183件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

防衛省の防衛研究所は「東アジア戦略概観2020」を公表した。... 中国については国産空母の就役など装備の近代化に加え、宇宙ビジネス強化と“第2列島線”を越えた軍事力展開をにらんで、キリバスやソロモン...

東京大学宇宙線研究所と高エネルギー加速器研究機構、国立天文台などの研究グループは、宇宙からの重力波を観測できる大型低温重力波望遠鏡「KAGRA(かぐら)」による観測を始めた。 ......

三井金属はトーキン(宮城県白石市)子会社の日本イットリウム(福岡県大牟田市)と共同で超高純度の硫酸ガドリニウム(写真)14トンを東京大学宇宙線研究所に納入した。三井金属は基礎評価研究所(埼玉県上尾市)...

これにより、深海や宇宙などでの探索に新たな可能性が広がる。 ... 原子時計の小型化は欧米を中心に開発が進められ、共鳴線を得る装置の小型化が進展した。... (火曜日に掲載) ...

その様子に満面の笑みを見せていたのがQPS研究所創業者の八坂哲雄取締役。... 一方で日本の宇宙開発の中心が関東や東海である状況に八坂氏は「九州で宇宙産業を根付かせたい」と、桜井晃九大名誉教授らと05...

ICAOでは、主に太陽活動を原因とする無線通信障害、測位誤差の増大と並んで、宇宙放射線による被ばく線量の増加を懸念しており、宇宙天気情報としての宇宙放射線被ばくに関する情報が必要とされている。 ...

東京大学宇宙線研究所やドイツ・マックスプランク物理学研究所などの国際研究グループは、45億年前に太陽の質量の約100倍の天体が崩壊し作られたブラックホールから、従来観測の10倍となる1000ギガ電子ボ...

作業動線工夫などで生産効率を高めるほか、難削材の加工能力増強も順次進める考え。新拠点を機に、航空宇宙領域の部品加工なども視野に業容を広げる。 ... 本社で前加工を、同研究所で仕上げ...

情通機構は国際民間航空機関(ICAO)グローバル宇宙天気センターに認証されている。... ワサビーズで放射線量の増加が確認された場合、グローバル宇宙天気センターを介して航空会社に情報が提供される。&#...

「何が間違っていたのかを約1年かけて調べた」と振り返るのは、東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章さん。

東京大学宇宙線研究所の馬渡健特任研究員らは、135億年前の星の形成の痕跡を発見したと発表した。... 宇宙の年齢は約138億年といわれており、宇宙の始まりとされるビッグバンの3億年後と推測できる宇宙最...

素粒子の一種であるニュートリノに関する発見で2015年にノーベル物理学賞を受賞した東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長は4日、パシフィコ横浜(横浜市西区)で開催中の「VACUUM2019真空展」で講演し...

4日には2015年ノーベル物理学賞受賞者の梶田隆章東大宇宙線研究所所長による特別基調講演「神岡の地下から探る宇宙と素粒子」(聴講無料)がある。

文部科学省は東京大学宇宙線研究所などが計画する次世代のニュートリノ観測装置「ハイパーカミオカンデ」について、建設費の一部18億円を2020年度予算の概算要求に盛り込んだ。

東京大学の小柴昌俊特別栄誉教授と東大宇宙線研究所の梶田隆章所長は、ニュートリノに関する研究によりノーベル賞を受賞している。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18年7月、電動化技術を利用した航空機の実現と航空機産業を創出するためのコンソーシアム(共同事業体)を発足した。... 産業技術総合研究所や九大の研究グループは、液体...

大阪大学レーザー科学研究所の村上匡且教授らは、高強度のレーザー照射で、内部に微細な真空の泡を持つ水素化合物を圧縮して高密度にし、電子と陽電子のペアを捕捉可能な強い電場ができる可能性を発見した。... ...

東京大学宇宙線研究所の滝田正人教授らは、おうし座方向にある星の爆発後の残骸「かに星雲」から今までに観測した5倍以上のエネルギーである450テラ電子ボルト(テラは1兆)を持つガンマ線の観測に成功した。....

今回のミッション成功は日本の宇宙探査に新しい歴史を刻んだ。... 小惑星内部は宇宙線にさらされておらず、今から46億年前の太陽系が生まれた当時の水や有機物をそのまま残していると考えられる。... 国中...

 東京大宇宙線研究所などが参加する日中共同研究チームは、中国・チベット自治区に建設した「チベット空気シャワー観測装置」で、超新星爆発の残骸「かに星雲」から飛来した観測史上最も高いエ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる