48件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

大量破壊兵器への転用の懸念が低い半導体製造装置の関連部品などは、移転の許可適用を一部緩和する。

ムニューシン財務長官は声明で「イランはテロ組織を支援し、大量破壊兵器の獲得を目指し続けている」と指摘。

【カイロ=時事】サウジアラビアのサルマン国王は23日の国連総会一般討論演説で、敵対するイランについて「大量破壊兵器の取得や弾道ミサイル開発、他国への干渉を止めるには国際社会の断固たる立場が必要だ」と述...

同日開いた会見で梶山弘志経産相は「政策対話を通じ、大量破壊兵器の不拡散に向けた協力が進むことを期待している」と述べた。 ... 通常兵器の不拡散に向けた法整備や審査に関わる人員不足な...

大量破壊兵器、通常兵器につながる貿易はあってはならない」 ―貿易上の紛争解決手段となるWTOに関しては、機能不全に陥っていると指摘されています。

大量破壊兵器、通常兵器につながる貿易はあってはならない。

【ニューヨーク=時事】対北朝鮮制裁決議の履行状況を調べる国連安全保障理事会北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが、北朝鮮が銀行や仮想通貨取引への「広範で一層洗練された」サイバー攻撃を通じ...

国際輸出管理レジームは、大量破壊兵器や通常破壊兵器の不拡散に向けた安全保障上の輸出管理に関する国際枠組みを指す。... もう一つがリスト規制以外で大量破壊兵器と通常破壊兵器の開発などに用いられる恐れの...

大量破壊兵器などの拡散を防ぐため、日本はリスト規制とキャッチオール規制の2段階で輸出を規制している。リスト規制では武器関連、大量破壊兵器・関連資材、通常兵器関連汎用品などについて経済産業相の許可が必要...

世耕弘成経済産業相(写真)は24日、日本の対韓輸出管理の見直しで、同日に韓国から出された意見書について「韓国側のキャッチオール(補完的輸出規制)制度は大量破壊兵器とミサイルのみを対象とし、通常兵器キャ...

司法省によると、馬被告らは2009―15年、20以上のダミー会社を利用し、大量破壊兵器の拡散に関わり米国の制裁対象となっていた北朝鮮の銀行による違法な金融取引を隠そうと画策した。 司...

泥沼化する日韓関係、鉄連会長「深く憂慮」 (2019/7/24 素材・医療・ヘルスケア)

安全保障貿易管理上の「ホワイト国」から韓国が除外され、同国への輸出品に「キャッチオール規制」が適用されることについては「日本の鉄鋼製品が大量破壊兵器や通常兵器の開発、製造、貯蔵などに使われる可能性はな...

このキットは、多様なCBRN歩行偵察に対して適切な機能を提供するミッション特化キットであり、米国の陸軍、海軍、空軍、海兵隊、州兵の大量破壊兵器・市民支援チームなどが使用している。

非核化や大量破壊兵器の廃棄をめぐる北朝鮮の動きには今なお不透明感があり、2月末の米朝首脳会談でいかなる前進があろうと、日米韓をはじめとする国際社会が、その履行を厳しく監視していかねばならない。

ただ北朝鮮問題に関しては、7カ国がそろってすべての大量破壊兵器や弾道ミサイルの完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄を求めることで一致し、結束を固めた。

北朝鮮の非核化については、安保理決議に従い、検証可能かつ不可逆的な方法で、核兵器を含む大量破壊兵器および弾道ミサイルの廃棄に向け、3カ国で協力を進めることを確認した。

経済産業省は、大量破壊兵器の開発などが懸念される「外国ユーザーリスト」を改正した。... 同リスト内のユーザーに輸出する際は、大量破壊兵器の開発などに利用されないことが明白な場合を除き、輸出許可申請が...

北朝鮮の大量破壊兵器・弾道ミサイルの廃棄、拉致問題の早期解決に向けて連携を深めていくことをあらためて確認したい」と述べた。

一連の首脳会談で首相は、北朝鮮が核・ミサイルや大量破壊兵器の廃棄に向けて具体的な行動に出るまで圧力を維持するよう呼び掛ける。

また「最も負のインパクトが大きいリスク」として大量破壊兵器に次いで2―5位に異常気象、自然災害、気候変動緩和・適応への失敗、水の危機を挙げた。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる