電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

32件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

文部科学省に2024年度設置される「火山調査研究推進本部」の準備会初会合が、東京大学や京都大学、防災科学技術研究所などの研究者と気象庁、国土地理院などの関係機関が参加して開かれた。...

活断層を調査できる総勢13人の研究者を招集し、約3週間で主要な箇所について現地調査を完了した。... このような活断層調査の成果は、文部科学省の地震調査研究推進本部における検討を経て公表され、国や地方...

求められるレジリエンス 684年に発生した白鳳地震以来、南海トラフ地震は887年仁和地震、1096年康和地震・1099年永長地震、1361年正平地震、1498年明...

それ以来、すでに約400年が経過していることから、地震調査研究推進本部の長期評価では次の超巨大地震の発生が切迫しているとされている。 【断層モデル構築】 産業技術総...

政府の地震調査研究推進本部(本部長=萩生田光一文部科学相)は、各省庁が提出した2021年度の地震調査研究関係予算の概算要求をまとめた。... 地震調査研究に必要な地殻変動を詳細...

地震調査研究推進本部(本部長=萩生田光一文部科学相)の政策委員会は17日、人工知能(AI)やビッグデータ(大量データ)などの科学技術を活用した地...

前回の大地震から70年以上経過しており、大地震発生の切迫性が高まっている。地震調査研究推進本部によると、今後30年以内の発生確率は70―80%と非常に高く、甚大な被害が想定されている。... ...

地震調査研究推進本部(本部長=柴山昌彦文部科学相)の政策委員会は、各省庁が提出した2020年度の地震調査研究関係予算の概算要求をまとめ、政府全体で19年度比8%増の78...

GSJが実施した活断層調査の成果は、政府の地震調査研究推進本部が進めている活断層の長期評価や地震動予測地図の改定に反映されている。... さらに、2016年熊本地震による被害分布状況や地震動の観測記録...

政府の地震調査研究推進本部(地震本部)地震調査委員会で委員長を務める東京大学地震研究所の平田直教授に、地震調査の課題と方向性を聞いた。 ... 地震本部ができたきっか...

政府の地震調査委員会(平田直委員長=東京大学地震研究所教授)は26日、全国各地で今後30年間に大きな揺れに見舞われる確率を示した「全国地震動予測地図2018年版」を公開した。....

政府の地震調査委員会(平田直委員長=東京大学地震研究所教授)がまとめた2017年版の「全国地震動予測地図」によると、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率は全国的に...

【発生確率70%】 政府の地震調査研究推進本部は13年に、南海トラフで30年以内に70%程度の確率でM8―9クラスの地震が発生すると公表。震度6弱...

政府の地震調査研究推進本部(本部長=松野博一文部科学相)は12日、高層の建物が集中する首都圏に影響を及ぼすとされる「相模トラフ巨大地震」の長周期地震動を評価した2016年の報告...

政府の地震調査研究推進本部(本部長=松野博一文部科学相)は、活断層の長期評価について表記を見直し、30年以内の地震発生確率を従来の3段階から4段階に分ける案をまとめた。 ...

政府・地震調査研究推進本部は23日13時半から東京都文京区の東京大学本郷キャンパス伊藤謝恩ホールで「20周年特別シンポジウム」を開く。作家の高嶋哲夫氏が「地震列島を生きる」と題して講演するほか、京都大...

最西端の県として誘致に不利な面があったが、低い地震リスクや人材確保の有利さが見直されるとともに、企業誘致の実行部隊である長崎県産業振興財団(長崎市)の支援が奏功している。... 文部科...

政府の地震調査研究推進本部(下村博文本部長=文部科学相)相模トラフ沿いの地震活動の長期評価を実施し、今後30年間でマグニチュード(M)8クラスの地震が発生する確...

政府の地震調査研究推進本部は、石川県の金沢平野に存在する森本・富樫断層帯の長期評価を実施し、今後30年間でマグニチュード(M)7・2クラスの地震が発生する確率は2―8%だとする...

規制委は九電の地震想定に対し、政府の地震調査研究推進本部が今年2月に示した最新の評価を反映させたかどうかや、想定する地震の揺れ(基準地震動)に影響を与える活断層の評価方法などを詳しく審...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン