1,024件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

今後、さまざまな用途での応用先が期待され、宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、特に超小型衛星の3軸姿勢制御装置への適用に向けて研究を行っている。 ... 宇宙開発でも、同様に小型化...

研究開発に取り組む大学や企業などの共同事業体に対し、2021年度に3億1000万円を支援。... 内閣府が主導する「宇宙開発利用加速化戦略プログラム」の一環。... 世界的に宇宙技術開発が加速する中、...

その中で、日本は宇宙への輸送機会が少なく宇宙開発が他国に遅れをとりがちだ。... 日本も宇宙旅行などを目的とした有人宇宙輸送システムの研究開発プロジェクトを開始すると発表した。... 宇宙は技術実証の...

経産省は日本宇宙フォーラムなどに委託し、9月末にも日本、ベトナムの研究機関や企業への聞き取り調査を始める。... 日本宇宙フォーラムは衛星開発やロケットの打ち上げ、衛星データの提供、人材育成にかかる費...

38年前の1984年、北海道東北開発公庫(現日本政策投資銀行)が発表した「北海道大規模航空宇宙産業基地構想」に立候補し、以来、延々と地道な推進活動を続けてきた。... 民間企業が単独で開発・製造したロ...

中ロ、月面基地で協力  アルテミス計画には米国と並び人類の宇宙開発を先導してきたロシアや、急速な成長を見せる中国は不参加だ。... 宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の野口聡...

宇宙の生活に「日本食」を (2021/9/20 深層断面)

食品は宇宙開発を支える技術の一つとして期待されている。... 一方、宇宙日本食はJAXAが2007年から食品各社の開発した宇宙食の承認を進めている。... 食は宇宙開発に欠かせない要素であり、宇宙食の...

スペースウォーカーは「誰もが飛行機に乗るように自由に宇宙を行き来する未来の実現」を目指し、再使用型有翼ロケットの研究開発を行うスタートアップ。 ... 次世代の複合材高圧タンクTYP...

宇宙デブリとは、人類が宇宙開発を始めて以来、打ち上げられたロケットや人工衛星、およびそれらの破片である。... 宇宙航空研究開発機構(JAXA)では光学望遠鏡を利用して、これまで状況把握が困難であった...

文科省は米国主導の国際宇宙探査計画「アルテミス計画」に向けた研究開発などに約380億円を盛り込む。24年に探査機を打ち上げる予定の火星衛星探査計画「MMX」や、新型宇宙ステーション補給機「HTV―X」...

丁寧な話しぶりにも宇宙への情熱が伝わってくる。 ... 宇宙開発の機運が高まってきており、衛星データの活用や宇宙空間での発電への期待も膨らむ。... 17年IHI航空・宇宙・防衛事業...

産業春秋/火星衛星探査 (2021/8/23 総合1)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の火星衛星探査計画「MMX」。... 宇宙開発に限らず、スポーツなど多くの分野で日本が世界トップに立つことが増えてきた。... 日本には火星探査の成功例はないし、H3ロ...

地球磁場の勢力圏は遠く宇宙空間にまで広がっており、これを「磁気圏」と呼んでいる。... 情報通信研究機構(NICT)宇宙環境研究室では、地球磁気圏の状況で大きく変動する電子放射線帯の構造や電子の流れの...

アストロスケール(東京都墨田区、小山貴義社長)は、2020年度補正予算に計上された経済産業省の宇宙開発利用推進研究開発(宇宙船外汎用作業ロボットアーム・ハンド技術開発)を受託した。同社は宇宙の持続可能...

宇宙開発ベンチャーの米ブルーオリジンが20日、有人宇宙飛行を成功させた。... (1)については世界中の空飛ぶクルマメーカーが機体開発を競っており、欧米中では既に実用機レベルに達し、数百機の受注がある...

【シアトル=ロイター時事】米アマゾン・ドット・コム創業者ジェフ・ベゾス氏は、米航空宇宙局(NASA)のネルソン長官に書簡を送り、宇宙飛行士を月面に着陸させる宇宙船の製造をベゾス氏の率いる宇宙開発ベンチ...

海外では宇宙開発スタートアップが台頭し、コスト面で優位性を持つ。... 宇宙輸送は将来市場が見込める分野だけに国際的な開発競争が激化している。... 再使用型の開発と並行して宇宙飛行向け輸送機の検討・...

(月曜日に掲載) ◇研究開発部門第一研究ユニット 研究領域主幹 新藤浩之 1996年JAXAの前身の一つである宇宙開発事業団(NASDA)入社。入社以来一貫して宇宙...

月や火星への有人探査や宇宙旅行の実現が現実味を帯びる中、クルードラゴンに搭乗し、3回目の宇宙滞在を終えた宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の野口聡一さんに今後の宇宙開発について聞いた。 ...

国際宇宙ステーション(ISS)で長期滞在を終えた宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の野口聡一さんが地球への帰還後初めて帰国し、9日に都内で会見を開いた。... 今後については「民間の宇宙旅行な...

おすすめコンテンツ

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる