28件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

政府の地震調査研究推進本部(本部長=萩生田光一文部科学相)は、各省庁が提出した2021年度の地震調査研究関係予算の概算要求をまとめた。... 地震調査研究に必要な地殻変動を詳細に把握するためのデータの...

地震調査研究推進本部(本部長=萩生田光一文部科学相)の政策委員会は17日、人工知能(AI)やビッグデータ(大量データ)などの科学技術を活用した地震調査研究に関する提言を公表した。... 地震発生の仕組...

前回の大地震から70年以上経過しており、大地震発生の切迫性が高まっている。地震調査研究推進本部によると、今後30年以内の発生確率は70―80%と非常に高く、甚大な被害が想定されている。... (木曜日...

地震調査研究推進本部(本部長=柴山昌彦文部科学相)の政策委員会は、各省庁が提出した2020年度の地震調査研究関係予算の概算要求をまとめ、政府全体で19年度比8%増の78億円となることを明らかにした。&...

GSJが実施した活断層調査の成果は、政府の地震調査研究推進本部が進めている活断層の長期評価や地震動予測地図の改定に反映されている。... さらに、2016年熊本地震による被害分布状況や地震動の観測記録...

政府の地震調査研究推進本部(地震本部)地震調査委員会で委員長を務める東京大学地震研究所の平田直教授に、地震調査の課題と方向性を聞いた。 ... 地震本部ができたきっかけは1995年の...

政府の地震調査委員会(平田直委員長=東京大学地震研究所教授)は26日、全国各地で今後30年間に大きな揺れに見舞われる確率を示した「全国地震動予測地図2018年版」を公開した。... 18日に地震が起き...

政府の地震調査委員会(平田直委員長=東京大学地震研究所教授)がまとめた2017年版の「全国地震動予測地図」によると、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率は全国的にほぼ横ばいだった。......

【発生確率70%】 政府の地震調査研究推進本部は13年に、南海トラフで30年以内に70%程度の確率でM8―9クラスの地震が発生すると公表。震度6弱以上の揺れに見舞...

政府の地震調査研究推進本部(本部長=松野博一文部科学相)は12日、高層の建物が集中する首都圏に影響を及ぼすとされる「相模トラフ巨大地震」の長周期地震動を評価した2016年の報告書(試作版)を公表した。...

政府の地震調査研究推進本部(本部長=松野博一文部科学相)は、活断層の長期評価について表記を見直し、30年以内の地震発生確率を従来の3段階から4段階に分ける案をまとめた。 ... Xラ...

政府・地震調査研究推進本部は23日13時半から東京都文京区の東京大学本郷キャンパス伊藤謝恩ホールで「20周年特別シンポジウム」を開く。作家の高嶋哲夫氏が「地震列島を生きる」と題して講演するほか、京都大...

最西端の県として誘致に不利な面があったが、低い地震リスクや人材確保の有利さが見直されるとともに、企業誘致の実行部隊である長崎県産業振興財団(長崎市)の支援が奏功している。... 文部科学省地震調査研究...

政府の地震調査研究推進本部(下村博文本部長=文部科学相)相模トラフ沿いの地震活動の長期評価を実施し、今後30年間でマグニチュード(M)8クラスの地震が発生する確率は「ほぼ0―5%」、M7クラスは「70...

政府の地震調査研究推進本部は、石川県の金沢平野に存在する森本・富樫断層帯の長期評価を実施し、今後30年間でマグニチュード(M)7・2クラスの地震が発生する確率は2―8%だとする評価結果をまとめた。.....

規制委は九電の地震想定に対し、政府の地震調査研究推進本部が今年2月に示した最新の評価を反映させたかどうかや、想定する地震の揺れ(基準地震動)に影響を与える活断層の評価方法などを詳しく審査する考えを示し...

政府の地震調査研究推進本部(本部長=下村博文文部科学相)は南海トラフの地震活動の長期評価を実施し、今後30年間でマグニチュード(M)8以上の地震が発生する確率が60―70%に達するとの予測結果をまとめ...

損害保険料率算出機構は地震保険基準料率の変更を金融庁に申請した。... 地震保険基準料率は政府の地震調査研究推進本部が作る「確率論的地震動予測地図」に基づいて算出する。今回、震源データの追加や地震規模...

【付帯率高まる】 地震保険の普及が進んでいる。... 南海トラフ地震や首都直下型地震の被害想定が公表され、依然、地震リスクへの意識は高い。... 政府の地震調査研究推進本部による地震...

政府の地震調査研究推進本部(本部長=下村博文文部科学相)は、九州地域の活断層の長期評価を実施し、今後30年間でマグニチュード(M)6・8以上の地震が発生する確率は30―42%だとする評価結果をまとめた...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる