130件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

エネルギー関連以外では、火災・地震保険料が16・4%上昇。近年の大規模災害などを背景に、保険料が引き上げられたため。

19年にSBIいきいき少額短期保険と、保険の共同引き受けを開始。従来の地震保険に医療保険などが商品ラインアップに加わり収益が安定した。... その一例として20年にはオーディーエム(浜松市)の木造建物...

地震保険、普及取り組む 「生きる希望が湧きました」。... 地震保険の効用を体感した契約者がいれば、その逆もある。... 広瀬会長は「まだ3割強の人が地震保険を付帯していない。

過去最大1兆2862億円の地震保険金が発生した未曽有の震災は、業界の課題と役割を問い直す契機となり、今日への道標となっている。 ... 被災地到着後、速やかに立ち会い調査を開始できる...

地震保険は単独では加入できず、火災保険とセットで初めて加入可能です。... 【A】地震は広範囲かつ被害が甚大になりやすいため民間だけでは引き受けが難しく、地震保険法に基づき国と保険会社が共同運営してい...

そこで築年数別料率の新設やマンション管理組合向けの保険では、損害実績を保険料に調整する仕組みを導入するなど工夫している。ただ、保険マーケット自体がハード化し再保険料が高騰している。... ただ、地震保...

セミナーなどを通じ、巨大地震に備える必要性を訴求したい」と話すのは、日本損害保険協会会長の広瀬伸一さん。 今後30年以内に南海トラフ地震などの大規模震災が発生する可能性は70%以上と...

保険料、地域ごとに細分化 気象庁の震度データベースによると、4月末現在で過去10年間に震度6弱以上を記録した地震は計26回。... 企業向けの地震保険は、火災保険に地震危険補償特約を...

個人向け地震保険は加入率が6割を超える一方、企業向けは約1割と低く、普及促進を目指す。 ... 保険加入以外でも、事業継続活動(BCP)策定などの地震対策をサポートできる。 ...

【地震保険と同額】 同社やあいおいニッセイ同和損害保険は地震などで契約車が全損となった場合に定額で50万円を支払う特約を設置。... 地震保険は火災保険の保険金額の半分までしか加入で...

日本生命保険や第一生命保険など生保9社は10月から順次、年末調整で必要な生命保険料控除証明書について、政府が運営するオンラインサービス「マイナポータル」とのデータ連携を図る。... 企業などの従業員は...

東京海上日動火災保険は9日、震度に応じて定額の保険金を支払うインターネット専用商品「震度連動型地震諸費用保険(地震に備えるEQuick保険)」の販売を始めると発表した。損害状況の確認をすることなく、指...

経営士の提言/公的表彰・認定制度を生かす (2020/2/20 中小・ベンチャー・中小政策)

例えば、この数年、台風や集中豪雨・地震による自然災害が発生に対して、中小企業もサプライチェーンに寄与するために、被災を受けた場合いち早く復旧させるために事前の準備が必要である。 .....

三菱UFJ銀行は大規模な地震の発生時、一定の金額を受け取れる企業向け外貨定期預金を1月下旬から取り扱う。地震の規模などに応じて支払い条件を決めることで、地震保険と比べて短期間で資金を受け取ることができ...

災害の頻度や規模が拡大傾向にあることを踏まえ、既存の火災保険や地震保険では対応しきれないリスクをカバーする商品として提案する。

損害保険料率算出機構は2018年度の火災保険に付帯する地震保険付帯率をまとめた。

損害保険各社が加盟する損害保険料率算出機構は地震保険料の改定を金融庁に届け出た。... 地震保険は、地震、噴火、津波による住宅や家財の被害を補償する。... 損保業界は地震発生リスクの高まりを受け、地...

国内では近年、西日本豪雨、熊本や北海道の地震など自然災害が相次ぎ発生。... 一方、白書は、損害保険や共済への中小企業の加入率が66%と高い水準であるにもかかわらず、そのうち地震保険への加入は9%にす...

第1弾として、地震時に保険金1万円を受け取れる商品を開発した。... 第1弾の「地震のおまもり」は500円で購入し、LINE上で贈れる。... 加入後、居住地域で震度6弱以上の地震が起きると、LINE...

4月の保険料率引き下げを受けて主力の自動車保険が全体的に落ち込んだが、火災保険や新種保険の増加が補った。 大手4社は損保ジャパン日本興亜、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険、...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる