951件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

政府は今後10年間の宇宙政策を示した「宇宙基本計画」を策定した。... 加えて衛星データの利用促進策として、サプライチェーン強化のための技術開発・実証事業に取り組む。... 同時にアジアなどこれから宇...

宇宙領域では、米国が第6の軍種として「宇宙軍」を創設したことを紹介。... 主要国が、厳しい電子戦環境下で使用できる装備品の開発を進めているとしている。 一般に日本は、宇宙開発やIT...

トヨタ自動車は29日、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行とともに、宇宙開発ビジネスに投資するファンドに出資したと発表した。... 宇宙開発事業のベンチャー企業などを出資対象とし、日本の宇宙関連技...

政府の宇宙開発戦略本部(本部長=安倍晋三首相)は29日、今後20年を見据えた10年間の国の宇宙政策の基本方針「次期宇宙基本計画」改定案を決定した。... 宇宙開発が進む米国や中国などに引けを取らない「...

日本原子力研究開発機構は、香港城市大学などと共同で、低温用構造材料として期待される「ハイエントロピー合金」の極低温における特異な変形メカニズムを解明した。... 宇宙開発などで求められる高性能な低温用...

スカパーJSATは11日、理化学研究所や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などと連携し、スペースデブリ(宇宙ゴミ)を除去する小型衛星の開発に着手すると発表した。... スカパーJSATと理研は、宇宙で使...

宇宙開発の裾野を広げられた」と話す。 ... 宇宙輸送の基盤強化 JAXAの山川宏理事長はHTV―XとH3ロケットについて「両者の開発が進むことで日本の自在な宇宙輸...

産業春秋/宇宙開発の精華 (2020/6/2 総合1)

従来のロシアの宇宙船に比べて「情報が得やすくなった」と宇宙航空研究開発機構の担当者。 ... 新型宇宙船を打ち上げた米スペースXの『ファルコン9』ロケットは、こなれた技術で小型エンジ...

米航空宇宙局(NASA)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士、野口聡一さんが搭乗予定の米スペースXの宇宙船「クルードラゴン」初号機を8月30日にも打ち上げると明らかにした。... クルード...

一方、中国やロシアは故意に相手国の衛星に衝突・破壊するキラー衛星や、衛星機能を失わせる高出力レーザー兵器を開発中と言われています。 ... 国際規制の実現前に各国が自国衛星の既成事実...

月には資源となる水が豊富に存在していると考えられており、それらを利用した「深宇宙開発ビジネス」への展開が期待される。 ... 自然エネルギーを使い大容量の電気が作れる未来技術の一つと...

内閣府の宇宙政策委員会は30日、今後20年を見据えた10年間の国の宇宙政策の基本方針「次期宇宙基本計画」の原案を示した。... 宇宙開発戦略本部で6月に決定する。 情報収集衛星などの...

今回の「バルブの日」特別対談では宇宙航空研究開発機構(JAXA)で将来の宇宙輸送システムの研究開発を指揮する沖田耕一第四研究ユニット長を訪ね、バルブ産業にイノベーションをもたらすための...

内閣府の宇宙政策委員会は10日、20年先を見据えた今後10年間の国の宇宙政策の基本方針となる次期宇宙基本計画の素案を示した。... 宇宙開発戦略本部で6月に決定する。 ... 革新的...

宇宙開発は安全保障とビジネスの両面で国家にとって欠かせない技術力だ。... 日本の次期主力宇宙ロケット「H3」の開発が順調に進んでいる。... 国側の責任者である宇宙航空研究開発機構(JAXA)の岡田...

さらに各国政府や従来の宇宙開発企業だけではなく、ベンチャーや個人が人工衛星などを利用し本格的にビジネスに参加できる時代も訪れつつある。... 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、陸域観測技術衛星「だい...

内閣府宇宙開発戦略推進事務局は27日、政府全体の宇宙開発予算案を取りまとめた。... 19年10月に日本政府が参加を正式表明した米国の国際宇宙探査計画に向けた研究開発などには120億円を盛り込んだ。そ...

地上の農業にも技術革新 【JAXA事業】 人類が初めて月面に降り立ってから50年が経過する今、宇宙開発が再び注目されており、特に月面を目指して世界の各プレーヤーがテ...

「月近傍有人拠点『ゲートウェー』を含む国際宇宙探査のための研究開発費などに20年度当初予算案と19年度補正予算案を合わせて120億円を計上した。... 「志ある若手が中心となり宇宙開発に取り組んでいる...

えのきだ、台湾社と提携 放電加工機を共同開発 (2020/1/16 機械・ロボット・航空機2)

【静岡】えのきだ(静岡県牧之原市、榎田敏雄社長、0548・22・0618)は、台湾の大手放電加工機メーカーの慶鴻機電工業(台中市)と工具研磨向け放電加工機の共同開発、国内販売で業務提携を結んだ。......

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる