151件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

だが燃料は約15年でなくなり、姿勢制御ができなくなった衛星は寿命を迎えスペースデブリ(宇宙ゴミ)になる。... これまでアストロスケールHDは、宇宙ゴミの低減や除去策として、寿命を迎え故障した人工衛星...

アイネットは宇宙ゴミ除去サービスの事業化を目指すアストロスケールホールディングス(HD、東京都墨田区)に出資した。... アストロスケールHDは2013年創業のスタートアップで、宇宙ゴミ除去サービスの...

【A.宇宙ゴミ・人工衛星の監視】 防衛省が宇宙領域の作戦を担う「宇宙作戦隊」を18日に発足しました。... 主な任務はスペースデブリ(宇宙ゴミ)や、不審人工衛星の監視。... 【A】...

防衛省は宇宙領域の作戦を担う「宇宙作戦隊」を、18日に発足させる。人数は20人規模で航空自衛隊内の1組織として発足、電波妨害や不審人工衛星の監視、衛星の破片などスペースデブリ(宇宙ゴミ)の監視業務を行...

中国全土からの千を超える市や町の工場、住宅、病院、ゴミ処理場を中心に6億平方メートル以上のエリアを消毒しているという。 ... 米航空宇宙局(NASA)研究員などを経て94年千葉大学...

スペースデブリ(宇宙ゴミ)の除去を目指すベンチャー企業への投資など、好奇心とモノづくりへの情熱は尽きない。

内閣府の宇宙政策委員会は10日、20年先を見据えた今後10年間の国の宇宙政策の基本方針となる次期宇宙基本計画の素案を示した。... 宇宙安全保障を確保するため、航空自衛隊に「宇宙作戦隊」を新編すること...

政府は、スペースデブリ(宇宙ゴミ)にならないよう人工衛星を監視する体制を構築する検討に入った。... 宇宙航空研究開発機構(JAXA)をはじめ関係機関と連携し、老朽化する人工衛星の適切な処理体制を構築...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、宇宙ゴミ対策の事業化を目指して実施する大型宇宙ゴミ除去実験のフェーズIの連携事業者候補に選んだ。... JAXAの大型宇宙ゴミ除去実験は、宇宙に残された日本由来のロ...

民間/新ビジネス開拓へ意欲 リアルタイム観測/人工流れ星/ゴミ除去 政府は今後の宇宙産業の利用拡大を目指す「宇宙産業ビジョン2030」を打ち出し、30年代早期に国内の宇宙産業の市場規...

宇宙への夢、子どもたち導く 川重が各務原市と教育講座 (2020/2/4 機械・ロボット・航空機1)

岐阜工場(各務原市)に2019年9月設置した、宇宙ゴミ除去衛星運用の地上局アンテナを子どもに公開したり、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館でモスクワ市立宇宙飛行士記念博物館の協力のもと、モスクワの小学生と...

「志ある若手が中心となり宇宙開発に取り組んでいる。だが設備や資金など研究環境が十分ではなく、国が宇宙ベンチャーを積極的に支えるべきだろう。... 国連の持続可能な開発目標(SDGs)も絡めながら、宇宙...

日本でも宇宙ゴミの除去技術を持つアストロスケール(東京都墨田区)が参入を狙う。「宇宙ゴミは国際的な問題。... 一方で、宇宙ゴミ除去でどう利益を得るのかは課題だ。

川重、東京海上・三井物産と宇宙ゴミ除去で連携 (2019/11/19 機械・ロボット・航空機1)

協業では川重は宇宙分野の実績と宇宙ゴミ除去の知見、東京海上は宇宙分野におけるリスクマネジメント、三井物産はマーケティング力と事業開発力などを持ち寄る。 川重は2011年から宇宙ゴミ除...

北海道に「NoMaps」定着 先端技術、交流の場 (2019/11/14 中小企業・地域経済2)

「未来競創」を演題に自らの研究を振り返りながら「テクノロジーはあっという間にゴミになりニーズは10年で変わる。... 宇宙ビジネスの討論会では、宇宙ビジネスの可能性や展望などを議論。... 政府は危機...

川重が宇宙ゴミ除去参画 岐阜に衛星運用アンテナ (2019/10/7 機械・ロボット・航空機1)

川崎重工業はスペースデブリ(宇宙ゴミ)除去衛星運用の地上局アンテナを、岐阜工場(岐阜県各務原市)屋上に設置した。アンテナは2020年度に打ち上げ予定の宇宙ゴミ除去実証衛星のコマンド...

環境相・小泉進次郎氏 海洋プラ対策を世界へ 小泉進次郎環境相は6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の成果に触れ「海洋プラスチックゴミ対策は日本しかできない世界への貢...

大型宇宙ゴミ除去11億円 技術実証衛星を開発 文部科学省は所管の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と民間事業者を通じ、2020年度から宇宙空間に漂うロケットなどの残骸である大型のスペー...

今では活動の場が宇宙にまで広がり、海や宇宙にまでゴミをまき散らしている。... プラスチックの破片などで海洋汚染の元になるマリンデブリ(海洋ゴミ)と、衛星やロケットの残骸で宇宙開発の妨げとなるスペース...

ビジョナリー会議では、アバター(分身)やロボットを介すことによる身体的制約を超えた活動の実現や、ゴミゼロの実現など、世界的に関心が高く、共同研究を見込める25課題が示された。 ......

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる