34件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

通常、建設現場で出た残土を処分するには建設業者が自社所有のダンプカーを手配するか、現地で車両をリースする必要がある。... 別会社で20年建設業に携わってきた杉本社長には「業界を変えたい」との強い思い...

建設残土をえん堤の内部材に使う環境配慮型の工法で、残土の性状に合わせた最適比率でセメントや水と混ぜ、信頼性が高いえん堤を築ける点が特徴。... SBウォールは建設現場の掘削工事などで出た残土(土砂)に...

IDEC、兵庫・佐用町にメガソーラー稼働 (2019/7/19 機械・航空機 1)

メガソーラー建設地は2009年8月に同町などが豪雨被害を受けた後、復興事業で整備された残土処分地を活用した。

大成建など、コンクリ杭の新工法 掘削土量・工期を削減 (2019/4/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

大成建設はシステム計測(東京都墨田区)と共同で、超高層建物の基礎工事向けに大口径多段拡径場所打ちコンクリートを使った「T―EAGLE杭工法」を開発した。... 同工法は建物の超高層...

リニア開業まで9年切る JR東海、新たな巨大都市圏探る (2019/1/1 建設・エネルギー・生活1)

同社が建設主体となり、5兆5000億円もの事業費を投入する類を見ない規模の民間事業。... 山岳部や大深度地下の長大トンネル、新幹線ホーム直下に構築する品川・名古屋両駅といった難易度の高い工事の発注を...

陥没リスク大幅低減 徳倉建設は建設・土木工事で発生した土を埋め戻しや空間充填にリサイクルする流動化処理土(LSS)事業に注力している。... 工事残土や建設汚泥の...

徳倉建設、流動化処理土の日産能力1.5倍 リニア工事で需要増 (2018/11/15 建設・エネルギー・生活1)

【名古屋】徳倉建設は建設残土を再利用してつくる埋め戻し材である流動化処理土の日産能力を、12月に現状比1・5倍の600立方メートルに高める。... 既存の小牧市のプラントでは建設現場で発生した泥土のリ...

横浜市鶴見区にある首都圏向け残土処理拠点の拡張を検討する。 ... 「渋谷駅周辺の再開発や山手線の新駅建設などイベントはめじろ押し」と笑顔。 首都圏では掘削工事が増...

東洋紡、土壌汚染抑制のシート状吸着材 建設残土向けに (2017/12/27 素材・ヘルスケア・環境)

東洋紡は建設工事の際に発生する土砂(残土)に含まれる重金属の有害イオンを吸着し、土壌汚染を抑制するシート状吸着材「コスモフレッシュNANO」を発売した。価格は残土による土壌汚染防止に使われる従来品と比...

大阪府は建設残土などの不適正な埋め立てを未然に防止するため、大阪府農業協同組合中央会、大阪府森林組合と協定を結んだ。

投資額が増えており、継続的にコストを削減する」 ―残土処理をどう進めますか。 ... 残土が発生する頃には明確に決める」 ―リニア開業で名古屋と東...

大阪延伸まで含め9兆円の建設費を自己負担するJR東海の壮大なインフラ計画は、その実現に向けた最も重要な建設段階に入る。... 【残土処理など課題】 リニアは品川―名古屋間の総延長28...

ミサワホーム、飛島建設はミサワホームが千葉市美浜区で進める分譲プロジェクト「アルビオコート検見川浜(仮称)」で地盤液状化のリスクを減らすため、丸太を地中に打設する補強工事を実施する。... 緩い砂地盤...

「昨年暮れに工事安全祈願式が終わり、建設段階に入った。... 工事の安全と環境の保全、地域との連携を基本に、さまざまな作業を丁寧に労を惜しまず確実に進める」 ―南アルプスでのトンネル...

原木など木材輸送だけでなく、コンテナの積載などアレンジが可能で、残土やスクラップの輸送にも対応できる。... 日通商事では、20年の東京五輪や東日本大震災の復興需要で建設需要が拡大。

残土などの廃材も少なく、ブロック塀などがあっても施工が可能なため普及してきた」 ―新分野の高速道路に採用がでてきたとか。 ... 建設フェアに毎回、出展して認知度を...

JR東海によるリニア中央新幹線工事などインフラ建設の増加に伴い、建設残土の処理需要が増えると判断した。... 同社の「マジカルフィックス」は鉛やフッ素など建設現場から発生する重金属を吸着する不溶性の建...

JR東海は26日、2027年に品川―名古屋間で開業予定のリニア中央新幹線について、建設工事の実施計画を国土交通相に申請した。... 国交省は計画の内容を審査して認可する方針で、JR東海は早ければ今秋に...

建設工事で発生する残土の有効利用の必要性などには触れたものの、計画の大幅な変更は求めておらず、着工を事実上、容認した。... リニア建設に伴い東京―名古屋間で約6000万立方メートルの残土が発生する見...

【残土が課題】 また建設工事に際しては、トンネルを掘り進めることで排出される残土が課題の一つとなる。東京―名古屋間の工事では約6000万立方メートルの残土の発生が見込まれており、JR...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる