電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

340件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

武田薬、欧で転移性大腸がん治療薬の承認取得 (2024/6/25 生活インフラ・医療・くらし)

武田薬品工業は24日、治療歴がある転移性大腸がん(mCRC)の治療薬「フルキンチニブ」について、欧州委員会(EC)から承認を取得したと発表した。... フルキンチニブは...

大和リース、がんリスク検査を導入 健康経営促進 (2024/5/31 生活インフラ・医療・くらし1)

がんの早期発見・早期治療、健康リスク管理という観点から、健康経営の取り組みを強化する。 ... 痛みがないのが特徴で、自宅や医療機関で採尿するだけで気軽にがんのリスクチェックができる...

国立がん研とNHK財団、8Kで遠隔腹腔鏡手術 (2024/5/9 生活インフラ・医療・くらし)

大腸がん向け臨床試験 国立がん研究センターとNHK財団(東京都世田谷区)は、日本発の8Kスーパーハイビジョン技術を用いた腹腔鏡手術システムの臨床試験を開始した。大腸が...

医療機関での導入が進み、大腸がんやポリープの早期発見率向上が期待される。... 悪性度が高く進行が速いが、早期発見が難しい陥凹型大腸がんの検出も可能。... 国立がん研究センターがん情報サービス「がん...

酸化されたデオキシリボ核酸(DNA)によるDNAの突然変異が消化管がんの原因となる。... ヒトの遺伝性大腸がん家系における発がんリスク軽減に役立つ可能性がある。 活...

東京大学の藤城光弘教授らは、大腸がんが発症する新たな要因を発見した。... 大腸がんの早期発見や予防、治療薬の開発などにつながると期待される。 ... だが、同細菌が大腸がんの発症に...

TOPPANHD、米がんセンターと抗がん剤評価を研究 (2023/11/23 電機・電子部品・情報・通信2)

TOPPANホールディングス(HD)は米テキサス大学MDアンダーソンがんセンター(MDACC)と共同で、同社の3次元(3D)細胞培養...

武田薬、「転移性大腸がん経口剤」米で承認取得 (2023/11/14 生活インフラ・医療・くらし)

武田薬品工業は経口の抗がん剤「フルキンチニブ」について、バイオマーカーや過去の治療の種類にかかわらず転移性大腸がん(mCRC)成人患者に投与できる医薬品として初めて、米食品医薬品局&#...

オリンパス、内視鏡の最上位機種を中国投入 (2023/11/10 生活インフラ・医療・くらし2)

オリンパスの消化器内視鏡システムは、胃潰瘍や大腸がんなど消化器の病気や病変の診断や治療、観察に広く活用される。世界でも患者数が多い大腸がんでは、早期段階で発見された場合の5年生存率は最大91%...

明治安田生命保険は、キャンサースキャン(東京都品川区)と連携し、がん検診の受診を呼びかける活動を千葉県柏市で始めた。大腸がん検診の普及に向け、明治安田生命の営業職員が電話や訪問で啓発す...

大腸がんは日本人女性のがん死亡数1位、男性でも2位。罹患数は増加傾向にあり、がんの中で最も多い。直腸がん術後の縫合不全率は約13%と高く、対策が求められている。

ニュース拡大鏡/製薬、過熱する大型買収 世界で戦う力高める (2023/9/8 生活インフラ・医療・くらし1)

1月に中国の製薬企業ハッチメッドから大腸がん治療薬「フルキンチニブ」について、中国を除く全世界での開発・販売の独占的ライセンス権を取得。8月には米バイオ企業のイムノジェンが開発し、米国では条件付き承認...

ニュース拡大鏡/がん治療薬の競争激化 世界市場拡大に商機 (2023/6/22 生活インフラ・医療・くらし)

現在がん領域を中心に開発を進めている。 ... アステラス製薬は抗がん剤「イクスタンジ」を主力製品に持つが、標的たんぱく質分解誘導による開発パイプラインを強化し、がん領域を軸に攻勢を...

武田薬、大腸がん薬「フルキンチニブ」欧で申請受理 (2023/6/20 生活インフラ・医療・くらし)

武田薬品工業の大腸がん治療薬「フルキンチニブ」の製造販売承認申請が欧州医薬品庁(EMA)に受理された。治療歴のある転移性大腸がん(mCRC)の成人患者が対象。... フ...

ミチテク、大腸・胃がん患者支援 専用ツールβ版 (2023/5/26 生活インフラ・医療・くらし1)

michiteku(ミチテク、東京都中央区、三戸仁社長)は、大腸がんや胃がんの患者の治療や生活をサポートするツール「ミチテクβ版」の提供を始めた。... がん患者が自分に合った信頼でき...

今回の研究では、マウス生体内の大腸がん由来腫瘍組織から主に3種類の単離・同定に成功し、「A―gyo」、「UN―gyo」、前述2種の複合細菌を「AUN」とそれぞれ命名した。大腸がんを皮下移植した担がんマ...

NTT系、人間ドック受検で実証 (2023/4/20 総合3)

人間ドック受診者の同意を得た上で、血液検査で脳梗塞、大腸がん、膵臓(すいぞう)がんの3疾患のリスクについて調べ、必要に応じて追加検査を推奨する。

東工大、AIで大腸がん患者の腸内細菌群4種判別 (2023/4/13 科学技術・大学2)

東京工業大学のリザ・リナザル大学院生と山田拓司准教授らは、大腸がんの患者の腸内細菌叢(マイクロバイオーム)を人工知能(AI)技術で解析して患者の中にも四つのグループがあ...

国立がん研究センターは、2010年にがんと診断された患者約34万人の10年生存率が53・3%だったと発表した。... 従来使ってきた「相対生存率」も、がん以外の死因の影響を除いて算出するが、胃...

保険適用となった疾患や術式が大幅に増え、手術支援ロボットで行われた大腸がん手術の件数は17年から21年までで約20倍に伸びた。 ... 国内でも実施件数が多い大腸がんの切除手術が可能...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン