80件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

京都府立医科大、哺乳類の知性の進化解明 (2020/6/8 科学技術・大学)

京都府立医科大学の野村真准教授らは、哺乳類の高度な知性を担う脳の大脳皮質について、進化と発生の過程を突き止めた。

そこで、ストレスや情動を処理する脳の領域「大脳皮質・辺縁系」と視床下部をつなぐ神経経路を探索した。 大脳皮質・辺縁系から視床下部へ入力する神経細胞を標識で可視化すると、「内側前頭前皮...

正常なマウスと海馬や大脳皮質の神経細胞を比較すると、作製したADモデルマウスでは神経細胞内にAβ―GFPが蓄積した小さな粒が無数に見え、細胞内でオリゴマーを形成していることが分かった。

手や足などを動かすために必要な脳の領域「大脳皮質運動野」は、体の各部位の動きをコントロールしている。... 次に、コモン・マーモセットの大脳皮質運動野の上部から光刺激すると、腕の運動が誘発されるように...

このようにして作られたモデルを使うことにより、100種類の課題実行中の脳活動パターンを大脳皮質の80%以上の領域において予測することができた。

ラットを脳出血させることで、運動機能をつかさどる大脳皮質の「運動野」と脊髄との神経回路を遮断し片まひを起こさせた。

その結果、脳の中で、筋肉の動きを制御している大脳皮質一次運動野という場所において、ネイマールは他の人に比べて小さな領域の脳活動しか見られないことがわかった。

この神経細胞が大脳皮質に蓄積されて長期記憶が成立するため、神経幹細胞から生まれる神経細胞が少なくなればなるほど、長期的な記憶が難しくなる。

「進行性核上性麻痺(まひ)」や「大脳皮質基底核変性症」といった他の認知障害が起きる疾患では4リピートタウが蓄積する。... 一方、進行性核上性麻痺と大脳皮質基底核変性で4リピートタウが蓄積している場所...

多くの発達障害や精神疾患は、脳の大脳皮質にある神経細胞「興奮性神経細胞」と「抑制性神経細胞」の機能不全によって生じることが知られている。

これは脳の大脳皮質で音の情報処理に関係する部分に、経験した音に応じて変化する可塑性があるために生じる。

脳データ活用始まる NeUが30gの計測装置開発 (2018/10/31 電機・電子部品・情報・通信2)

2・5センチメートルの深さは言語や知覚、判断などの人間らしい活動を担う大脳皮質の計測にちょうどいい。

蛇の回転錯視、AIで再現 基礎生物学研 (2018/3/30 科学技術・大学)

錯覚を起こすメカニズムの一つとして、大脳皮質の動作原理を説明する「予測符号化理論」が有力な仮説であることを示し、脳の動作原理の解明につながる。

フィルムの曲げで、小さな力でも大きな伸縮になり、マウス実験では大脳皮質と心臓からの神経信号を記録した。

iPS細胞から迅速に高純度の大脳皮質神経細胞を作製、1258種類の化合物から効果の高い3種類の組み合わせを突き止めた。... 研究グループは、10人以上のアルツハイマー病患者由来のiPS細胞から分化誘...

生理学研究所、評価された時の脳の働き解明 (2017/11/17 科学技術・大学)

大脳皮質の一部である内側前頭前野の信号と聴覚野の信号が統合され、脳深部の線条体の反応が生じていた。

このように社会行動とその個人差には、大脳皮質と深部の皮質下構造(例えば、扁桃体)が複雑に関わっている。

妊娠マウスへの投与では、胎内のダウン症のモデルマウスの大脳皮質の形成異常や学習行動が改善された。

大脳のしわ形成関与遺伝子、金沢大が発見 (2017/9/1 科学技術・大学)

思考や運動などを担う大脳皮質の表面積が増え、「脳回」と呼ばれるしわが形成される際に働く遺伝子を発見したと、金沢大学の河崎洋志教授や新明洋平准教授らが、米科学誌セル・リポーツ電子版に発表した。 ...

大脳皮質表面で、構造の入りくみ具合を示す指標「局所脳回指数」(LGI)を比較すると、発症高リスク群は、健常群と比較して、広範囲で大脳皮質領域のLGI値が増加していた。 ... 脳波や...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる