27件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

液化天然ガス(LNG)は、液化水素と比べて宇宙空間での貯蔵性に優れるほか、漏えいや爆発の危険性が低いことから安全性などの面で優れている。... このためLNGを燃料とするLNG推進系&...

【日本の技術開発】宇宙輸送システム 40年にも実用化 日本でも宇宙旅行に向けた技術開発が活発化している。政府は将来の宇宙輸送システムの開発ロード...

その中で、日本は宇宙への輸送機会が少なく宇宙開発が他国に遅れをとりがちだ。... 日本も宇宙旅行などを目的とした有人宇宙輸送システムの研究開発プロジェクトを開始すると発表した。... 宇宙は技術実証の...

政府は22日、将来の宇宙輸送システムの実現に向けたロードマップ検討会の中間取りまとめを発表した。低コスト化を目指しロケットの一部を再使用する技術などを盛り込んだ「基幹ロケット発展型宇宙輸送システム」を...

政府は12日、将来の宇宙輸送システムの開発に向けたロードマップを公表した。... 将来の大型市場には宇宙飛行などの高頻度での有人輸送も含まれる。民間を主導とした有人宇宙輸送システムの研究開発プロジェク...

「大切なのは確実な打ち上げを行うこと」と語るのは、宇宙政策担当相の井上信治さん。宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工が開発中の大型基幹ロケット「H3」の組み立て作業が始まった。&...

国際競争に負けず、宇宙産業をより発展させることを目指す。 ... 新規課題の一つである「将来宇宙輸送システム研究開発プログラム」に2億7000万円を盛り込む。... 宇宙航空研究開発...

宇宙技術を応用することで、深宇宙への進出や地球上でのビジネス展開が期待される。... その分、できることも大幅に増えると考えられる」 【キーワード/次世代宇宙技術】 ...

今回の「バルブの日」特別対談では宇宙航空研究開発機構(JAXA)で将来の宇宙輸送システムの研究開発を指揮する沖田耕一第四研究ユニット長を訪ね、バルブ産業にイノベーションをもたらすための...

有望領域、さらに磨く 内閣府の宇宙政策委員会小委員会は14日、国の宇宙科学・探査に関し、個別のプログラムの検討や実施に対する考え方の案を示した。... 宇宙航空研究開発機構(...

さらに将来の安全保障のための宇宙システムについてSSA衛星や量子暗号技術、衛星データへの人工知能(AI)技術などの技術開発や利用動向などを調査・検討するとした。 .....

国の宇宙政策を審議する宇宙政策委員会の山川宏宇宙輸送システム部会長(京都大学教授)は13日、次期国産基幹ロケット「H3(仮称)」の開発に着手する考えを明らかにした。.....

国の宇宙政策委員会は26日、H2Aロケットに続く次期基幹ロケットの開発など、新たに策定された宇宙基本計画で検討が必要とされた事項について審議する4部会の設置を決めた。設置されるのは国内外の宇宙政策や技...

これらの事例に共通しているのは、宇宙開発の先進国ではないことである。... 宇宙開発は一国の技術力の精華だが、その困難さは経済規模だけでは語れない。... 衛星運用能力を持たないのに宇宙輸送システムだ...

政府の宇宙開発戦略本部(本部長=安倍晋三首相)は宇宙産業の競争力強化などを柱とした次期宇宙基本計画を決めた。2013年度から5年間にわたる国の宇宙開発利用などの基本方針で、日本...

政府は16日、2013―17年度の「宇宙基本計画」を固めた。米国やロシア、中国などが配備を加速する測位衛星や、人工衛星打ち上げに不可欠なロケット技術などの宇宙輸送システム開発推進とともに、これらの技術...

ロケットを使わず、宇宙からつるされたエレベーターに乗って地上と宇宙と行き来できる夢の乗り物だ。その究極の宇宙輸送システムが、宇宙への架け橋として研究が進む。 ... そんな絵空事のよ...

これを使って昇降機を上下させ、地上と宇宙を往還し、1回70トンの荷物を宇宙に運ぶ。... 宇宙太陽光発電は宇宙で太陽光エネルギーを集光して地上に送り、電気エネルギーに変える未来の発電システム。... ...

古川元久宇宙開発担当相は17日の閣議後会見で、日本人による有人火星探査構想について「こういうものは目指さない限り、絶対に実現はできない。... 同構想は16日に古川担当相が都内で開いた講演会で、宇宙開...

日本独自の有人宇宙輸送システムは2024年に技術的にめどが立ち、iPS細胞(万能細胞)による再生医療技術は32年に普及する―。... 宇宙関連で注目されるのは日本独自の有人宇宙輸送シス...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる