67件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

産業春秋/真の敗因 (2021/6/7 総合1)

経済協力開発機構(OECD)が2021年の実質経済成長率の見通しを改定した。... 海外経済の改善で、日本の生産や輸出は回復傾向。外需が経済成長のけん引役になるだろう。

21年の実質経済成長率予想を6・5%へと大幅に引き上げる一方、新型コロナウイルス危機からの持ち直しに時間がかかると想定。... 21年の実質経済成長率(10―12月期の前年同期比)は6・5%と、198...

【広島】中国電力エネルギア総合研究所は2021年度の中国地方の実質経済成長率をプラス3・4%と予測する。... 20年度は新型コロナの影響を年度を通じて受けることから、実質成長率をマイナス6・1%と予...

「15カ月予算」成長へ起爆剤 (2020/12/22 総合1)

新しい経済対策ではコロナ禍で落ち込んだ需要を公的支出で下支えしつつ、デジタル化やグリーン化を軸に自律的・持続的な成長への芽を育てる取り組みを急ぐ。... 政府は21年度の実質経済成長率が、経済対策の効...

経済協力開発機構(OECD)は最新の世界経済見通しで、2020年の日本の実質経済成長率がマイナス5・3%に、21年は2・3%になるとの推計結果を示した。... いずれも、世界経済全体の成長率を下回ると...

中国地域、経済減速 中国電エネ総研が来年度見通し (2020/2/12 建設・生活・環境・エネルギー2)

【広島】中国電力エネルギア総合研究所が独自の計量経済モデルを使い算出したところ、2020年度の中国地域の実質経済成長率は0・5%の伸びにとどまる見通しだ。19年度予想成長率0・7%を下回る。... 米...

【ワシントン=時事】国際通貨基金(IMF)は25日、年次対日審査の終了に際して声明を発表し、米中貿易摩擦が日本に及ぼす影響を踏まえ、今年の実質経済成長率の見通しを10月時点の0・9%から0・8%に下方...

金融・地政学リスク注意 10月に国際通貨基金(IMF)が発表した「世界経済見通し」によれば、世界全体の実質経済成長率は2018年の3・6%から19年に3・0%まで減速した後、20年に...

政府は18年度の経済見通しで実質経済成長率を1・8%とした。... 経済成長の柱が企業部門だけに、リスク要因を挙げるとすれば、海外経済の下振れということになる。... それがさらなる経済成長の押し上げ...

2018年の日本経済は、好調な企業収益や米国や中国をはじめとする堅調な海外経済に支えられて、緩やかな成長を持続するものとみられる。... こうした良好な経済指標を踏まえて、政府は18年度の経済見通しで...

鶴見製作所、ベトナムに子会社設立 (2017/3/28 機械・ロボット・航空機2)

ベトナムは直近10年で実質経済成長率が平均6%で推移するなど堅調に成長している。

財界との会合では「経済成長なくして民主主義は根付かない」とも述べ、信頼できるパートナーの日本企業にミャンマーの雇用創出や経済成長につながる投資の促進を求めたとされる。 ... 特に、...

【アベノミクスに暗雲−世界金融市場、円高・株安に警戒感】 政府は16年度の実質経済成長率を1・7%と見通し、うち15年度補正予算案だけで0・4%の押し上げ効果があるとはじく。 ...

政府が見通す2016年度の実質成長率1・7%に日本経済は接近できるのか、遠のくのか。... 日本政府は16年度の実質経済成長率見通し1・7%のうち、内需寄与度をプラス1・8%、外需寄与度をマイナス0・...

―中国経済の現状をどう見ていますか。 ... 産業別の実質経済成長率は、二次産業の伸びが低下する一方で三次産業は前年比8%台の成長を維持している。... マクロの経済指標だけでなく業...

【広島】中国地方の2016年度の実質経済成長率見込みは、2・0%の伸びとなる。... 15年度の成長率も2・0%と予想、中国経済の不安定要素などがあり、前回予測よりマイナスとなった。 ...

【広島】中国地域の2015年度の実質経済成長率は、前年度のマイナス0・9%成長から一転、プラス2・1%の見通しとなった。... 15年度の実質域内総支出は、米国の実質経済成長率をプラス3・0%、為替レ...

足元の実質経済成長率はマイナスだが、企業トップが感じている景気の状況は必ずしも悪くないこと意味する▼経済3団体のパーティーであいさつした安倍晋三首相は「今年も経済が最優先。昨年末に経済対策や税制大綱を...

政府の経済財政諮問会議の民間議員が概算要求を事後点検したところ、成長分野に重点配分する特別枠「新しい日本のための優先課題推進枠」はその約8割が継続的案件で占められていた。 ... 14年7―9...

解散・総選挙の争点は安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の評価だ。... 15年10月に予定していた消費税再増税を17年4月に先送りしたことで、15年度の実質経済成長率は増税実施時より上振れるのが確...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる