308件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

がんセンター東病院と開発 医工連携を通じて開発された大腸がん手術後のリハビリ装置が、今夏にも臨床現場で導入される見通しとなった。... 第1弾として、大腸がんの術後リハビリ...

がん転移を効率的に抑える抗がん剤の開発につながると期待される。 がんの進行や転移は、血管ががん内部に成長するために起こるとされる。研究チームは、FLRT2がヒト大腸がん血管、特に進行...

安全性・効果・期間で優位性 重粒子線がん治療は、高い線量集中性と強い生物効果をあわせ持つ安全で有効性の高いがん治療法である。... さらに22年からは肝臓がんや膵...

SCREENなど、「がん個別化医療」共同研究 体外で治療効果予測 (2021/12/7 素材・医療・ヘルスケア2)

【京都】SCREENホールディングス(HD)と京都大学など4者は6日、患者のがん組織や血液を用い、事前に体外で高精度に治療効果を予測する、がん個別化医療開発を目指す...

国立がん研究センターなどの研究班は、2005―08年にがんと診断された患者の10年後の生存率が58・9%だったと発表した。... 他は乳がん(女性)87・5...

第一三共、3ADC開発推進 新中計―がん領域6000億円 (2021/11/11 素材・医療・ヘルスケア1)

抗体が標的とするがん細胞まで薬剤を運び、がんをたたく。... 英アストラゼネカとの提携を通じ、中国や韓国など販売地域の拡大と、非小細胞肺がん、大腸がんでの適応追加を進めている。 .....

「大腸の内視鏡診断支援システムの開発も進めていたが、胃がんを鑑別するAIの方が臨床現場のニーズが高いと判断し、リソース(経営資源)を集中させた。胃がんは進行すると大腸がんよりも生存率が...

オリンパスは人工知能(AI)内視鏡診断支援ソフトウエアを展開し、大腸の腫瘍の早期発見や医師の治療方針決定を支援している。... 同社は大腸の内視鏡検査中に病変を自動...

20年3月の前後で比較した結果、新規がんの診断数が胃がんで26・9%、大腸がんで13・5%有意に減少していた。... 胃がんや大腸がんは早期では症状が出ないことが多く、受診控えにより早...

リケジョneo(158)日本ハム・柴北綾女さん (2021/9/20 ひと カイシャ 交差点)

東京大学大学院では先端生命科学を専攻し、悪性度の高い大腸がんの研究をしていました。大腸がん検査の精度向上に向けたはるか未来の研究ですが、一方で週に1度研究の進捗(しんちょく)を発表しな...

患者情報を解析し、がんの早期発見・治療につなげる。... 診断支援AIソフトは大腸の検査画像内からがんが疑われる病変の検出と、腫瘍・非腫瘍の鑑別をサポートする機能を搭載する。... 国際がん研究機関の...

この定義に従うと、実に100種類を超えるがんが希少がんに相当し、小児からAYA世代のがんの大多数は希少がんに分類される。個々の希少がんはがん全体の1%にも満たないまれな腫瘍であるにもかかわらず...

医療改革 次世代がん医療を語る(6)リキッドバイオプシー (2021/8/19 素材・医療・ヘルスケア1)

早期発見・再発予測に期待 がんの組織から血液や尿・髄液などの体液中に放出されたがん細胞そのものやがん細胞由来のDNA(ctDNA)を捉えるリキッドバイオプシーという革...

大腸がん患者に周術期管理アプリ MICIN、開発着手 (2021/8/3 素材・医療・ヘルスケア1)

MICIN(マイシン、東京都千代田区、原聖吾社長)は、大腸がん患者の周術期管理アプリケーション(応用ソフト)の開発に向けた共同研究を国立がん研究センター東病院と始めた。...

がん治療薬、競争激化 バイオVB、独自技術を迅速に推進 (2021/7/26 素材・医療・ヘルスケア)

同社はがん特有のニオイを検知する生物「線虫」を使ったがん検査「N―NOSE」を開発し、提供している。 ... 食道がんや肝細胞がん、頭頸部(けいぶ)がんなどを対象に臨...

NEC、内視鏡画像から腫瘍性判定 大腸AI解析高度化 (2021/7/21 電機・電子部品・情報・通信2)

NECは、大腸の病変が腫瘍性である可能性を判定する技術を新たに開発した。大腸がんの早期発見を目指して従来から開発に取り組んでいる人工知能(AI)による大腸内視鏡画像解析の技術を発展させ...

国立がん研究センターでも“人工知能を用いた統合的ながん医療システムの開発”に代表される国のAI活用事業や企業との共同開発研究に精力的に取り組んでいる。 ... 大腸がんの病変を内視鏡...

がんの認識に乖離 オリンパスまとめ (2021/7/15 ヘルスケア)

オリンパスがまとめた「胃・大腸がん検診と内視鏡検査に関する意識調査白書2021」によると、女性のがんについてイメージと現実に乖離(かいり)があることが分かった。... 正解である大腸が...

東京医科大学の杉本昌弘教授らが採取した唾液検体にこの測定手法を応用したところ、大腸がん患者と非がん患者を8割以上の高精度で区別できた。... 大腸がんなどのがん患者の唾液や尿から、唾液中の低分子がんマ...

国はがん対策の大きな柱の一つとして「がんの予防・早期発見」を掲げている。がんを克服し、安心してがんと共生できる社会を実現するためにも、がんの予防と早期発見における技術的な革新とその社会実装が喫緊の課題...

おすすめコンテンツ

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる