40件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

地震発生の仕組み解明や地震予測の高度化など今後の地震研究の指針となると期待される。 ... 震源の位置や地震規模の推定精度が高くなるため、緊急地震速報の精度を高められる。さらに地震の...

防災科学技術研究所は、人工知能(AI)を使い、地震の揺れ予測を高度化する新手法を開発した。... 地震予測へのAI活用が期待されるが、機械学習は大地震のような発生頻度の少ない事象の予測が苦手で、データ...

【巨大地震予測】 これらの開発により、海底地殻変動をより詳細に把握でき、最終的には巨大地震の予測精度向上へつながることを期待している。

日本金属プレス工業協会、来月4日に安全・環境シンポ (2020/1/14 機械・ロボット・航空機1)

内閣府の「南海トラフ巨大地震」予測を受け、鈴木スプリングは事業継続計画(BCP)対策のため海沿いから内陸部へ会社を移転した。シンポジウムでは鈴木スプリングの鈴木一史社長が「なぜ会社を移転したか」をテー...

東電は08年、政府機関の地震予測「長期評価」を基に、第1原発に襲来する恐れのある津波高を「最大15・7メートル」と算出しており、(1)長期評価の信用性(2)事故回避可能性―を地裁がどう判断するかも焦点...

IHI、水中ドローン深耕 防衛・民生向け (2019/6/24 機械・ロボット・航空機2)

地震予測や火山噴火予測での断層調査、海底油田やガス田探査、海底でのレアアース(希土類)採集などのセキュリティー対策で需要が見込める。

3次元点群・衛星測位技術組み合わせ、高精度座標取得 【地震予測の現状】 日本列島では数多くの地震が発生している。... 内陸大地震の予測は、活断層の活動履歴など地表...

わが社のモットー/インフォメーションシステムズ (2019/2/26 中小・ベンチャー・中小政策)

平井社長は「1週間先ぐらいまでの地震発生を予測する『実用短期地震予測情報』を、天気予報のように日常的に利用してほしい」と呼びかける。

想定では、三重県の志摩半島沖でマグニチュード(M)7クラスの地震が発生し、気象庁が2017年11月に運用を始めた臨時の「南海トラフ地震関連情報」を発表。... 大規模地震対策特別措置法は、東海地震の予...

スロースリップ発生時の水の挙動を明らかにすることで、プレート境界地震の発生予測につながると期待される。 茨城県南西部のフィリピン海プレートの上部境界周辺で、2004年から15年に発生...

巨大地震の予測の可能性も見えてくる。... 地震発生の早期通報や予測精度の向上につながる」と期待する。 ... ただ、地震予測に使うには、「機械学習でモデル化するほどのデータがない。

東海地震は、駿河湾から静岡県の内陸部で起きるとされている地震の規模を示すマグニチュード(M)8クラスの巨大地震。... だが南海トラフ沿いで発生する地震予測は、地震の発生時期や場所・規模の予測手法が事...

■アクセスランキング・ベスト10(4/24~4/30) 1位 ファナック、茨城に産ロボ新工場 630億円投資 2位 東芝、半導体移管に遅...

政府の地震調査委員会(平田直委員長=東京大学地震研究所教授)がまとめた2017年版の「全国地震動予測地図」によると、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率は全国的にほぼ横ばいだった。......

「防災科学技術研究所の高感度地震観測網『Hi―net』が捉えた日本全国の地震の波形を見ることが日課だ。... 地震現象の根本的な理解を深めると、将来的な地震予測につながる可能性がある。... 01年防...

損害保険各社は、家庭向けの地震保険料を来年1月1日から全国平均で5・1%引き上げる。政府の地震予測で首都圏直下地震の発生リスクなどが引き上げられたためで、平均15・5%の大幅値上げを実施した前回201...

「マグニチュードが高いと確実性が強まる」と語るのは、みらい地震予測(東京都千代田区)社長兼CEOの犬伏裕之さん。大規模地震発生30分前に予測情報を通知するサービスを開発した。 同サービスは、北...

【札幌】みらい地震予測(東京都千代田区、犬伏裕之社長兼CEO、090・4455・6567)は、大規模地震が起きる30分前にスマートフォンや携帯電話に予測情報をメール通知するサービスを開発した。地震の発...

海洋研究開発機構、東南海地震予測を高度化 (2016/7/22 科学技術・大学)

海洋研究開発機構は地震動や地殻変動の観測用として紀伊半島沖の海底に設置されている「長期孔内観測装置」を、同半島沖の海域で展開・運用している地震・津波観測監視システム「DONET」に接続した。... 紀...

有数のデータサイエンティストをそろえる強みを生かし、「地震予測のモデルで培った解析ノウハウをヘルスケア分野に活用したい」と話す。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる