277件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.024秒)

奈良先端大、学長に塩崎氏 (2020/11/25 総合3)

奈良先端科学技術大学院大学は、横矢直和学長(69)の2021年3月末の任期満了に伴い、次期学長に同大学の先端科学技術研究科教授でバイオサイエンス領域副領域長の塩崎一裕氏(56)を決定した。... 10...

名大、n型有機半導体膜の新成形法を開発 (2020/7/1 科学技術・大学)

名古屋大学大学院工学研究科の忍久保洋教授らのグループは奈良先端科学技術大学院大学の松尾恭平助教らと共同で、溶液の塗布と加熱によるn型有機半導体膜の新たな成形法を開発した。

リケジョneo(108)クラシエ製薬・吉田桃子さん (2020/6/29 ひと カイシャ 交差点)

伝わる言葉 コツつかむ (総合1から続く)奈良先端科学技術大学院大学を卒業しました。... クラシエ製薬に入社し、初めに配...

奈良先端科学技術大学院大学は富士通研究所や富士通、東京大学、科学技術振興機構と共同で、炭素材料グラフェンを使い、省電力で動作するリボン状半導体材料「アームチェアエッジ型グラフェンナノリボン(GNR)=...

奈良先端科学技術大学院大学の畑秀明助教は、カナダのダルハウジー大学のポール・ラルフ教授が主導する「新型コロナウイルス感染症対策による在宅勤務がソフトウエア開発者に与える影響の調査」に携わり、その結果を...

【京都】立石科学技術振興財団(立石義雄理事長=オムロン名誉顧問)は、第6回立石賞の受賞者を決めた。同財団の研究助成を過去に受け、その後の研究で顕著な業績を上げた研究者が対象の功績賞に、横矢直和奈良先端...

このようなスモールデータとAIを使った材料探索は、今後、実験科学者の強力なツールとして浸透していくに違いない。(水曜日に掲載) ◇物質・材料研究機構(NIMS)統合型材料開発・情報基...

小型カメラ、カラー暗視 ナノルクス、イメージセンサー開発 (2020/2/21 電機・電子部品・情報・通信1)

奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科の太田淳教授と共同研究で開発した。... ナノルクスのカラー暗視技術は被写体に赤外線を照射し、被写体から反射してきた赤外線を検出するもの。... 同社は産業...

奈良先端科学技術大学院大学の朝戸良輔大学院生と河合壮教授、柳田健之教授らは、微弱な紫外線や放射線を高感度で検出する色素を開発した。

奈良先端科学技術大学院大学のアルノー・デルモッテ大学院生と向川康博教授らは、3Dプリンターで作った立体造形物に情報を埋め込み、必要なときに確認できる「電子透かし」を埋め込む技術を開発した。... 同技...

接客種目は中央大学が優勝。... 商品陳列種目は奈良先端科学技術大学院大学と立命館、パナソニックのチームが優勝した。リーダーのガルシア・グスタボ奈良先端大助教は「次は安全性を担保したまま作業効率を上げ...

【奨励研究助成 若手研究者(レーザプロセッシング)】▽福島潤/東北大学工学部「無容器レーザプロセッシングによる新奇酸化物系白色蛍光体の創製」▽且井宏和/産業...

奈良先端科学技術大学院大学の久保尋之助教と向川康博教授らは、米カーネギーメロン大学や米アリゾナ州立大学と共同で、血管の様子を非接触で即時に可視化する撮影システムを開発した。... 今後、カーネギーメロ...

【神戸】デンソーテン(神戸市兵庫区、加藤之啓社長、078・671・5081)は26日、奈良先端科学技術大学院大学、YuMake(大阪市中央区)と連携し、観光型MaaS(乗り物のサービス化)に関する共同...

理化学研究所環境資源科学研究センターの白須賢グループディレクターらは、アフリカに多く生息し、穀物に寄生して収穫量を大幅に減らす有害植物である「ストライガ」の全遺伝情報(ゲノム)解析に成功した。... ...

奈良先端科学技術大学院大学の細川陽一郎教授らと東京大学の小関泰之准教授、合田圭介教授らは、名古屋大学との共同研究で、マイクロメートル(マイクロは100万分の1)サイズの細胞や粒子を高速で正確に取り出す...

アール・シー・エスは、地上と水中の無線通信技術の研究を行う。... 同研究は奈良先端科学技術大学院大学と共同で実施する。... 通信技術を中心に20超の特許を持つ。

奈良先端科学技術大学院大学のスマイラ・ニゴ大学院生と若宮翔子特任助教、荒牧英治特任准教授らは、ツイッターの内容からボット(自動つぶやきソフト)を検出する技術を開発した。... つぶやきの内容での識別技...

奈良先端科学技術大学院大学の加藤菊也特任教授らは、大阪国際がんセンターと共同で血液中のわずかな肺がん遺伝子の変異を高感度に検出できる技術を開発した。... そこで、がん細胞から血液中へ遊離した微量の遺...

私たちのグループは神奈川工科大学、東京電機大学、NTTテクノクロスとの共同研究において、100Gbps(1秒当たり100ギガビットの転送速度)などの高速光通信の内部では複数の光信号が多重化されているこ...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる