982件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

米国では民間初の有人宇宙船「クルードラゴン」を開発したスペースXをはじめ、民間による宇宙ビジネスが盛んだ。... 経済産業省の宇宙関連事業を受託するさくらインターネットは、クラウド上で衛星データを分析...

社会の姿を大きく変えるとともに、ワクチンや治療薬の研究開発といった科学の重要性が国民に浸透した。宇宙分野でも研究活動やロケット打ち上げなどの“宇宙イベント”に影響が見られた一方で、宇宙開発の技術を応用...

世界と勝負できる体制を構築したい」 ―宇宙開発が大きく盛り上がっています。 ... 宇宙開発の成果は国民の暮らしに還元されるべきだと考えている。... 20年度内の...

宇宙開発との関連にちなんだデザインで、独自の表面硬化技術を施した黒色のチタン製ケースと宇宙空間を模した青色の文字板が特徴。

月面探査、新局面 (2021/1/11 科学技術・大学)

また、宇宙航空研究開発機構(JAXA)とトヨタ自動車は、29年の有人探査を目指し、燃料電池技術を用いた大型探査車「有人与圧ローバ」の共同開発を進める。... インタビュー/JAXA特別参与・若田光一氏...

各国の宇宙開発は年々加速している。... 日本の宇宙関連の研究開発は、世界に引けを取らず進んでいる。「世界の情勢を踏まえ、日本も宇宙開発利用に取り組みたい」と意気込みを語る。

2021予算/宇宙開発、23%増4496億円 (2020/12/28 科学技術・大学)

2021年度の政府全体の宇宙開発関係予算案が20年度比23・1%増の4496億円となることが分かった。... 井上科技相は「宇宙基本計画改定後の最初の政府予算案としてふさわしい力強い結果となった。宇宙...

シチズン時計、チタン腕時計50周年モデル (2020/12/17 機械・ロボット・航空機2)

宇宙開発にちなんだデザインで、ダイヤモンドライクカーボン(DLC)を応用した独自の表面硬化技術「デュラテクトDLC」を施した黒色のチタン製ケースと、宇宙空間を模した青色の文字板を特徴とする。 ...

このうち、世界レベルの研究基盤を構築するための10兆円規模の「大学ファンド」の創設費に5000億円、米国が主導する有人宇宙探査計画「アルテミス計画」などの宇宙開発費に573億円を充てる。... 宇宙関...

首相、はやぶさ2チームに総理顕彰 (2020/12/16 科学技術・大学)

菅義偉首相は15日、首相官邸で開いた宇宙開発戦略本部会合のあいさつで、小惑星探査機「はやぶさ2」による小惑星からのサンプル回収について「わが国の宇宙技術の水準の高さを世界に示すとともに、多くの人々に未...

宇宙開発は一国の科学技術力を象徴する。... 責任者である宇宙航空研究開発機構(JAXA)の津田雄一プロジェクトマネージャは「1号機を超える探査機を作ろうと思ってやってきた。... 「はやぶさ2」はカ...

政府の宇宙政策委員会は3日、国の宇宙開発計画実施方針を示した「宇宙基本計画工程表」の改訂案を示した。... 12月に政府の宇宙開発戦略本部(本部長=菅義偉首相)で正式決定する。 .....

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」は12月6日にも地球帰還後、調査のために直径数十メートルの新たな小惑星に向かう。... はやぶさ2の開発には三菱重工業やNECなどの多くの民...

初代はやぶさと、はやぶさ2の開発や運用に携わった宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所の国中均所長に話を聞いた。 ... だが開発時に海外の製品に欠陥が見られ、何度もやりとり...

宇宙開発が民間主体で進められる時代が到来した。... クルードラゴンはイーロン・マスク氏率いる米スペースXが開発した。... 今回のミッションで話題になったのが、宇宙飛行士が着用した宇宙服だ。

ISSの運用は24年までで利用延長に関する検討はあるが、今後の国際宇宙開発は月近傍有人拠点「ゲートウェー」の建設や月開発に軸足を移していく。... 日本でも三菱重工業やIHIなどの従来の宇宙開発企業に...

石敏鉄工(愛知県碧南市)の石川実良社長は「当社の宇宙部品開発事業に影響が出てきそう。トランプ氏は宇宙開発に積極的で歓迎していたが、それが遅行するのではないかと不安だ」と話した。

ボイジャー2号への電力供給を担っているのが熱電発電で、40年以上過酷な宇宙空間で発電を続けている。 ... 1821年に見いだされたゼーベック効果は宇宙開発での進展を経て、近年、エネ...

日本初の人工衛星「おおすみ」の打ち上げに携わり、日本の宇宙開発をけん引した。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、民間企業や大学、研究機関などが開発した部品・機器、超小型衛星、キューブサットに対し、軌道上実証の機会を提供する「革新的衛星技術実証プログラム」を進めている。...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる