47件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

経営ひと言/NITTOKU・近藤進茂社長「勘ピューター」 (2022/1/13 機械・ロボット・航空機2)

同社はコイルを巻く巻線機で世界トップシェアを握る。

NITTOKU/海外とオンライン商談 コイル巻線機で世界シェアトップのNITTOKU。

【さいたま】NITTOKUはベトナムで巻線機やFA精密機器の設備納品やサービスサポートを担う工場を2022年4月に稼働する。... こうした企業向けに同社の巻線機や関連設備の納品の...

MF-TOKYO2021 Online/紙上プレビュー(5) (2021/11/26 機械・ロボット・航空機)

旭精機工業/EV用高性能バネ端面研削機 旭精機工業は電気自動車(EV)の平角銅線向けに高性能のバネ加工機を提案する。... 大...

インタビュー/NITTOKU社長・近藤進茂氏 (2021/9/16 機械・ロボット・航空機2)

コイル巻線機で世界トップシェアを握るNITTOKU(ニットク)。... ―巻線機で培ったノウハウを基に、周辺機器・システムを提供しています。 &#...

普通の銅線では発熱により消費電力が大きくなるので、電気抵抗がゼロの超伝導線を用いて電流2・57万アンペアを定常的に流し、高温プラズマを閉じ込める。 ... カギとなる技術は、(...

同日、県庁で開いた贈呈式でNITTOKUの近藤進茂社長(写真左)は、主力のコイル巻線機で培った「“巻く”技術を生かした」と述べた。

「単巻」は1次コイルと2次コイルが連続した巻き線となり、電気的に絶縁しない巻き方のことをいう。... それに対して「複巻」は、1次コイルと2次コイルが別々に巻線され、その間が絶縁されているものをいう。...

生産設備は射出成形機やプレス機、コイルを巻く4連巻線機など。

企業信用情報/7日・8日 (2017/11/9 総合2)

【数字の見方】 (1)業種(2)所在地(3)資本金(4)代表者(5)負債額(6)事由&...

日特エンジニアリングは巻線機メーカーとして国内外に販売網を拡大している。

また、スマホ製造向けの工作機械などに搭載される中容量タイプは、巻線機の改良などにより供給力を高める方針だ。

コイルやモーター向けの自動巻線機の欧州でのシェアを高めるとともに、ブランド力の向上を目指す。 新拠点は、主に自動巻線機の周辺設備を手がける。... 同社の自動巻線機の世界シェアは約3...

【ノウハウデータ化】 モーターなどに内蔵されるコイル製造向けコイル自動巻線機の世界シェアは約3割強(2位は独スタットマットの約1割)と業界首位。... 強さの秘密とし...

これによりコイル巻線部を高磁場化し、ビームを高精度に強く曲げ、ビーム軌道半径を縮小すれば、回転ガントリーの全長を短縮し小型・軽量化できる。 ... 線材の最適な配置を求め計算に没頭。...

大型巻線機(写真)などの導入で、これまで機械化できていなかった100キロ―数百キロボルトアンぺアのトランスのコイルの巻き工程を効率化。... このためローラーが圧をかけながら銅線を追随...

自動巻線機で巻いた“空芯コイル”をコアの空隙から「靴下をはくように」(吉森平社長)挿入する。漏れ磁束が少なく、大電流を流せる太い径の銅線にも対応しているのが特徴だ。

日特エンジニアリングは欧州で巻線機を中心とした自動化システムを手がける新生産拠点を5月ごろに立ち上げる。... 同社が国内で作った巻線機をベースに、現地ニーズに合ったシステムを新拠点で構築し、欧州顧客...

■機械・加工 ▽ダイナックス(北海道、自動車用クラッチ・パックなど) ▽東和電機製作所(北海道、漁師のノウハウをシステム...

ナカリキッドは樹脂封止や充てん工程で使う吐出機や真空注入装置を得意とする。一方、日特エンジはコイル巻線機世界首位。

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる