54件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

デジタル化によるデータ駆動型の大学教育では、オンライン・対面授業の最適な組み合わせ、学修管理システム(LMS)による個別支援、教材共有などの浸透を図る。... 提言は、大学教育はオンライン授業の効果的...

東北工業大学は図面トレースなど普通科の高校または工業高校の出身の違いで経験差があることを背景に、対面による「同じ教室で教え合い刺激し合う重要性」を訴えた。... 一方で、オンライン授業のメリットも報告...

実践教育を強化し、学部3年次から研究ベースの授業ができる体制を目指す。... 「以前から一部の教員がオンライン授業を取り入れていた。... 対面授業の付加価値を高めたい」 ―産学連携...

オンライン授業の満足度では、「満足」が56・9%で「満足していない」の20・6%を大きく上回った。 ... 学年別でもほぼ同じ傾向で、授業の大半がオンラインだったという学生は6割近く...

コロナ禍にもかかわらず、1カ月ほどの準備で20年6月に対面授業を再開。... 同年5月にはオンライン授業を開始し、学生たちをキャンパスに迎え入れるための準備を急いだ。 対面授業再開に...

オンライン授業のウェブ会議システムでは、授業運営補助をするティーチングアシスタント(TA)として大学院生らが活躍した。... 対面授業に学生が集まっても密とならず、扇風機や窓開けの換気で十分な安心感が...

対話の糸口となる対面授業は「感染対策を行いつつ、新入生とは週2回程度の登校の機会を大事にしたい」と語る。

大学3年生以上の学生に対し、市場のリアルなデータを使い特定の問題を解く実践的な授業を20年9月から始めた。 ... 19年からは数理DSの授業をeラーニングで配信する取り組みを開始。...

授業に緊張感 「ウェブ会議システムで十数人のオンライン授業をすると、対面の時より緊張感が伴うようだ」と分析するのは、金沢工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科教授の加藤浩一郎...

21年度はコロナ禍に対応し、3密(密閉・密集・密接)を回避しながら可能な限り対面授業を行う。また状況に応じてオンデマンド型を中心としたオンライン授業を取り入れる。

同大学は対面授業の比率を少しずつ元に戻す目標を定めた。 ... 他方、「教員に質問をしやすくなったという声も聞く」と遠隔授業の利点を述べる。 ... 「来年度は対面...

埼玉大、対面割合50%に 来年度開講授業 (2021/3/18 大学・産学連携)

【さいたま】埼玉大学は2021年度に開講する授業のうち対面授業の割合を少なくとも50%にする目標を示した。同大学の調査によると20年度後期授業は、14・5%が対面のみや、対面と他の方式を併用して授業を...

手技や臨場感体感 費用、産学連携がカギ 非対面・非接触で学習できる仮想現実(VR)教材の導入が医療系の教育機関で広がっている。新型コロナウイルス感染拡大で、医療従事者を目指す学生が、...

新型コロナウイルス感染症で20年度はすべてオンラインになったが、阿部真育特任准教授は「対面とオンラインとの習熟度比較が可能になり、ポストコロナ社会におけるDS教育の検討が進む」としている。 &...

産能大、25日にウェブでFD研修 (2021/2/16 科学技術・大学)

同大は新型コロナウイルス感染症対策で20年度上期の全講義をオンライン授業とし、後期からゼミ中心の演習科目で対面授業を再開した。オンライン授業でも同大の特徴であるグループワークを最大限取り入れた。オンラ...

感染防止のため教室の対面授業は制限され、パソコンやスマートフォン端末を通じたオンライン授業の比率が高まった。オンライン授業だと好きなときに学べる利点がある一方で、勉強ができる子とそうでない子の差は開き...

オンライン授業は自分で勉強できる子・できない子の差が顕著に表れる。前者は上級問題を自分で探索しレベルアップできるが、後者は「授業を聞いても理解できず、どんどん取り残される」と指摘する。 ...

文部科学省は23日、新型コロナウイルス感染防止のため、後期授業を対面で行う割合が半分に満たない国公私立大など377校を再調査した結果を、大学名と共に公表した。... 萩生田光一文科相は11月下旬、国公...

コロナ禍で学校での授業がなくなり、在宅で算数などを理解できなくなっている子どもを支援するツールとして塾などに提案する。... ユニボ先生は卓上サイズで顔面を黒板として活用でき、机に置いて“対面”授業が...

対面授業と比べて教育の質を落とさないよう講義合間のクイズ、終了後の課題提出、質問受け付けの機会設定などが奨励された。 ... 後期に入って対面授業は一部再開され、登学をずらしたり、大...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる