31件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

清水建設、千葉・船橋に技能訓練施設 現場の担い手育成 (2020/8/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

清水建設は千葉県船橋市内に建設技能労働者を対象とした教育・訓練施設「清水匠技塾=写真」を新設し、運営を開始した。... 建設ロボットなど現場の生産性向上をアシストする各種ツールを使いこなすためのオペレ...

竹中工務店は建設ロボットが自律走行するための経路や範囲のシミュレーション、遠隔操作、監視が可能な基盤システム「建設ロボットプラットフォーム」を開発した。... 同システムは現場に配置される建設ロボット...

残業規制にらみ生産性向上 大手ゼネコン各社は建設ロボットを現場に相次ぎ導入する。... (編集委員・神谷信隆) 「建設ロボットは早く現場に出して、たたかれてもまれな...

建設業界で技術開発の“協調と競争”が始まる。... 大手各社は現場の生産性向上に向け、建設ロボット、IoTや人工知能(AI)を活用した支援ツールの開発に取り組むが、重複や類似する部分が多い。 ...

鹿島と竹中工務店は30日、ロボット施工、IoT(モノのインターネット)分野で技術連携すると発表した。「建設RX(ロボット変革)プロジェクト」チームを設置し、開発済み技術の相互利用を始めたほか、今後は機...

ロボットと創る!/作業者の負担軽く (2019/12/18 建設・生活・環境・エネルギー2)

併せて建築現場で現場作業員の負担を軽減する建設ロボットの技術開発に注力。... ロボット2台を稼働させたコラム柱の横向き溶接 現場への導入相次...

清水建、水平搬送ロボ倍増 多能工・溶接向けも増強 (2019/8/23 建設・生活・環境・エネルギー)

清水建設は2019年度中に次世代建築生産システム「シミズ・スマート・サイト」の中核を担う水平搬送ロボット「ロボ・キャリア」を現在の8台から16台体制にする。... 清水建設は19―23年度の5カ年中計...

建設産業、現場の省力化急務 ICT・ロボ・BIM活用 (2019/5/6 建設・生活・環境・エネルギー)

建設産業は技能労働者など担い手不足が懸念され、現場の生産性向上につながる技術開発が待ったなしの情勢だ。ゼネコン各社は情報通信技術(ICT)や建設ロボット、3次元(3D)データのビルディング・インフォメ...

ロボット化など機械化、工法の開発を進める。... 若手への技術伝承を補うほか、残業増加の一因である40代と20代社員のコミュニケーション不足も解消する」 ―建設ロボットや自動化の取り...

建設産業で建設ロボットの開発が活発化している。... 現場労働者不足が懸念され、生産性向上、省力・省人化、労働環境の改善を目的に、建設ロボット開発が動きだした。 ... 建設ロボット...

産業春秋/建設現場のロボ活用 (2019/1/21 総合1)

工事現場で建設ロボットの試行運用が増えている。... 清水建設は大阪のホテル工事現場に次世代建築生産システム「シミズ・スマート・サイト」を初適用し、ロボットが資材搬送、天井ボード貼り付け作業を行う。こ...

―2019年度の建設市場の見通しは。 ... 「建設請負業の大きな柱は変わらない。... 風力発電分野はLCVが参画、エンジニアリングが建設を担当し、両事業が連携...

展望2019/鹿島社長・押味至一氏 中計の進捗確認徹底 (2019/1/8 建設・エネルギー・生活1)

建設キャリアアップシステムも4月から始まり、19年度の進捗が大事。... 「『半分をロボットで』として自動化に挑戦するが、担い手が減らないよう半分の人も大事と考える。... 生産性向上は建築で建設ロボ...

清水建設、20年に溶接ロボ20台運用 大規模現場で試行 (2018/12/17 建設・エネルギー・生活)

清水建設は2020年に建築現場で稼働する溶接ロボットを現在の3台から20台体制にする。... 清水建設は次世代建築生産システム「シミズ・スマート・サイト」を「からくさホテルグランデ新大阪タワー」の建設...

検証2018/建設業の生産性向上 AI・ロボ試行相次ぐ (2018/12/13 建設・エネルギー・生活1)

建設業界は少子高齢化や技能労働者不足を背景に、生産性向上の取り組みが活発だ。... 建築ロボットの現場試行も始まった。... 資材搬送や天井ボード貼りなどの建設ロボットが作業員と協働し、自律的に稼働し...

清水建設、建設現場にロボ適用 25年度10%省人化へ (2018/12/11 建設・エネルギー・生活1)

清水建設は10日、次世代建築生産システム「シミズ・スマート・サイト」を初適用した大阪市淀川区の高層ホテル「からくさホテルグランデ新大阪タワー」の建設現場を公開した。資材搬送や天井ボード貼りの建設ロボッ...

鹿島、ロボ活用戦略を始動 鉄骨溶接に先行導入 (2018/11/29 建設・エネルギー・生活1)

開発は“競争・協調”追求 鹿島が建設ロボット活用の戦略を始動する。... 溶接、取付など品質や技術が必要なロボットは自社で単独開発する。一方、搬送、墨だし、清掃、測量など必ずしも競争...

業績が好調なこともあり、18年度は大林組、大成建設、清水建設、鹿島の4社が前年度比2ケタ増の研究開発費を投じる計画だ。 大林組は18年度に建設技術の開発投資を増やすほか、研究開発では...

建設業界で工事現場の効率化や省人化など生産性向上に向けた技術開発が活発化している。情報通信技術(ICT)や3次元(3D)データをはじめ、人工知能(AI)技術の適用、建設ロボットを試験導入する動きも出て...

清水建設、高層ホテル工事に建設ロボ 実証データ蓄積 (2018/6/12 建設・エネルギー・生活1)

清水建設は11日、大阪市内で建設中の地上24階建て高層ホテルの工事現場で、同社開発の建設ロボットを9月に本格導入すると発表した。... 自動搬送、鉄骨柱溶接、多能工のロボット計6台と自動エレベーターな...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる