267件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

顧客企業の工場や店舗、物流施設などの屋根に太陽光パネルを無償設置し、顧客に売電する仕組みだ。... (戸村智幸) リース大手は従来、大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設・運営し、...

そのうち、オリックス銀の融資分は、発電分の売電収入を裏付けに証券化した金融商品にして、地域金融機関に販売した。

清水建など、富山で小水力発電稼働 売電収入、年1億8000万円 (2021/6/23 建設・生活・環境・エネルギー1)

想定発電量は年間624万キロワット時で、売電収入は年間約1億8000万円を見込む。... 発電した電力は20年間、再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)により売電する。

発電所を運営する陽野ふるさと電力取締役の江田治雄さんは売電収入で「里山整備など魅力ある地域づくりを」と意気込む。

農水省は農山漁村地域での再エネ発電による電気・熱収入などの目標を23年度600億円(19年度372億円)に設定しているが、大幅な積み増しを期待する。 ... 売電収入で農家の経営を下...

ファンドは売電収入の一部を受け取る。

LIXIL、蓄電池参入 4月に太陽光とセット販売 (2021/1/25 建設・生活・環境・エネルギー)

LTSPに10年間、余剰売電収入を譲渡することで、市場の半値で販売する。

三井ホーム、太陽光発電普及で西部ガスと連携 (2021/1/21 建設・生活・環境・エネルギー)

同サービスは顧客が使い切れなかった余剰電力の売電収入を10年間、西部ガスに譲渡することなどで顧客の実質負担を0円とする仕組み。

三井ホーム、太陽光発電を実質0円 静岡ガスと新築向けサービス (2021/1/14 建設・生活・環境・エネルギー2)

発電した電気は顧客が自由に使えるが、余った電気は電力会社に売電され、売電収入を10年間、静岡ガスに譲渡してもらう。

2020年3月末の再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)による売電は545件と1年で2割近く増えた。 ... 導入量を増やすには、海外に比べ2―3倍もする水車・発電機器の価格を...

自社で太陽光発電所を建設、運営する従来モデルから顧客の店舗や工場の屋上に太陽光パネルを設置し、売電する新モデルへの転換だ。... そのため新規案件による売電収入には期待しづらい状況だ。 ...

JA三井リースの子会社は、20年間の契約期間中に売電収入を得る。 ... 太陽光発電は固定価格買い取り制度(FIT)の買い取り単価下落で、売電から自家消費に移るとみられる。

余剰電力は売電するが、売電収入は東京ガスに10年間譲渡するのが条件。サービス契約の終了後は、売電収入も利用者が得られる。 ... 東京ガスは再生可能エネルギーの売電事業を強化する狙い...

国の再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)を活用して年間約3980万円の売電収入を計画。

地域活用電源はFITを継続する一方、競争電源は発電事業者が卸市場や相対取引で自由に売電できるフィード・イン・プレミアム(FIP)を2020年度中にも導入する。FIPは売電収入の基準価格(固定)を定めて...

送配電事業者が再生エネ固定価格買い取り制度(FIT)認定事業者(10キロワット以上)の売電収入から積立金を毎月差し引く。... パネル廃棄量は36年に最大約28万トン(20年は約0・3万トン)に達する...

10年間は事業者の所有物なので、発電分の売電収入を得られる。パネルの保守点検は10年間は無償提供だが、譲渡後は保守点検収入が見込める。

真庭バイオマス発電が運営する発電所(発電能力1万キロワット)は、FITに基づき地域の新電力へ売電。燃料購入費だけで売電収入の約6割を占めるため、2035年のFIT終了に備え国の支援制度などを活用してコ...

東電、太陽光発電導入を試算 手軽さ売りに顧客開拓 (2019/8/29 建設・生活・環境・エネルギー1)

発電による売電収入などを予測し、検討材料を得られる。

売電収入の増加で運営コストを改善できる。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる