205件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

3社は18年度に小型ドローン27機で高度150メートルを30メートル間隔で飛ぶ隊列飛行と、高度2000メートルの単機飛行も成功させている。... 事業化に当たりドローンを提供するカナモトも協力企業に加...

一方でドローンのハード自体も独自開発。... ただ一般的なドローンの飛行可能時間は20―40分程度しかない。... ドローンに搭載する電源を、現在のリチウムイオンポリマー電池から、小型ガソリンエンジン...

農薬散布に使える大型機種から200グラム未満の小型タイプまで多彩なモデルを展示する。... ドローンの市場調査を本格的に進め、DJI製品に着目した。... ドローン販売は既存事業との相関性が低いと考え...

スマートフォンやドローンには多くのセンサーが内蔵されているが、これらにとって地図はGPS電波である。 ... この技術をドローンに展開すれば、人が踏み込めない場所の高精彩な3D撮影も...

東京流通が持つ物流施設の一部をドローン飛行の実験場に使用。アイ・ロボティクスが提供するドローン技術を生かして庫内実証実験を重ね、将来的な事業化を見据えた高度・高効率の運営管理方法の開発を目指す。...

天井内の点検に小型飛行ロボット(ドローン)を活用する試みは全国で初めて。 ... 使用するのはアイ・ロボティクス(東京都新宿区)の開発した小型のドローン。... ドローンは幅約10セ...

フジタは30日、地上から電力供給を受けながら約4時間の長時間にわたり空撮できる「建機追従型有線給電ドローン」を開発したと発表した。... 有線給電飛行ロボット(ドローン)は建機の外部に設置した小型ヘリ...

安価な小型ドローンは現在、中国製が多数を占めているが、飛行データのセキュリティー保全の見地から政府や企業の間で中国製への警戒感が強まっており、国産を強調して売り込む。 ... ドロー...

金沢工業大学は、金沢エンジニアリングシステムズ(金沢市)、組込みシステム技術協会と共同で、固定翼を持つ垂直離着陸(VTOL)型の小型飛行ロボット(ドローン、写真)を試作した。... 機体設計を担当した...

私は大学研究室で蓄積してきた、小型無人航空機(ドローン)の自律制御技術の研究成果を基礎に、研究成果ベンチャーとして13年11月、株式会社として自律制御システム研究所(ACSL)を創業。... ドローン...

荷物輸送実証 ドローン航行管理・安全性検証 ドローンの実証実験では10―12月に豊田市、新城市、南知多町の山間部や離島での荷物輸送の実証実験を行った。... ドロ...

輝け!スタートアップ(23)ボールウェーブ (2019/12/19 中小・ベンチャー・中小政策)

17年はハイエンド向け微量水分計、翌年には小型高速微量水分計を相次いで市場投入した。... 18年に市場投入した常時計測可能な小型微量水分計「ファルコントレースミニ」は、空気・窒素中の水分を1ppm(...

ドローン操縦者の隣にモニターを設置し、リアルタイムに撮影映像の確認ができたほか、気になるポイントの詳細も即座に調べられた。 球体ドローン「ELIOS(エリオス)2」を使用して、日本橋...

小型ドローンのスウォーム攻撃は中国軍が世界で最も優れた技術を持っているといわれており、高出力レーザーと合わせて防衛能力を強化する。 マイクロ波評価装置の試作機を完成し、出力やビームパ...

【総合的に分析】 米プラネットの超小型衛星「Dove」が撮影した画像からブドウの葉が近赤外線を反射する強さを、ドローンに搭載したマルチスペクトルセンサーなどから精密データをそれぞれ取...

29事業者がドローンを一斉に飛ばしてUTMの運用性を検証した。... 中国DJIは日本市場向けに重さ199グラムの小型ドローンを製品化した。... ただ小型ドローンが業務用ドローンに衝突すると重量物が...

三菱電機、測位端末を小型化 (2019/11/7 電機・電子部品・情報・通信2)

小型で軽量、省電力化を実現し、ドローンなどへの搭載が可能。

テクノメッセ東大阪開幕、体験コーナーで発信 (2019/11/7 中小企業・地域経済2)

飛行ロボット(ドローン)メーカーのマゼックスが小型ドローン操作(写真)、産業用保護具を手がける山本光学がスマートグラス「バーサタイル」の装着体験を提供する。

KDDI、携帯基地局搭載ヘリ実証成功 直径2kmで通信可能 (2019/11/7 電機・電子部品・情報・通信1)

ヘリコプターに小型・軽量化した基地局を載せて上空から電波を出し、携帯電話による通信が可能なエリアを構築した。... KDDIは飛行ロボット(ドローン)に基地局を搭載して遭難者救助に役立てる実証を実施し...

実験では名古屋鉄道三河線の廃線跡の一部区間をドローンの専用空路に見立て、全地球測位システム(GPS)と、携帯電話の高速通信であるLTE通信によるリアルアイム映像を活用して廃線跡を追従飛行する。... ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる