399件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

環境報告部門の地球・人間環境フォーラム理事長にはアレフ(札幌市白石区)、KOKUSAI ELECTRIC(東京都千代田区)、太平洋セメントなどを選出した。

太平洋セメント、建設用3D造形新材料 温度変化でも品質安定 (2020/2/20 建設・生活・環境・エネルギー2)

太平洋セメントは、大成建設と共同で、温度変化に対して品質が安定する3Dプリンター向けの材料を開発した。... 太平洋セメントでは3Dプリンター用セメント系プレミックス材料「デジミックス」を国内で初めて...

3Dプリンターで橋 大成建が緊張材挿入、部材連結 (2020/2/17 建設・生活・環境・エネルギー)

建設用3Dプリンターはセメント系材料を積層して部材を製作する際に鉄筋で補強できず、引張力が作用する構造部材に適用できなかった。... 太平洋セメントが開発した温度変化に対して品質が安定するセメント系材...

川崎重工業は21日、太平洋セメントから新型セメント排熱発電設備「VEGAボイラ=写真」などを受注したと発表した。... 太平洋セメントの案件は埼玉工場(埼玉県日高市)のセメント排熱...

太平洋セメントがイーレックスとの共同出資で設立した大船渡発電(岩手県大船渡市)は、太平洋セメント大船渡工場(同)においてバイオマス発電の営業運転を始めた。

2020 TOP年頭語録/日本郵船・長沢仁志社長ほか (2020/1/9 建設・生活・環境・エネルギー1)

【大きく躍進 太平洋セメント・不死原正文社長】 人事制度を含め希望を持って働ける企業環境にしたい。

展望2020/太平洋セメント社長・不死原正文氏 五輪で工事停止を懸念 (2020/1/8 建設・生活・環境・エネルギー2)

―2020年のセメント国内需要の見通しはどうですか。 ... 廃棄物をセメントの原料・燃料用に受け入れているが、その観点からも最低4000万トン維持できれば良いとみている」 ...

太平洋セメントや住友大阪セメントでは、災害廃棄物をセメント工場で受け入れて、原料の代替として資源化している。... (高島里沙) 太平洋セメント、中長期で安定処理 量・内容・置き場所...

死去日・氏名(年齢)・肩書き 【2018年12月】 25日 鴻池祥肇氏(78)元防災担当相 30日 有吉喜文氏(70)魚喜会長 ...

梶村陸男氏(94歳、かじむら・りくお=元秩父セメント〈現太平洋セメント〉常務)10日肺炎のため死去。

経営ひと言/太平洋セメント・不死原正文社長「順繰りに修繕」 (2019/12/10 建設・生活・環境・エネルギー2)

セメント製造工場で主力設備のキルン(回転釜)について「50年前後たつと想定外の大きなトラブルが発生する」と話すのは、太平洋セメント社長の不死原正文さん。 ... 2019年度のセメン...

太平洋セメ、ゴミ焼却主灰を全て水洗脱塩 熊谷工場で (2019/12/5 建設・生活・環境・エネルギー2)

太平洋セメントは、熊谷工場(埼玉県熊谷市)において、都市ゴミ焼却主灰の水洗処理施設の稼働を始めた。... 廃棄物のセメント再資源化を促進するために、塩化物濃度は低いものの処理量の多い主灰からの脱塩技術...

太平洋セメ、通期見通し下方修正 営業益70億円減 国内販売量不振 (2019/11/13 建設・生活・環境・エネルギー1)

太平洋セメントは12日、セメントの国内販売量の減少をうけて2020年3月期連結業績予想を下方修正した。... 米国西海岸の天候不順でセメント・生コンクリートの出荷が伸び悩んだほか、国内では東京五輪・パ...

太平洋セメントとは鋳物用に3Dプリンターで使える無機粉末材料を共同開発した」 ―先端的な研究にも取り組んでいますね。

太平洋セメ、機能性中空粒子を供給 早期事業化へ実証 (2019/11/5 素材・医療・ヘルスケア)

太平洋セメントは、平均粒子径が5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下の微少な機能性中空粒子「セルスフィアーズ」について、2020年早期の事業化を目指した実証試験を始めた。グループ会社の秩父...

台風19号「爪痕」深く (2019/10/29 総合1)

太平洋セメントは、埼玉工場(埼玉県日高市)と熊谷工場(埼玉県熊谷市)で生産数量を抑える抑制運転を12日から継続している。

太平洋セメントは、埼玉工場(埼玉県日高市)と熊谷工場(埼玉県熊谷市)で生産数量を抑える抑制運転を12日から継続中。

台風19号、企業活動を直撃 (2019/10/16 総合1)

太平洋セメントは、12日から埼玉工場(埼玉県日高市)と熊谷工場(埼玉県熊谷市)で生産数量を抑える抑制運転をしている。... 出荷できなければセメントを貯蔵するサイロが満杯になるため生産調整している。

【石炭使用減】 太平洋セメントは、2050年に二酸化炭素(CO2)排出量を00年比で80%削減する長期目標を掲げた。セメントは1トン当たりの製造に伴い、約700キログラムのCO2を排...

また廃棄物や副産物をセメント工場で受け入れて循環型社会への貢献を目指す。 エネルギー多消費型産業であるセメント業界では省エネルギーや二酸化炭素(CO2)排出量削減などが課題。業界では...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる