5,744件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

「24年に当期利益250億円という目標は新型コロナ(ウイルス感染の問題化)前と変わらない。... 10年後には本社社員約1000人の10%程度を外国人材にしたい」 【記者の目/新たな...

2021年2月期は3年連続の増収と過去最高の営業利益、当期利益を見込む。

「当社の売上高と営業利益は減るが、当期利益で統合効果を出す。... 「利益に占めるスペシャリティー(付加価値品)の割合を18年度の4割から安定的に6割へ引き上げたい。当社の技術基盤に根ざして参入障壁を...

「2020年1月の段階では(21年3月期の当期利益目標である750億円に対して)予算ベースで700億円超とし、何とか達成したいと考えていた。その後、20年4―6月期は厳しい状況になると想定して予算化、...

―2021年3月期連結業績予想で当期利益を1500億円(従来予想1000億円)に上方修正しました。 ... 丸紅では既に水素やアンモニアなどの実証実験に参加してお...

展望2021/鹿島社長・押味至一氏 協力会社の人材確保支援 (2021/1/13 建設・生活・環境・エネルギー1)

「2020年度の連結当期利益は前年度から20%ほど下がる見通しだ。

セブン&アイHDの通期見通し、営業益3450億円に上方修正 (2021/1/13 建設・生活・環境・エネルギー1)

米国でのガソリン販売の粗利改善により海外コンビニエンスストア事業の営業利益が増加し、国内でも専門店事業の赤字幅縮小が寄与する。経常利益、当期利益はともに同60億円増とした。 ... ...

韓国サムスン電子、営業益が市場予想下回る (2021/1/12 電機・電子部品・情報・通信1)

韓国サムスン電子は2020年10―12月期の営業利益がアナリスト予想に届かなかった。... 暫定集計によると、営業利益は9兆ウォン(約8500億円)。... 当期利益や部門別の業績は、月内の最終的な決...

飛び地に行くことはしないが、外から技術を得ることで相乗効果を得られ、良いモノが提供できるのであれば、積極的にやっていく」 【記者の目/存在感発揮の機会増える】 新型...

不良債権の山になってはどうしようもない」(高島里沙) DATA/与信費増で当期減益 ...

(2)20年は売上高、利益ともに前年比3割のマイナス。... 中小企業の即効的な救いは、粗利益の補償である。 ... 通年では売上高は落ちたが、今期も当期利益は出せる。 &#...

20年度は売上高営業利益率5%、当期利益3000億円を見込むが、21年度はそれ以上の成果を当然上げて、当初目標の2ケタ利益率に向かっていきたい」 ―海外の白物家電事業を分離して、トル...

無機と有機の複合材料を押さえないと日本の産業は生き残れない」 【記者の目/ポリプラとのシナジー発揮を】 ダイセルの2021年3月期の連結業績予想は、売上高、営業利益...

新電力との厳しい競争もあり販売電力量は減少し、関電の21年3月期は売上高が前期比6・4%減、当期利益は同30・8%減の見通し。

三菱マテ、当期益0円 今期見通し上方修正 (2020/12/17 素材・医療・ヘルスケア)

三菱マテリアルは16日、2021年3月期の連結業績予想の売上高を9月公表比300億円増の1兆4500億円(前期は1兆5161億円)、当期利益は同200億円増の0円(同728億円の赤字)に上方修正した。...

ヤンマーの4―9月期、営業益2割減 コロナで3年ぶり減収 (2020/11/26 機械・ロボット・航空機1)

営業利益は同21・4%減の84億円。約20億円の為替差益などにより、経常利益は同6・8%増の120億円と増益になった。当期利益は同9・3%減の69億円。

経営ひと言/UEX・岸本則之社長「まだまだ我慢」 (2020/11/25 素材・医療・ヘルスケア)

今後もコロナの影響が見込まれ、2021年3月期連結決算の当期利益予想は3億―4億円で前期比5割前後減と幅を持たせた。

伊藤忠丸紅鉄鋼は、米国の建材事業は堅調だったが、国内外製造業の低迷や北米鋼管需要の急減で営業利益が前年同期比4割減。... 阪和興業は前年同期にあった持ち分法投資損益、投資有価証券評価損が生じなかった...

インタビュー/キユーピー社長・長南収氏 買い物行動の変化に対応 (2020/11/23 建設・生活・環境・エネルギー)

2019年12―20年8月期の当期利益は前年同期比25・6%減の109億円と大幅減益だった。... 「家庭用の商品の方がブランド力があり、利益率が高い。... 業務用でやってきたメニューを家庭用に広げ...

シノブフーズ、冷食参入 通販企業に販路拡大 (2020/11/23 建設・生活・環境・エネルギー)

20年4―9月期連結決算は当期利益が前年同期比24・7%減の4億1000万円だった。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる