362件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

第17回 企業力ランキング (2021/10/25 深層断面)

※ROEは株主資本当期利益率、ROAは総資産当期利益率、EV(企業価値)は時価総額+ネット有利子負債額、FCはフリーキャッシャフロー 「第17回企業力ランキング」...

三菱造、CO2純度99.9%以上 回収装置目標達成 (2021/10/22 機械・ロボット・航空機)

川崎汽船、日本海事協会と共同で、川崎汽船が運航する石炭運搬船に小型実証プラントを搭載し、舶用エンジンの排ガスからCO2を分離・回収した。

川崎汽船は2021年末をめどに自動カイト(凧〈たこ〉)システム「Seawing(シーウィング)」を小型RORO船(貨物専用フェリー)に搭載し、欧州近海でトライアル航海を実施する。....

 川崎汽船は27日、脱炭素化に向けたトランジション(移行)戦略を推進するため、「トランジション・リンク・ローン(TLL)」を策定し、みずほ銀行をアレンジャー(主幹事)とするシンジケート(協調)団と契約...

川重、LPG・アンモニア運搬船を2社から受注 (2021/9/6 機械・ロボット・航空機1)

川崎重工業は液化石油ガス(LPG)・液化アンモニア運搬船(完成イメージ)を川崎汽船、ENEOSオーシャン(横浜市西区)から相次ぎ受注した。

川崎汽船は川崎近海汽船と共同で洋上風力発電を対象とした作業船事業会社を設立した。

当社と商船三井、川崎汽船の大手海運3社が共同出資するオーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)は、200隻以上が150万個のコンテナを輸送し120カ国以上に運ぶ。

一般社団法人漁業情報サービスセンターが、当社と川崎汽船が提供する海水温などのデータを利用して魚群把握の精度向上につなげる事例がある。

中部電と川崎汽船、カナダで潮流発電事業に参画 (2021/8/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

【名古屋】中部電力と川崎汽船はカナダ・ノバスコシア州での潮流発電事業「イシュカ・タパ潮流発電事業」の参画に向け、アイルランドの再生可能エネルギー電源開発企業のDPエナジー社と共同開発契約を結んだ。.....

海運3社の通期見通し、上方修正 貨物需要が旺盛 (2021/8/5 建設・生活・環境・エネルギー1)

同日発表した日本郵船は当期利益を従来予想の3500億円から5000億円に、川崎汽船は同1900億円から2650億円にそれぞれ見直した。... 川崎汽船は現時点では未定とした。... また、川崎汽船の山...

海運、脱炭素へ積極投資 地球環境に優しい輸送提供 (2021/7/23 建設・生活・環境・エネルギー)

【液化CO2輸送】 液化二酸化炭素の海上輸送に向けた研究開発に取り組むのが川崎汽船だ。... 川崎汽船は外航液化ガス船の建造、保有、運航ノウハウを生かしたリスクアセスメントや国際的な...

JFEスチールは20日、日本郵船、川崎汽船、商船三井と鉄鋼原料輸送用の大型液化天然ガス(LNG)燃料船3隻の長期チャーター船契約を結んだと発表した。

海事協会など23社、アンモニア船で協議会 脱炭素目指す (2021/6/23 建設・生活・環境・エネルギー1)

協議会には上野トランステック(横浜市中区)、宇部興産、NSユナイテッド海運、川崎汽船、JERA、日本シップヤード(東京都千代田区)、三井E&Sマシナリー(同中央区)、伊藤忠エネクス、伊藤忠商事のほか海...

液化CO2海上輸送 川汽が実証船開発、23年度末 (2021/6/23 建設・生活・環境・エネルギー1)

川崎汽船は22日、液化二酸化炭素(CO2)の海上輸送に向けた研究開発に取り組むと発表した。... 川崎汽船は外航液化ガス船の建造、保有、運航ノウハウを生かしたリスクアセスメントや国際的なルール調査など...

日本への影響 海運3社は慎重姿勢 日本郵船、商船三井、川崎汽船の大手海運3社は、定期コンテナ船事業を切り出し、共同出資会社のオーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)に移管して...

川崎汽船、洋上風力で新会社 (2021/5/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

川崎汽船は川崎近海汽船と共同で、洋上風力発電向け作業船事業会社ケイライン・ウインド・サービス(東京都千代田区)を設立する。... まずは川崎近海汽船グループが保有・運航するオフショア支援船(OSV)の...

海運3社の通期見通し、経常減益 コンテナ船成長鈍化 (2021/5/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

売上高では日本郵船は物流事業で航空貨物が前年度からの取扱量減少、川崎汽船が海外ターミナル事業の売却などで減収を想定している。

21入社式TOP語録/中部電力・林欣吾社長ほか (2021/4/5 建設・生活・環境・エネルギー)

【研さん重ねて 川崎汽船・明珍幸一社長】 今後の川崎汽船を担っていくのは皆さんだ。

郵船、商船三井、川崎汽船の3社は共同出資する定期コンテナ船事業が好調で各社の経常利益予想を押し上げた。

川崎汽船、統合船舶管理システムが革新技術認証を取得 (2021/1/15 建設・生活・環境・エネルギー)

川崎汽船は14日、川崎重工業と共同開発した統合船舶運航・性能管理システム「K―IMS」が、日本海事協会による革新技術を対象とした認証サービス「Innovation Endorsement」の製品・ソリ...

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2022

原子力年鑑2022

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる