36件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

小児がん疼痛患者へ適応を広げる。... フェントステープは、中等度から高度のがん性疼痛の治療薬として2010年4月に久光製薬が製造販売承認を取得。... 14年には中等度から高度の慢性疼痛における鎮痛...

バックキャスティングはもともとスウェーデンの環境教育団体ナチュラルステップ創設者のカール=ヘンリク・ロベール博士が提唱者だが、彼は小児がんの権威で当時のカール16世グスタフ国王がこの考えを称賛し、自ら...

5月末までに2500万円を目標に資金を集め、新生児・小児用の救急車や医療器具の購入、コンピューター断層撮影装置(CT)・磁気共鳴断層撮影装置(MRI)室の子ども向け装飾を行う。 同病...

イラクの小児がん患者らを支援するNGO「日本イラク医療支援ネットワーク」(同新宿区)が冬季限定で実施するチョコ募金も14年目。... 缶のふたには、シリアやイラクの小児がん患者が描いたかわいらしいタン...

開発した抗がん剤をより広い市場で展開したい」 ―現在創薬を目指しているがんの分野は。 「血液のがんを中心に開発を進めている。... 「小児がんや若い人のがんなどを適...

「当社の免疫細胞療法で、小児がんの末期患者さんの脳腫瘍が消滅した。免疫でがんが治せる可能性があることを知った幸せな瞬間だった」とほほえむ。

このがん細胞の不死性に対して対策を講じれば、がん治療の方法になる。 ... ALTのがんは小児がんに多い。治療法は一部あるものの、副作用が大きく、小児に対してはハードルが高い。...

大阪商工信金社会貢献賞はこれまで、障がい児や小児がん、虐待問題などを支援する団体90以上を表彰している。

遺伝子の傷に加え、遺伝子の働き方の変化が、がん化に果たす重要性がわかった。すい臓の炎症を抑えて脱分化を防ぐがん予防法が期待できる。 ... 研究グループは2014年に、体細胞の不完全...

尿からがん判別 日立、20年代実用化目指す (2018/4/17 素材・ヘルスケア・環境)

2020年代初めにも、尿を用いたがん検査の実用化を目指す。 実証ではがん患者と健常者の約250の尿検体を対象に実施。... その代謝物の増減により、小児がんや大腸がん、胆道がんのリス...

「小児がんは進行が早く薬の副作用も大きい。

がん治療で著名な米MDアンダーソンがんセンター(テキサス州)など北米の主要の医療機関で稼働しており、アジアでも香港養和病院、シンガポール国立がんセンターなどで受注している。... 粒子線治療のうち、陽...

小児がんに重点を置いた新粒子線治療施設は、がん細胞にピンポイントで照射できる陽子線治療を提供する。... 神戸大学大学院医学研究科・医学部は診療、研究、教育の新拠点である国際がん医療・研究センター(仮...

アメリカンファミリー生命保険はがんで親を亡くした高校生などを対象とした奨学金制度の募集を11月から始める。... 親をがんで亡くした高校生120人、小児がんを患った経験がある高校生20人に対し、高校卒...

「がん研究で15―39歳の『AYA(アヤ)世代』は『忘れられた世代』だった」と語るのは、東京大学大学院医学系研究科教授の間野博行さん。 ... そんなAYA世代にも、成人がんや小児が...

上越工業(新潟県長岡市、0258・95・4111)の元井憲雄社長が率いるバンドが、6月26日に同市で開かれる小児がん医療への協力を呼びかけるチャリティーコンサート「『天使の泉』チャリティーコンサートi...

エンターテインメント・プロダクションの米フェルド・エンターテイメントはがん研究支援に100万ドル以上を拠出すると発表した。米小児腫瘍医でハンツマンがん研究所所属のジョシュア・シフマン博士らのチームが、...

小児科の医師でもあり、専門は小児の血液・腫瘍学。大学は三重大学一筋だが、小児がんで世界トップレベルの研究と実績を誇る米セントジュード小児研究病院(テネシー州)や三重県庁などでの勤務も経験した。 ...

オーストリアのバイオテクノロジー企業「アペイロン バイオロジックス」は、がん治療関連の臨床研究を手がける。... 同社の代表的な開発品は重篤な小児がんである神経芽腫に対する免疫治療剤「APN311」。...

20年ごろまでの達成目標としてはほかに▽医療機器の輸出額を11年時点の5000億円から1兆円に倍増▽国内医療機器市場を11年時点の2兆4000億円から3兆2000億円へ拡大▽小児がん・難治性がん・希少...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる