308件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

同遺伝子「NRF3」は、腫瘍形成や多臓器への転移を防ぐ「がん抑制遺伝子」の働きを阻害してがんを悪化しやすくする。... 大腸がんなどの腫瘍組織では遺伝子NRF3が増加する。... 大腸がん患者の公共デ...

東北大学大学院医学系研究科病態病理学分野古川徹教授らは、胆管がんのタイプの違いを明らかにし、治療経過が良好な胆管がんと難治性の胆管がんの判別に成功した。2種類の胆管がんでは遺伝子変...

エートラクションは国立がん研究センター発ベンチャー。... 開発するロボット「アンサー」は、大腸がん手術法の一つである経肛門直腸間膜全切除術(TaTME)の術者サポート用。

オリンパスは人工知能(AI)によって大腸内視鏡画像を解析し、病変の可能性を検出・警告することで医師の見落としを防ぐソフトウエア「EndoBRAIN―EYE(エンドブレインアイ)」を5月下旬から国内で発...

がん、消化器系疾患、希少疾患、血漿(けっしょう)分画製剤、循環器疾患、代謝系疾患が事業領域だ。... 中国政府はがんや希少疾患の治療薬、小児薬、ワクチンなどを積極的に調達する方針を打ち出しており、武田...

国立がん研究センター、国立国際医療研究センターがそれぞれ開発したアルゴリズムを活用し、個人ごとに脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞、胃がん、大腸がん、糖尿病の6大疾病の発症リスクについても予測することで、個人へ...

富士通、社員に健康教育 eラーニングで7万人対象 (2020/1/16 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通は1971年に企業内健康診断に胃がん検診、89年に大腸がん検診を取り入れるなど、がん検診の受診率向上によるがんの早期発見、早期治療の実現を図ってきた。 近年では、高年齢従業員の...

凜研究所は、がんの診断・治療に役立つ独自の抗体医薬を開発する。... 吉松賢太郎社長は「国立がん研究センター先端医療開発センター新薬開発分野の松村保広分野長の研究の実用化を目指している」と笑顔で語る。...

慶応義塾大学医学部の佐藤俊朗教授らは、大腸に原因不明の慢性炎症が生じる疾患「潰瘍性大腸炎」では、大腸の組織に特定の遺伝子変異があることを発見した。... 疾患の発症やがん化のメカニズムの解明などにつな...

「一般的に抗がん剤は臓器に応じて投与される。だが患者によっては肺がんの薬が大腸がんに効く場合もある。

この手法により、がん細胞を攻撃する作用がある化合物が結合するたんぱく質の候補を見つけることに成功した。がん治療薬開発など、創薬研究の促進につながる。... 実際に、大腸がんの細胞に対して細胞増殖阻害作...

がん細胞が血液中に放出する核酸分子の濃度を検出する仕組みで、がん患者と健常者を99%の精度で識別することに成功。... 研究開発レベルで、大腸がん、胃がん、肺がんなど日本人がかかることの多い13種類の...

疾患では医療ニーズの高いがん領域が中心だ。... 抗がん剤「レンビマ」が肝細胞がん治療で使用が広がり、米国や中国を中心に拡大。... 製品面では主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤「エンティビオ」が好...

同分子は大腸がんの細胞膜表面に発現する抗原。同抗原に結合する抗体を大腸がんに対する薬として開発する。... 現在、同変異を起こした大腸がんは治療薬の選択肢が少ない。

無償で検診の予約手配を代行するサービスを人間ドックや大腸がんなどに拡大する。

内視鏡の操作負担を軽減する器具を開発することで女性の内視鏡専門医を支援し、大腸がん検査の受診率向上につなげる。... 女性のがんで最も多いのが大腸がん。しかし、大腸がんの検査を受診する際、女性医師を希...

全国の急性期病院や一部のクリニックで導入が進んでおり、がん診断以外でも潰瘍性大腸炎の診断など用途が広がっている。... 同製品が活躍するのは例えばがん検査だ。消化器でがんが生じると、病変の周囲に血管が...

2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死亡するという。高齢化社会が進みがん患者は増加傾向にあるが、がんの診断を行う病理医の不足が問題となっている。... 他にも大腸の画像診断AIを開発中だ」...

アレイのがん治療新薬は、一部の患者に苦痛をもたらす化学療法の使用を限定、もしくは不要にする可能性があるとして有望視されている。 ... さらにアレイが開発している複数の治療薬に加え、...

アレイのがん治療新薬は、一部の患者に苦痛をもたらす化学療法の使用を限定、もしくは不要にする可能性があるとして有望視されている。  ... さらにアレイが開発している複数の治療薬に加え...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる