山地質図(第2版)」を作成した。10万年の噴火の歴史を表した最高精度の図。... 山梨県と静岡県は、この地質図を参考に「富士山ハザー...

産業技術総合研究所と新潟大学は新潟県の越後平野について、軟弱な地盤や活断層の分布を反映した地質図を初めて作成した。... 防災計画に生かせるよう、地質図の説明書に断層帯の分布と活動履歴を示した。......

賢治は文学者であると同時に、小学校のころから石に興味を持ち、盛岡高等農林学校で地学を学び、各地の地質図を作成した地質学者でもある。... また、盛岡高等農林学校の研究生時代に作成した地質図や、その後農...

3年生に進級後、すぐに千葉県の清澄山の東大の宿舎に1週間缶詰となり、地質図を書くなど基礎的な地学の作業を学んだ。... 自分たちで作った地質図を眺めながら、一人黙々と考えていたのを今でもよく覚えている...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる