電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

122件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

経営ひと言/安川電機・小笠原浩会長「ロボで一貫生産」 (2024/4/3 機械・ロボット・航空機2)

「今回で完成形になる」と胸を張るのは安川電機会長の小笠原浩さん。

安川電機、福岡で特区法人指定に ロボ工場建設 (2024/3/29 機械・ロボット・航空機)

同日、福岡県庁で服部誠太郎知事から小笠原浩会長が交付を受けた(写真)。... 交付式で小笠原会長は「ロボット自身が工場を動かす最先端工場にする。

安川電機の小笠原浩会長やTOTOの清田徳明社長ら政財界から約1000人が参加した。

2016年、安川電機の小笠原浩会長は社長就任に際した所信表明の場で、胸に秘めていた前述の言葉を投げかけた。... 小笠原氏は入社してからある疑問を抱く。

【福岡】福岡県工業技術センタークラブ(福岡県筑紫野市)は、新会長を安川電機の小笠原浩会長に決めた。小笠原会長は「会員企業が自信を持てるような取り組みを後押ししていきたい」と話し、幅広い...

安川電機の小笠原浩会長や、北九州市の北橋健治前市長など政財界の多くが献花に訪れた。

日本電機工業会(JEMA)は5日、小笠原浩氏(67、安川電機会長)の後任に、東芝社長の島田太郎氏(56)を選出したと発表した。

【福岡】福岡経済同友会の3人の代表幹事のうち2人に、九州電力の瓜生道明会長と安川電機の小笠原浩会長が就任した。... 瓜生氏は「皆さんと一緒に議論していきたい」と述べ、小笠原氏は「グローバル、デジタル...

新社長登場/安川電機・小川昌寛氏 モノづくりの進化加速 (2023/4/24 機械・ロボット・航空機1)

《前社長の小笠原浩会長から「突っ走るところなど、馬が合う」と評された。... 小笠原会長とは、モノづくりの新たな自動化コンセプト『アイキューブメカトロニクス』をともに成長させた》&...

経営ひと言/日本電機工業会・小笠原浩会長「競争に勝つ」 (2023/3/22 電機・電子部品・情報・通信)

「景気の不透明感が増す中でも企業の設備投資に底堅さがある」と話すのは、日本電機工業会(JEMA)会長(安川電機会長)の小笠原浩さん。

同日会見した小笠原浩会長(安川電機会長)は「産業分野全般の設備投資も国内、海外ともに緩やかな増加傾向が継続する」とし「部材不足の影響は継続しているが、状況は改善に向かっている」とした。...

ロボ各社、供給網を強化 生産安定化へ体制整備 (2023/1/16 機械・ロボット・航空機2)

安川電機の小笠原浩会長兼社長は23年のロボット受注について見解を述べる。... 「23年の設備投資のメーンコンセプトは内製化」(小笠原会長兼社長)とし、新工場建設に着手してコア部品の内...

若返りが会社にとってベストと決断した」と話すのは、安川電機会長兼社長の小笠原浩さん。

―2023年の景気をどう見ていますか。 「米国は確実に落ちるだろう。中国や欧州連合(EU)、日本がどうなるか。

安川電機・小笠原浩会長兼社長 全体最適を意識 変化に対応するには個別でなく全体最適を意識する。

これらがキャンセルされる可能性は低く、安定した生産につなげられるだろう」(安川電機の小笠原浩会長兼社長)と大手ロボットメーカー首脳らが描く事業展望は明るい。

小笠原浩会長兼社長(67)は代表権のある会長に就く。... 小笠原会長兼社長は小川氏を「議論ができる熱い男」と評す。... 小笠原浩会長兼社長は「当社が向いている方向へリードするパワー...

検証2022/産ロボ、成長傾向鮮明 世界的な自動化需要 (2022/12/14 機械・ロボット・航空機2)

安川電機の小笠原浩会長兼社長は「中国は電気自動車(EV)関連でも需要が強い。

企業からは「工場増設を検討する場合、日本が選択肢に入ってくる」(安川電機の小笠原浩会長兼社長)との声が挙がり、国内サプライチェーンに変化をもたらす可能性もある。... 国内のほか、中国...

経営ひと言/JEMA・小笠原浩会長「合わせてつくる」 (2022/11/29 電機・電子部品・情報・通信)

「しばらく落ち着く見通しは持っていない」と話すのは、日本電機工業会(JEMA)会長(安川電機会長兼社長)の小笠原浩さん。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン