電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,078件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

公正取引委員会の藤本哲也事務総長は17日の定例記者会見で、生成人工知能(AI)の関連市場の実態調査を検討していると明らかにした。... 公取委は独禁法上の問題などがないか、2024年内...

日立造子会社のデータ改ざん 造船業界、工程遅れ警戒 (2024/7/18 機械・ロボット・航空機1)

日立造船は特別調査委員会を17日に設置した。... 国土交通省海事局は5日に「NOx放射量確認試験における不正行為の有無等に係る実態調査について」とした文書を船舶用エンジン関連メーカーに送り、9月末を...

「標準的運賃」着実に浸透 トラック事業者、値上げ53% (2024/7/9 生活インフラ・医療・くらし)

3割荷主と交渉せず 国交省調査 国土交通省はトラック運送事業者の適正な運賃収受を後押しするために策定した標準的運賃について、1月から3月にかけて実態調査を実施し53%...

厚生労働省は介護現場で働く外国人材の転職状況について、9月にも初の実態調査に乗り出す方針を固めた。... 転出・転入の実態や、定着に向けた対応状況などを把握する。 ... 実態調査で...

価格や荷室の広さ、安全性、航続距離などユーザーの利用実態でニーズも分かれるのではないか」との声が聞かれる。 日本自動車工業会(自工会)の「軽自動車の使用実態調査」でも...

小規模事業者を含めた実態調査は初めて。... ただ、岡山県吉備中央町では2023年10月、浄水場から国の基準値の28倍に当たる濃度が検出され、汚染状況の実態を全国的に把握する必要があると判断した。調査...

東商、株式評価額をウェブで簡単試算 中小向けに事業承継対策 (2024/6/25 中小・ベンチャー・中小政策)

株式移転では評価額により有効な対策が異なるため、自社株式評価額の認識が重要だが、東商が2月に公表した実態調査では中小企業の約33%が過去に自社株式の評価を実施したことがなかった。

裏読み科学技術(119)生成AI役割大きく (2024/6/24 科学技術・大学)

中堅・中小企業向けの実態調査が報告された。「生成AI日常利用2割、リブ・コンサル中堅・中小調査、営業や経営計画関連に」(同31日付)。

個々の企業の実態に応じたジョブ型人事の導入を進めるため、その導入範囲や等級・報酬制度、労使関係などを整理した「ジョブ型人事指針」を24年夏に公表する。... クリエーターらを対象に、労働慣行や取引慣行...

政府は制度の活用実態を調査し、各組合への制度周知を進める。中小企業が価格転嫁に向け、自社のコスト構造を可視化しているかも2024年度中に実態調査する。

ホンダ、10月に軽商用EV投入 電動化で巻き返し (2024/6/14 自動車・モビリティー)

日本自動車工業会(自工会)の23年度の「軽自動車の使用実態調査」によると、軽ユーザーでEV購入意向を持つのは約2割。

ALL DIFFERENT(東京都千代田区、真崎大輔社長)とラーニングイノベーション総合研究所が実施した「人事部の実態調査」によると、人事部が取り組みたい課題は2年連続で「人材...

【名古屋】愛知県経営者協会は「高年齢者活躍に関する取組み実態調査報告書」を発行した。... 高年齢者を雇用する企業が増えている実態が明らかになった一方、企業内で制度の制定が追いついていないなどの課題も...

リブ・コンサルティング(東京都千代田区、関厳社長)は、中堅・中小企業向けに生成人工知能(AI)に関する実態調査を実施し、約2割が日常利用(週に数回程度以上...

公正取引委員会は29日、電気自動車(EV)の充電サービスに関する実態調査の報告書を公表した。... また、調査では自治体が料金設定する充電サービスの約8割が無料か、運営費用を賄えないほ...

中小の取引環境適正化 経済産業省・中小企業庁と公正取引委員会は自社や取引先の資本金を操作して下請法の適用対象外とする「下請法逃れ」の実態調査に乗り出す。... 実態調査後に、下請法逃...

ヒューマンメディア(東京都港区)の調査では、21年の日本の市場規模が12兆9000億円で、57兆3000億円の米国、27兆2000億円の中国に次ぐ規模となっている。 ...

労務費転嫁や受発注企業の協議などについての実態把握に乗り出す。2024年中に調査結果を取りまとめる。 ... 公取委は過去の調査で価格転嫁に関する実態把握や課題の整理などに取り組み、...

所管する公正取引委員会はスマホOSなどに関する実態調査を行い、23年に報告書を公表。

海外拠点へのサイバー攻撃増加 不十分な対策、侵入口に (2024/5/6 電機・電子部品・情報・通信)

海外拠点のセキュリティーレベルの低さが組織全体の弱点になり得ることは、トレンドマイクロが23年6月に企業の情報セキュリティー担当者ら304人を対象に行った「セキュリティ成熟度と被害の実態調査2023」...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン