28件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

薬剤探しの効率化により、希少がんなどの創薬に貢献できるという。... 正常な細胞も攻撃する一般の抗がん剤は副作用が大きく、がん細胞をピンポイントにたたく分子標的薬が注目されている。... 皮膚や皮下組...

骨肉腫は腫瘍の多様性が高く、いまだ予後不良な希少がんの一つ。

国立がん研究センター中央病院はマレーシアなどアジア5カ国の医療機関10機関と連携し、希少がん治療開発のプロジェクトを開始した。... 希少がんのゲノム情報を含む大規模なデ...

富士フイルム富山化学、褐色細胞腫向け治療薬承認 (2021/9/30 素材・医療・ヘルスケア1)

希少がんに分類され、国内で約3000人の患者がいると推定される。

この定義に従うと、実に100種類を超えるがんが希少がんに相当し、小児からAYA世代のがんの大多数は希少がんに分類される。個々の希少がんはがん全体の1%にも満たないまれな腫瘍であるにもかかわらず...

国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)は、診療が難しい希少がん患者を中心に、多くの希少がん診療の経験がある専門医によるオンライン・セカンドオピニオンの提供を2月に始めた。... ...

日本ベーリンガーインゲルハイム(東京都品川区、シャシャンク・デシュパンデ社長)は、国立がん研究センターと「マスターキープロジェクト」で共同研究契約を締結した。希少がんの研究開発やゲノム...

国立がん研究センターでも“人工知能を用いた統合的ながん医療システムの開発”に代表される国のAI活用事業や企業との共同開発研究に精力的に取り組んでいる。 ... さらに、専門家以外では...

がん研究会、がん領域の臨床開発で提携 (2021/6/29 素材・医療・ヘルスケア)

がん研究会(東京都江東区)と日本べーリンガーインゲルハイム(同品川区)はがん領域における臨床開発で包括提携した。べーリンガーインゲルハイムの持つがん領域の新規開発品につ...

国立がん研究センターとエーザイは、希少がんや難治性がんの治療薬開発で連携する。国立がん研究センターが所有する、日本人がん患者のがん組織を移植したマウスによる大規模ライブラリーとがんゲノムデータを活用し...

国立がん研究センターは、直腸がんが局所再発した患者に対して、手術で根治できる可能性があるかといった医師の問い合わせに専門医がウェブを用いて応じる相談システム「CONNECT―LR(コネクトエル...

がん遺伝子パネル検査の普及で、がん研究の活性化を狙う。 ... 蓄積したデータを基に、がん治療薬の臨床試験の増加も見込む。「症例数の共有などアジア諸国と協力し、希少がんの治療薬開発に...

国立がん研究センターが進める希少がんの研究開発やゲノム医療を推進する「マスターキープロジェクト」に、新たな研究拠点として九州大学病院と北海道大学病院が加わった。... 両病院の参加により、国立がん研究...

企業と連携、研究資金獲得 国立がん研究センターはがん専門の医療機関だが、近年は全遺伝情報(ゲノム)に焦点を当てたプロジェクトを活発化させるなど研究機関としての側面も際...

がん研究会の旦(だん)慎吾部長らは、がん細胞の増殖シグナル「PI3キナーゼ」(PI3K)を阻害する薬剤「ZSTK474」が、希少がんである肉腫のうち特定のタイプに対して...

国立がん研究センターは、医療機関と研究機関、両方の役割を持つ。症例数を強みに全遺伝情報(ゲノム)解析を進め、がんバイオマーカーの開発や希少がんの研究プロジェクトなどに力を入れる。......

GISTやほかのがんの治療への応用が期待される。... 国立がん研究センターとの共同研究で実施した。 ... 国内の発症率は10万人に2人であり、患者数の少ない希少がんに分類される。...

小野薬品工業は9月、国立がん研究センター研究所の新研究棟内に研究室を開設する。がん免疫治療薬「オプジーボ」のバイオマーカー(生体の状態を示す指標)を探索するほか、国立がん研究センターと...

特に希少がんは患者数が少ないため判別が難しい。... (石橋弘彰) AIで希少がんの有無を判別する場合、希少がんがどんなものかを学習する作業に時間と手間がかかる。.....

希少がんのほかに原発不明がん、胃がんや乳がんのうち発生部位などの分類が希少なものが対象。... 希少がんの患者数は人口10万人当たり6人未満。... 西田俊朗中央病院長は、「希少がんは疾患の病態が不明...

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン