997件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の星出彰彦さんが、22日19時11分(日本時間)に国際宇宙ステーション(ISS)に向けて飛び立つ。... 宇宙空間における筋萎縮や骨量減少の詳細を分析し、寝た...

米アマゾン、人工衛星事業でアトラスV活用 (2021/4/21 電機・電子部品・情報・通信1)

アトラスVは米航空宇宙局(NASA)のミッションでも使われた。... アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)率いる宇宙開発会社ブルー・オリジンも、自前ロケットの開発を進めている。

三菱ケミカルは、宇宙開発ベンチャーのダイモン(東京都大田区)とパートナーシップ契約を結んだ。... 提携により、三菱ケミカルは宇宙空間や月面での使用実績を積み重ね、製品開発や月面基地部材などの用途開発...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の衛星間通信システム『ルーカス』などでは全て光通信でデータを伝送する。... 【記者の目/宇宙―地上円滑につなぐ】 宇宙空間での通信技術の開発は、宇宙...

「宇宙への扉をなくせば閉塞(へいそく)感が生まれる」と語るのは、宇宙飛行士の山崎直子さん。地球の周囲を回る宇宙ゴミが宇宙開発の妨げになっているとして問題になっている。 ... 「次の...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の津田雄一はやぶさ2プロジェクトマネージャに、はやぶさ2との6年間について話を聞いた。 ... 【記者の目/宇宙開発に生かす技術獲得】 ...

エプソン、宇宙用ロボ会社に出資 エンジニア派遣 (2021/3/3 電機・電子部品・情報・通信2)

セイコーエプソンと子会社のエプソンクロスインベストメント(東京都千代田区)は、両社が出資するファンドを通じて、宇宙用汎用作業ロボットを開発するスタートアップ「GITAI Japan(ギタイ・ジャパン)...

運用訓練技術は、国際宇宙ステーション(ISS)や宇宙ステーション補給機こうのとり(HTV)など、安全性・信頼性が高いレベルで求められるわが国の有人宇宙開発を支えている技術である。... 一つ目はアジャ...

同組合は2009年に打ち上げ・運用に成功した小型人工衛星「まいど1号」を手がけた後も、新たな宇宙開発事業を模索してきた。... 宇宙開発の「夢」をあきらめず、モノづくりで力を合わせている。... しか...

「宇宙開発の持続可能性が業界で議論されている」と語るのは、アストロスケールホールディングス(東京都墨田区)最高経営責任者(CEO)の岡田光信さん。... 人工衛星や宇宙に行く人の数が増えるとともに宇宙...

三井住友海上火災保険は、宇宙開発ビジネスに投資するファンド「宇宙フロンティアファンド」に出資した。出資を通じ、ベンチャーやスタートアップによる宇宙開発分野への新規参入を支援する。... 月面探査時のリ...

都など、16日に知財シンポ開催 (2021/2/17 東日本・西日本)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所の久保田孝教授が「宇宙探査のイノベーションにおける中小企業との連携と知的財産」をテーマにオンラインで基調講演を行った。 久保田教授は企業...

工業系の大学に進学し、宇宙飛行士や宇宙航空研究開発機構(JAXA)での就職を目指したが、かなわなかった。... ◇ 転機となったのが、普段は宇宙開発に関わっていないサラリーマンや学生...

政府の宇宙政策委員会は、宇宙開発利用推進費で実施する戦略プロジェクトを決めた。内閣府の2021年度宇宙関連予算に計上された新規70億円のうち文部科学省の「衛星用の通信フルデジタル化技術開発」に30億円...

政府の宇宙政策委員会は「宇宙開発利用加速化戦略プログラム」の基本方針案をまとめた。同プログラムは、宇宙開発利用推進費による月面開発や衛星基盤技術の強化が目的。内閣府の2021年度宇宙関連予算で新規70...

米国では民間初の有人宇宙船「クルードラゴン」を開発したスペースXをはじめ、民間による宇宙ビジネスが盛んだ。... 経済産業省の宇宙関連事業を受託するさくらインターネットは、クラウド上で衛星データを分析...

社会の姿を大きく変えるとともに、ワクチンや治療薬の研究開発といった科学の重要性が国民に浸透した。宇宙分野でも研究活動やロケット打ち上げなどの“宇宙イベント”に影響が見られた一方で、宇宙開発の技術を応用...

世界と勝負できる体制を構築したい」 ―宇宙開発が大きく盛り上がっています。 ... 宇宙開発の成果は国民の暮らしに還元されるべきだと考えている。... 20年度内の...

月面探査、新局面 (2021/1/11 科学技術・大学)

また、宇宙航空研究開発機構(JAXA)とトヨタ自動車は、29年の有人探査を目指し、燃料電池技術を用いた大型探査車「有人与圧ローバ」の共同開発を進める。... インタビュー/JAXA特別参与・若田光一氏...

宇宙開発との関連にちなんだデザインで、独自の表面硬化技術を施した黒色のチタン製ケースと宇宙空間を模した青色の文字板が特徴。

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる