電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

517件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.032秒)

現地調達、地域経済に恩恵 自然エネ財団、洋上風力の効果を分析 (2024/6/28 素材・建設・環境・エネルギー)

自然エネルギー財団は、住民の理解を得るためにも、地域にもたらす恩恵を定量化することが不可欠としている。

降水粒子が極域の温暖化に大きく影響することが新たに分かり、従来の気候モデルで課題となっていた北極における温暖化の過小評価を説明できた。中・長期の気候変動予測の高精度化につながる。 ....

DHLジャパン(東京都品川区、トニー・カーン社長)は、2024年内をめどに、輸送に伴う二酸化炭素(CO2)排出量を個別に見える化するサービスを開始す...

見えなかった価値を定量化できるため、生物多様性を向上させる「ネイチャーポジティブ」活動の評価にも活用できる。植林の成果が金銭価値化して現れるので、企業も資金を投じやすい。... 課題を可視化し、将来の...

多様なパワートレーン(駆動装置)や安全といった日本車の強みを生かしたSDV化を進め、世界での競争力を高める。 応用プログラムインターフェース(API)...

三井海洋開発と日揮グローバル(横浜市西区)は、ブラジル沖の浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)でのメタンを含む温室効果ガス(GH...

顧客が感じる価値をきちんと定量化し、顧客にとって納得性、合理性が高い価格を導けるかがプライシングの成否を左右する。 ... なお、価値の定量化には市場調査と顧客調査の二つの方法がある...

海外拠点へのサイバー攻撃増加 不十分な対策、侵入口に (2024/5/6 電機・電子部品・情報・通信)

人材・スキル不足が課題 供給網リスク管理、自動化と定量・可視化カギ 「セキュリティ成熟度」の向上に向けた課題では「スキルを持つ人材不足」が最多の回答だった。... 平子シニア...

生物多様性、影響定量化が課題 また、バイオものづくりを取り巻く環境には新たな変化が起きている。... 3点目は「生物多様性に与える影響の定量化」である。... つ...

市村清新技術財団、植物研究助成20件を選出 (2024/4/22 科学技術・大学)

▽自然光下にある植物の緑色光の光合成利用を定量的に評価する(河野優・自然科学研究機構アストロバイオロジーセンター特任研究員)▽伊豆諸島神津島のセンブリで見られる奇形花集団の系統的背景と...

3次元可視化に現実味 中身がわからない(対象)物に中性子線を照射して解析し、そこに含まれる元素を3次元で定量化する―。... このため私たちは、ホウ素の緩やかな反応を...

人や車、それらの流れを認識してデータを分析、可視化・定量化する。都市空間の利活用を最適化し街づくりに生かす取り組みとして進める。... AIが人や車の形状を学習、認識し、流れや滞留場所を見える化して解...

各地域で社会課題が複雑化する中、地方自治体では対応しきれない課題を解決し、地域経済の重要な担い手になり得ると期待される。一方、中長期的な事業成長を定量化しにくく、投資家や金融機関からの資金調達に制約が...

新東工業、人的資本情報開示の国際認証取得 活人主義評価 (2024/3/20 機械・ロボット・航空機1)

国際標準化機構(ISO)のマネジメントシステム規格の一つで、組織が自社の従業員に関する人的資本の情報について定量化・分析し、開示するための国際的指標として設けられたガイドライン。...

CTC、再雇用報酬引き上げ (2024/3/12 電機・電子部品・情報・通信2)

例えば「高度専門職コース」では職務や役割で評価するジョブ型制度の要素を取り入れ、正社員のスペシャリスト職と同じ基準で役割の大きさを定量化して等級を決める。

ファイバー型内視鏡で近赤外光を照射し、ラマン分光スペクトル(波形データ)を数理解析して化合物を定量化する。... 特異値分解と主成分分析でグリコーゲンとグルコースをそれぞれ分離して定量...

主力の梱包・物流事業とともに地域に根差した活動を活発化し、環境改善に貢献していく。... さらに活動が派生し、同国での学校設立や奨学金支援、淡水化装置の寄付、医療支援などに結びついている。 &...

東レリサーチセンター(東京都中央区、吉川正信社長)は29日、先端半導体デバイスに用いられる絶縁材料中の電子を捕獲する欠陥制御について、電子スピン共鳴法(ESR法)を用い...

セーフィー/人物検出機能付き録画カメラ (2024/2/26 新製品フラッシュ2)

屋外の現場状況を定量化したい建設業など向けに売り込む。

経産省は製品単位でGHG削減効果を定量化する新たな指標を作り、基盤整備につなげる。 新たな指標は「削減実績量(仮称)」とし、従来製品と機能は変わらないが脱炭素プロセス...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン