319件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01817秒)

...。今後の隆起過程を予測するには、岩石の流動特性や断層の摩擦特性、それらの相互作用を正確に考慮する必... ...、温度依存や流体量の不均質性など岩石の複雑な変形特性を考慮した変動モデルを構築した。 その結果、地震...

...土壌を剥ぎ取った地面の下の地層や岩石の分布を表した地図。地質調査と年代測定で同地域の1700万年前以降の... ...ーは2013―17年度に、同地域の調査で岩石や地層の種類や分布などを把握。鉱物に含まれる放射性元素を利用し... ...る放射性元素を利用した年代測定で岩石の年代を決めた。さらに過去90年の調査研究成果を整理し、地質図と...

...ちの命も私の命も吉野の激流にある岩石のように変わらずあってほしい (写真文=大阪冨家邦裕) ◇新元号「令...

...が極めて重要である。 【pdcビット】 岩石を掘削する先端工具を「ビット」という。掘削期間を短縮し掘削コス... ...一軸圧縮強度100メガパスカル相当の岩石を想定)を達成し、開発したpdcビットの実用性が確認できた。しかしな...

...年2月には1回目の着陸に成功。表面の岩石採取に成功したとみられる。4月には弾丸を衝突させ人工クレーターを...

...深部での断層への力のかかり具合、岩石変形の状況といった断層深部の情報は予測に利用されていない。活断... ...に利用されていない。活断層深部の岩石変形は直接観察できず、その物理過程や変形の空間分布を明らかにで... ...クス研究グループでは、断層深部の岩石変形の過程や空間分布を削剥断層の地質調査から把握することを試み...

...。「魚も生息しない死海は、海底や岩石を調べると石油の源になるアスファルトが見つかっていた。もし石油...

...面に衝突、クレーターを生成する。 岩石のかけらなどの飛散が予測されるため、はやぶさ2は衝突装置分離後に...

...提供)。ごつごつした岩があり、今後岩石試料を採取する場所を選定するのが予想より難しそうだという。 ベン... ...本のはやぶさ、はやぶさ2がそれぞれ岩石試料を採取した小惑星のイトカワ、リュウグウと同じく、公転軌道が... ...水を含む鉱物がある点も似ていた。 岩石試料を採取し、2023年に地球に回収して分析すれば、太陽系初期の様子...

...落下させる。磁場へ引き付けられる岩石や土砂などと、磁場に反発する黒鉛や樹脂などの有機物、磁気力がゼ...

...岩が60センチメートル以下と、大きな岩石が少なく着陸に有利な場所だ。 また運用計画では機体の安全性を優先...

...る岩が60センチメートル以下と大きな岩石が少なく着陸に有利。これまでの探査から今回選んだ場所以外に、直...

...市、中野光社長、0246892172)は、同社の岩石工場(いわき市)にバイオマス発電の燃料となる木質ペレットを生産す... ...リコンオイルは循環して使用する。 岩石工場ではこれまで年2000トンの木質ペレットを生産していたが、今回完...

...プレート境界断層に初めて到達し、岩石を採取することを目指している。 同機構の倉本真一地球深部探査セン...

...それぞれ約200メートルまでの領域で岩石が少ないなどの良好な条件を満たす3カ所に絞った。津田プロジェクト... ...際のリュウグウの画像から、大小の岩石や多数のくぼみが確認され、着陸の難易度が想定より高いことが判明...

...最適な場所を決定し、20年7月ごろに岩石の採取を予定する。23年に地球に帰還し、試料を収納したカプセルを...

...てきた。 これによる成功例の一つは岩石鉱物学の外国人教員と放射線の教員の組み合わせだ。同プログラムの...

...る可能性がある。(冨井哲雄) 水星は岩石や金属などの固体で構成される地球型惑星。だが地球の10倍以上の強...

...ある大きさが50センチメートル以上の岩石が存在し、着陸に適した平たんな地域は限定的。現時点で、はやぶさ2...

...で海底下約5200メートルまで掘削し、岩石を採取分析するとともに圧力などを観測。巨大地震の発生メカニズム...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる