120件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

大阪大学産業科学研究所の中谷和彦教授らの研究グループは、同大院医学系研究科、千葉工業大学先進工学研究科などと共同で、日本人特有の難病である脊髄小脳失調症31型(SCA31)の治療につながる低分子化合物...

【京都】島津科学技術振興財団(京都市中京区、中西重忠理事長、075・823・3240)は、科学計測領域の基礎研究や応用・実用化研究の功労者を表彰する2020年度「島津賞」に名古屋工業大学大学院工学研究...

大阪大学産業科学研究所と香味醗酵(大阪市西区、久保賢治社長、06・6443・3630)は、食品などの複雑なにおいを発する物質がヒトのどの嗅覚受容体に働きかけるかを15分以内に解析し、数値化する測定法を...

サンワード商会(大阪市中央区、西尾幸也社長、06・4705・1300)と大阪大学産業科学研究所は、無機と有機を合成したハイブリッドの抗ウイルス触媒の粉体化に成功した。

アドバンテスト、新型コロナを5分で識別 計測器の性能確認 (2020/11/3 電機・電子部品・情報・通信2)

大阪大学産業科学研究所の谷口正輝教授の研究成果によると、同計測器とベンチャー企業アイポア(東京都渋谷区)が開発した人工知能(AI)粒子識別システムを活用すれば、計測時間5分で同ウイルスを識別できる。....

大阪大学産業科学研究所の駒谷和範教授らは、表情や声色など複数種類の情報から相手の様子を読み取り対話する人工知能(AI)の学習用データセット「Hazumi(はずみ)」を公開した。北陸先端科学技術大学院大...

【研究開発助成/奨励研究助成 若手研究者(塑性加工)】▽井尻政孝/東京電機大学工学部先端機械工学科「環境に配慮した新しい表面加工法によるCr―Mo鋼の疲労特...

大阪大学産業科学研究所と阪大大学院医学系研究科は、独自の球状構造のシリコン製剤で、細胞が酸化する酸化ストレスが関わる疾患であるパーキンソン病や慢性腎臓病の悪化を抑制できる可能性を発見した。

大阪大学産業科学研究所の上谷幸治郎助教らは、生物が生成する天然微細繊維「ナノセルロース」を配列しながら自在な構造に集積する「液相3Dパターニング技術」を開発した。

大阪大学産業科学研究所と日本触媒は、強い光の照射により、多孔質セラミックスの酸化チタンを高温での加熱なしにコーティングする技術を開発した。

名大など、種子の形状をAIで測定 (2020/6/5 科学技術・大学)

【名古屋】名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所の戸田陽介特任助教と大阪大学産業科学研究所の大倉史生助教らは、作物の収量や品質と密接に関係する種子の形を、人工知能(AI)により1枚の画像から一...

阪大、たんぱく質に医薬品候補を合成 (2020/6/4 科学技術・大学)

大阪大学産業科学研究所の鈴木孝禎教授と京都府立医科大学大学院医学研究科の伊藤幸裕准教授、京都大学大学院医学研究科の内田周作特定准教授らは、がんや神経精神疾患の原因となる金属含有たんぱく質に、医薬品候補...

阪大、フレキシブル熱電変換材を小型軽量化 (2020/3/19 科学技術・大学)

大阪大学産業科学研究所の菅原徹准教授と同大学院工学研究科の伊庭野健造助教らは、柔軟な基板に半導体チップを搭載したフレキシブル熱電変換デバイスの小型軽量化に成功した。

大阪大学産業科学研究協会(産研協会)は大阪産業技術研究所(ORIST)らと、4月に「香り・におい・ガスセンサー研究会」を立ち上げる。産研協会は大阪大学産業科学研究所の産学連携組織。... 五感の中でも...

大阪大学産業科学研究所の桜井保志教授らは、自然現象や社会現象の時間経過に伴う変化を即時予測する人工知能(AI)技術を開発した。... 産業応用に向け、現在、トヨタ自動車や富士通、ソ...

大阪大学産業科学研究所(産研)と大阪産業技術研究所(ORIST)は27日、人工知能(AI)を活用した香り・におい解析技術の確立を目指す協定を結んだ。4月に産研が設置した「産業科学AIセンター」の活動の...

大阪大学産業科学研究所の関谷毅教授と植村隆文特任准教授らは、産業技術総合研究所と共同で、日常生活で長時間の測定ができる生体計測用回路を開発した。

大阪大学産業科学研究所(産研)は、所属する100人以上の研究者に人工知能(AI)の入門教育プログラムを11月に始める。4月設立の「産業科学AIセンター」の活動の一環。... 産業科学AIセンターは産研...

大阪大学産業科学研究所の藤田高史助教と大岩顕教授らは17日、理化学研究所などとの共同研究で、光子が作る運動量が電子の運動量へ移行する様子を単一粒子で検出できたと発表した。

大阪大学産業科学研究所と日本学術振興会、科学技術振興機構、東北大学、理化学研究所は、神経細胞の電気信号を可視化する分子をセンサーに用い、複数の動物の脳活動を無線で計測する方法を開発した。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる