200件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

新装置はモーター性能の向上に寄与する平角線の銅線と銅線を接合するための溶接に用いる。平角線の配列誤差を計測・補正する画像認識技術とモーション技術で高速制御し、最適位置で溶接できる。NITTOKUはモー...

昭和電線HD、金属材料開発部門を仙台に移管 (2020/8/25 電機・電子部品・情報・通信2)

昭和電線ホールディングス(HD)は、昭和電線ケーブルシステムの相模原事業所(相模原市中央区)内にある金属材料開発部門を、銅合金線材の製造を手がける同仙台事業所(宮城県柴田町)へ年内をめどに移管する。銅...

顧客ニーズに対応、専用機開発 【「専門市場性」】 電子制御国際(東京都羽村市)の主力製品は「インパルス巻線試験機」で、単品・システム含め、扱う製...

新製品は独自の電流信号解析技術を用いて、異常振動などの機械系とレヤショート(固定子巻線ターン間短絡)などの電気系両方の異常を検知できる。

低損失電磁鋼板を採用したほか、鉄板形状の最適化、巻線占積率の向上で効率化を実現した。

同日、県庁で開いた贈呈式でNITTOKUの近藤進茂社長(写真左)は、主力のコイル巻線機で培った「“巻く”技術を生かした」と述べた。

経営ひと言/古河電気工業・小林敬一社長「世界で勝つ」 (2019/10/4 電機・電子部品・情報・通信2)

自動車関税が焦点になっていた中、米社と自動車向け太物巻線事業の統合を決めた。 太物巻線は電気自動車(EV)などで需要の伸びが期待できる。

古河電気工業は26日、同社および完全子会社の古河マグネットワイヤ(東京都千代田区)の自動車向け太物巻線事業などを米スーペリア・エセックス(ジョージア州)の巻線事業と統合すると発表した。

昭和電線HDとフジクラの巻線事業の市場環境と今後の事業戦略を検討し、完全子会社化を決めた。... 巻線の製造と販売を手がけている。... 今後電気自動車(EV)などの車載分野での販売を強化するほか、高...

開発体制を強化し、モーター巻線など独自技術を強みとする自動車機器事業の拡大につなげる。

「単巻」は1次コイルと2次コイルが連続した巻き線となり、電気的に絶縁しない巻き方のことをいう。... それに対して「複巻」は、1次コイルと2次コイルが別々に巻線され、その間が絶縁されているものをいう。...

5G対応としての海底ケーブルや通信ケーブルなどは好調を維持して見えるが、電力ケーブル、巻線などの川下産業からの受注はよくない。

第46回「環境賞」に6件 (2019/4/19 建設・生活・環境・エネルギー)

効率や騒音に関する基礎研究から量産ラインに適用できる実用研究まで取り組んだ結果、モーターの構成要素である巻線をセンサーに活用しながら組み立て、製造工程の一部でねじり加工を施す独創的な方法を編み出した。

生産設備は射出成形機やプレス機、コイルを巻く4連巻線機など。

17年にはEVのモーターに使う耐高電圧巻線を欧州市場向けに供給するため、米国企業と合弁でドイツ法人を設立した。... 例えば電線や巻線などへの活用が期待されているカーボンナノチューブ(CNT)は他事業...

ネジを使わず、機構部品同士をがっちりはめ込むような組み立てを実現し、巻線スペースを増やすことで高トルクを維持。

半導体製造装置のプラズマ中の基板の温度や電力トランス巻線、マイクロ波加熱装置の測定などでの使用を見込む。

「小学校でモーターや電磁石を作る時に使ったエナメル線の総称が巻線」と紹介するのは、古河マグネットワイヤ(東京都千代田区)社長の田中秀一さん。 巻線事業や巻線応用製品事業を手がける。「...

各地で夏の職場参観♪ (2018/8/9 中小企業・地域経済2)

今井電機(金沢市)を訪問した児童5人は、工場で巻線や鉄心積みといった変圧器の一連の製造工程から検査までを実際に体験した(写真)。

太陽誘電、大電流向け電源用インダクター 直流抵抗13%低減 (2018/7/20 電機・電子部品・情報・通信2)

太陽誘電はメタル巻線の電源用インダクター「MCOIL MEシリーズ」に、大電流向けで特性を向上させた製品をラインアップに加えた。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる