36件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

ガリュー/除電ブラシ、自己放電で外部電源不要 (2020/1/13 新製品フラッシュ2)

ガリューは自己放電する有機導電性繊維を使用した「除電ブラシガン・ペンタイプ」を発売した。... 自己放電する有機導電性繊維を使用し、通常除電に必要な外部電源が不要。

セーレン、導電性繊維を拡販 回路パターンを布地に形成 (2020/1/10 電機・電子部品・情報・通信2)

【福井】セーレンは導電性繊維を工業用途の電極や配線などに向けて拡販する。... 導電性に優れた仕様で、銅と銀の複合仕様の抵抗値は、一般の導電ペーストの1割弱の水準を実現した。... プラットを含め、導...

ガリュー、除電ブラシガン 自己放電で異物除去 (2019/11/28 機械・ロボット・航空機2)

ガリュー(東京都杉並区、窪田千夏社長、03・6765・0099)は、自己放電する有機導電性繊維を使用した「除電ブラシガン・ペンタイプ=写真」を12月1日に発売する。... 同製品は自己放電する有機導電...

導電性繊維上に取り付けたセンサーで、体温や脈拍などのバイタルデータや、音や紫外線など周辺環境のデータを取得。

同社の導電性繊維を使ったシャツに生体センサーを装着し、着用者の心拍や、加速度などの生体情報を高精度に測る。大阪大学や日本気象協会と開発した、着用者の生体データを個別解析する独自のアルゴリズムで、作業者...

経営ひと言/クラボウ・藤田晴哉社長「万博への思い」 (2019/4/8 素材・医療・ヘルスケア)

一方で「当社のロボットセンサーや導電性繊維を使ったスマート衣料などの技術が、万博に活用される可能性もある」と、商機獲得にも余念がない。

クラボウは祖業の繊維事業の成長戦略として、素材の単体売り中心からの脱却を図る。... 導電性繊維を用いた同社のスマート衣料「スマートフィット」などの独自技術を活用し、用途開拓や顧客のニーズ解析などを担...

同社の導電性繊維を使ったシャツに生体センサーを装着し、着用者の心拍や加速度などの生体情報を高精度に測る。... 東洋紡のフィルム状導電素材「COCOMI」も、競走馬の体調管理などを行うシステムに使われ...

クラボウ、暑熱作業リスク管理を提案 スマート衣料活用 (2018/5/25 素材・ヘルスケア・環境)

クラボウは24日、導電性繊維や生体センサーを組み合わせたシャツ型スマート衣料を使い、暑熱環境下での作業リスク管理支援システム(写真)を開発し、28日からサービスを始めると発表した。作業者の心拍、加速度...

ミツフジ、京都に銀メッキ導電性繊維の新工場 (2018/3/15 素材・ヘルスケア・環境)

【京都】ミツフジ(京都府精華町、三寺歩社長、0774・95・2201)は、京都新光悦村(同南丹市)にウエアラブル関連製品に使う銀メッキ導電性繊維を生産する京都工場(仮称)を建設する。... 現在、銀メ...

グンゼはRIZAP(東京都新宿区)と共同で筋力トレーニングの効果を可視化できるスマートウエア(生体情報を計測できる衣料)「筋電WEAR」を開発した。... グンゼの導電性繊維を使った「衣料型ウエアラブ...

ミツフジの着衣型ウエアラブル端末は、銀メッキ導電性繊維を用いており、作業者の心拍などを測定できる。

三菱UFJ技術育成財団(東京都港区、玉越良介理事長、03・5730・0338)は、研究開発助成金事業で2017年度の第1回採択分として、導電性繊維を活用したスマートウエア開発や「壊れないギア」の研究開...

導電性繊維はスマホ用手袋の材料となることから、需要が急速に膨らんでいる。... 金属布と導電繊維は、技術面で親和性が高いという。そこで、ダイワボウグループから導電繊維事業を継承した。

【仙台】エーアイシルク(仙台市青葉区、岡野秀生社長、022・724・7092)は、シルク生地に導電性高分子を印刷できるプリンターを開発し、3月に受注を始める。... 印刷したシルク生地は高い導電率を持...

【導電素材に商機】 この端末を提供するのが、導電性繊維メーカーのミツフジ(京都府精華町)。... 導電性素材の活用機運は高まりつつある。米デュポンは伸縮可能な導電インクを利用し、心電...

従業員の健康状態が労働生産性に与える影響は大きく、健康増進で生産性向上と医療費適正化などの「健康経営」に取り組む企業が増えている。... 導電性繊維メーカーのミツフジ(京都府精華町)との共同開発。心電...

アトラ、ミツフジ株取得へ (2016/8/8 総合3)

アトラは導電性繊維メーカーのミツフジ(京都府城陽市)に資本参加すると発表した。

わが社のモットー/シバタテクノテキス (2016/7/5 モノづくり基盤・成長企業)

導電性繊維と天然繊維を組み合わせ、普通の布にしか見えない導電性織物を開発。

セーコー、踏むとチャイムで報知する離床センサー (2016/6/7 モノづくり基盤・成長企業)

【札幌】セーコー(札幌市西区、三井尚子社長、011・643・1811)は、北海道立総合研究機構工業試験場と連携し、導電繊維を活用した離床センサー「布マットセンサー」を開発した。... 布マットセンサー...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる