166件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

次にトンネル坑内で段ボールの耐候性を試験すると、乾けば強度が戻り約1年は持つ。... 高い加工精度でトンネル曲線部に隙間なくはまり、組み立て時の端材を極小化した。... 3層構造で強度と耐久性がよい特...

トンネル工事での車両情報、位置・走行方向を検知 鹿島がシステム (2020/3/24 建設・生活・環境・エネルギー1)

鹿島は23日、トンネル工事で坑内と坑外の車両位置をシームレスに測位し、現場全域の運行を一元管理できるシステム(写真)を開発したと発表した。... トンネル掘削の1サイクル時間当たり車両待機時間を約10...

三井住友建設は山岳トンネル工事の覆工コンクリート打設システム「自動de覆工」を現場に初適用した。福島県で施工中の「国道118号(仮称)田代トンネル工事」に導入し、作業員を通常の6人から5人に減らすとと...

フジタなど、多機能機械を開発 ロックボルト遠隔打設装置搭載 (2020/1/29 建設・生活・環境・エネルギー1)

フジタは28日、古河ロックドリル(東京都中央区)と山岳トンネル工事向けにロックボルト遠隔打設装置「ロックボルタ」を載せた多機能機械を共同開発したと発表した。ブームが3本あるトンネル掘削機「ドリルジャン...

戸田建とRist、AIで切羽評価支援システム共同開発 (2019/12/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

戸田建設はRist(東京都目黒区)と人工知能(AI)を使った山岳トンネル工事の切羽(掘削面)評価支援システム「T―FaceAI」を共同開発した。... 新名神高速道路宇治田原トンネル工事で試行運用し、...

安藤ハザマ、切羽の地質を自動計測 観察作業を省力化 (2019/12/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

安藤ハザマは11日、山岳トンネル掘削時に切羽(掘削面)の地質を短時間で自動的に計測し、地質情報を定量的に評価する「切羽地質情報取得システム」を開発したと発表した。... 2現場で運用しており、今後は順...

前田建設工業は古河ロックドリル(東京都中央区)、マック(千葉県市川市)と共同開発した鋼製支保工建込みロボットを国土交通省発注の山岳トンネル工事に導入し、省人・省力化などの効果を確認した。

戸田建と岐阜工業、レール移動作業を自動化 作業を1人に省人化 (2019/11/29 建設・生活・環境・エネルギー)

戸田建設と岐阜工業(岐阜県瑞穂市)は28日、山岳トンネル工事のレール移動作業を自動化する「急曲線対応型自動レール移動システム」を共同開発したと発表した。... 戸田建設が施工中の福島県博士トンネル工事...

JR東海、リニア中央新幹線の神奈川県駅を着工 27年開業目指す (2019/11/25 建設・生活・環境・エネルギー)

難工事が想定される都市部の接続駅、山岳・大深度地下トンネルを先行して工事を進めている。

清水建設と岐阜工業、覆工コンクリ打設自動化 システム共同開発 (2019/11/20 建設・生活・環境・エネルギー2)

清水建設と岐阜工業(岐阜県瑞穂市)は、山岳トンネル工事の覆工コンクリート打設作業を自動化するシステムを共同開発した。

安藤ハザマと古河ロックドリル(東京都中央区)は19日、トンネル坑内に設置した中央制御室から、トンネル掘削機「ドリルジャンボ」による穿孔(せんこう)作業を遠隔操作するシステムを共同開発したと発表した。....

大成建設はBASFジャパン(東京都中央区)、デイ・シイ(川崎市川崎区)と共同でトンネル支保工に使う吹付コンクリートの強度を従来比2倍以上にし、施工性を高めた吹付コンクリート「T―HPSC100」を開発...

西松建、覆工コンクリ施工作業を機械化 トンネル工事に導入 (2019/10/28 建設・生活・環境・エネルギー)

西松建設は岐阜工業(岐阜県瑞穂市)と山岳トンネル工事の覆工コンクリート施工作業を機械化し、省人・省力化を図れる「自動化セントル」を共同開発した。... 2019年度に自社トンネル工事に導入、20年度に...

三井住友建、適正火薬量の自動算定 宮城の工事に適用 (2019/10/23 建設・生活・環境・エネルギー)

三井住友建設は山岳トンネル工事の発破掘削作業で火薬適正量を即時に自動算定するシステム「きれいni発破=写真」を、宮城県で施工中の三陸沿岸道路気仙沼1号トンネル工事に初めて適用した。... 同システムは...

西松建、トンネル工事のエネ管理 換気消費電力4割減 (2019/10/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

西松建設は16日、山岳トンネル工事の使用電力量を即時に把握し、現場で稼働する機械・設備の使用電力量を低減するエネルギー管理システムを開発したと発表した。国内3現場の4トンネルに適用し、導入前比で坑内換...

トンネル掘削で画像自動判別 安藤ハザマ、切羽作業向けシステム開発 (2019/10/16 建設・生活・環境・エネルギー2)

山岳トンネル工事で重要な切羽(掘削面)作業内容を、監視カメラで撮影した画像から人工知能(AI)を使い自動判別する。

佐藤工業など、3D出来形管理システム ロックボルト位置自動検出 (2019/10/8 建設・生活・環境・エネルギー1)

佐藤工業は7日、ユニアデックス(東京都江東区)、日本ユニシス・エクセリューションズ(同)と共同開発した山岳トンネルの3次元(3D)出来形管理システム「出来形マイスター(トンネルPKG)」にロックボルト...

安藤ハザマ、最適な発破パターン作成 トンネル工事最適化 (2019/10/8 建設・生活・環境・エネルギー1)

安藤ハザマは山岳トンネル工事の発破作業を最適化する「発破パターン作成プログラム」を開発した。... 自社施工の四つのトンネルに導入し、発破作業のうち穿孔長、穿孔時間、装薬量を2―3割低減できた。...

新函館北斗―札幌間の約8割がトンネル区間で、着実なトンネル工事の進展が札幌延伸のカギを握る。... 飛島建設の筒井隆規札幌支店新幹線ニセコトンネル作業所長は、ニセコトンネル付近の地質をこう説明する。....

西松建など、トンネル掘削支援システム開発 即時に断面・地山評価 (2019/9/25 建設・生活・環境・エネルギー1)

山岳トンネル掘削時に、トンネル断面形状の管理と地山性状の定量評価を即時に実施する。... 北海道新幹線渡島トンネル(台場山)工事で運用を始めた。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる