34件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

再生エネの発電事業(再エネ事業)を取り巻くリスクは、発電種別や規模、さらには立地場所などに応じて、各種自然災害をはじめ機械的損傷などの財物損壊、労災、工事遅延、発電量低下、機器の劣化、想定風量・日射不...

国土交通省は17日、工事の遅れと事業費の上振れが明らかになった北陸新幹線の金沢―敦賀間延伸工事について、有識者による検証委員会を立ち上げ、初会合を開いた。2023年春の開業を目指しているが、現時点で工...

―インドネシア火力発電所工事遅延などで、2019年度は当期損益が大幅赤字になる見込みです。

中には詐欺まがいの案件の受注もあったといい、結果的に工事遅延による遅延損害金が発生するなどしたことから、赤字が膨らみ資金繰りも悪化した。

東芝はWHに対し親会社保証しており、電力会社に支払うべき工事前受け金や、工事遅延などに伴う損害賠償金をWHに代わって支払うことになった。 ... 東芝をめぐっては...

東芝はWHに対し親会社保証しており、電力会社に支払うべき工事前受金や工事遅延などに伴う損害賠償金をWHに代わって支払うことになった。

大型案件の建設工事は受注規模が大きな半面、工事遅延に伴うコスト増といったリスクが潜む。... 試運転を含めた建設工事価格の見積もりや建設計画の立案・遂行、現地工事で想定されるリスクの洗い出しなど行う。...

WHの破産法11条適用で、すでに発生している工事前受け金などの債務は、東芝が肩代わりして支払う可能性が高い。一方、工事遅延の損害賠償など将来債務への親会社保証は一般的に解除される。

11年の東日本大震災による東京電力福島第一原発事故により安全基準が強化されたことや、工事遅延、労務費の増加などにより、米原発プロジェクトで巨額の追加コストが発生する見通しとなった。

このため工事遅延などによって生じた損失の補填を電力会社から求められた場合、WHが破産法11条適用となっても、東芝が肩代わりする必要がある。

その両方で建設工事が難航しコストが増大した。... また進行中の中国でのプロジェクトでも工事遅延などで損失が拡大する懸念もある。 ... このため工事遅延などによって生じた損失の補填...

また足元では工事の遅延リスクが顕在化しておりコストは上昇傾向にある。... 工事遅延と、それに伴うコスト上昇が避けられない実態が浮かび上がる。 ... この試算が正しければ、日々の工...

経営ひと言/くろがね工作所・神足泰弘社長「自在に展開」 (2017/1/25 建設・エネルギー・生活2)

主力の建築付帯設備機器が、病院の新設案件減少や工事遅延による受注の先延ばしで影響を受けた。

空調設備工事大手6社の2017年3月期連結決算予想は、5社が前回予想を据え置いた。豊富な工事量を背景に好採算案件の受注が増えているが、海外受注の不調や人員不足の懸念があり慎重な姿勢を崩していない。.....

ここに来て人手不足による工事遅延などで遅れていた物件が、市場に姿を見せ始めた。

その上、技術力不足から幾度の工事遅延も発生し、各社とも多額の損失計上を余儀なくされた。 ... 手持ち工事量も3年分を抱え、この間に液化天然ガス(LNG)船やメタノール船、水素運搬船...

三菱重工業が南アフリカ共和国での石炭火力発電所向けボイラ建設工事を巡り、日立製作所に約3800億円の支払いを請求した。... MHPSは執行役員2人を張り付かせるなど、工事の進捗(...

IHI、CEO直轄「ものづくりシステム戦略本部」新設 (2016/3/15 機械・ロボット・航空機1)

ボイラの溶接不適合に端を発した工事遅延で巨額損失を計上したことを受け、首脳が陣頭指揮を執ることで危機対応速度を上げる。

9月から10月にかけては品川駅の北工区、南工区でも工事契約を結んだ。もっとも当初は5月にも最初の工事契約を結ぶとみられていた。... また一部は断層帯を通り、地圧や湧水といった工事遅延につながりかねな...

当初計画では14年9月に引き渡すはずだったが、天候不順による工事遅延や建設作業員の不足などで約1年遅れ、全社業績の下方修正を迫られた経緯がある。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる