184件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

短期・長期という意味では、ヤマト運輸元社長の小倉昌男氏が宅急便を始められた時の話が大変参考になる(一橋大学教授の沼上幹氏の著書「小倉昌男」に詳しい)。... 私は、JFE商事がグループ...

輝け!スタートアップ(106)Yper バッグとロボで「置き配」 (2022/1/13 中小・ベンチャー・中小政策)

宅急便で用いる120サイズ相当(32センチ×46センチ×29センチメートル)まで対応可能で、配達員の再配達の負担をなくすことができる。

三井物産も「書類を送るための国際宅急便を使わないため、物流過程で出るCO2を減らせる可能性がある」という。

「宅急便」で培ったノウハウに加えて、BツーB(企業間)ネットワーク、ロジスティクス機能などを連携させることで「従来の事業会社間の壁を取り払い、ワンストップで最適なサービスを提供していく...

ヤマト運輸、宅急便のサイズ拡大 「180サイズ」など新設 (2021/8/3 建設・生活・環境・エネルギー2)

ヤマト運輸は10月4日から「宅急便」で取り扱うサイズを拡大する。... これまで宅急便は3辺合計で160センチメートル以内、25キログラムまでが最も大きいサイズだった。現在、宅急便の規格を超える荷物の...

ヤマト運輸、宅配便が昨年度16%増 (2021/4/13 建設・生活・環境・エネルギー2)

「宅急便」が同10・8%増の18億367万個、小型荷物のポスト投函(とうかん)サービス「ネコポス」は同70・0%増の2億9331万個だった。

ラストワンマイル物流の転換 EC市場と宅配便(上)新配送サービス (2020/2/5 建設・生活・環境・エネルギー1)

EC荷物はヤマトが全国津々浦々に配送網を築き、人の手で荷物を届ける“宅急便”を設計した当初は想定できなかったニーズだ。「(宅急便では)過剰な部分もあるのではないか」(長尾社長&...

ヤマトホールディングスが展開する「クール宅急便」も規格を弾みに世界に広がりつつある。 88年にサービスが始まったクール宅急便。

配送先ごとに商品を包装し、ヤマト運輸が宅急便で届ける。

EC荷物を最適配達へ ヤマト、新宅配便サービス検討 (2019/6/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

EC荷物は受け取る側が配達依頼主であり、その生活スタイルも多様化する中、従来型商品である「宅急便」だけでは対応が困難になると判断した。... EC荷物に最適化したサービスを創出するため、さまざまな荷物...

ヤマト運輸社長として“宅急便”の構造改革、働き方改革を先導した》 「まずはヤマト運輸以外の事業をしっかりと把握する。... 各事業の課題を理解した上で経営資源の選択と集中を行う」&#...

ヤマト、通期見通し上方修正 営業益660億円 (2018/11/1 建設・エネルギー・生活1)

「(宅配便事業の)改革に係る費用が増加する一方で宅急便単価が上昇した」(芝崎健一専務取締役)。

徳吉工業、「箱」単位で研磨受託 料金設定明瞭に (2018/9/5 中小企業・地域経済1)

ヤマト運輸の「宅急便コンパクト」の専用箱にワークを入れて送れば、研磨されて戻ってくる。

日本郵船社長・内藤忠顕氏 物流・ターミナルへ事業拡大 (2018/7/12 建設・エネルギー・生活1)

ヤマト運輸の宅急便に負けないようなサービスを出していけば、適正価格に収斂(しゅうれん)していける」 ―郵船ロジスティクスを完全子会社化し、物流を中核とする体制を整えま...

ヤマト運輸、来月からTポイント導入 (2018/3/16 建設・エネルギー・生活2)

ヤマト運輸は4月1日から「宅急便」の運賃支払いや包装資材の購入時に、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が展開するポイントサービス「Tポイント」を付与する。... 「宅急便セン...

産業春秋/呉越同舟の夢 (2018/2/27 総合1)

西米良村と西都市の間約50キロメートルを運行する宮崎交通の路線バスに「宅急便」と「ゆうパック」を混載して運ぶ。

iREXロボットフォーラム2017/技術進化、産業界に貢献 (2017/12/27 ロボットフォーラム)

いわゆる宅急便で有名な会社の倍ほどの件数です。

「顧客第一」「全員経営」など、宅急便の生みの親であり、ヤマト運輸元社長の小倉昌男氏の経営哲学は今でも同社に受け継がれている。

ヤマト、ベトナムで「クール宅急便」 BツーB提供 (2017/8/25 建設・エネルギー・生活2)

ヤマトホールディングス(HD)は9月1日、ベトナムで保冷小口配送サービス「クール宅急便」を始める。... 今後の食文化の多様化や発展に、クール宅急便の潜在需要が見込まれる。 &...

ヤマト運輸は、蓄冷板を搭載した保冷宅配便「クール宅急便」用新型車両(写真)の導入を始めた。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン