142件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

(総合1参照) 政府はデジタル庁の設置法案をはじめとするデジタル改革関連法案や、一定水準の収入がある後期高齢者の医療費窓口負担を引き上げるための法案も含む63の法案を提出する方針。....

「団塊の世代」が75歳以上の後期高齢者に差しかかる「2025年問題」によって医療や介護などのさらなる負担増加も懸念されている。... 各地の施設でクラスター(感染者集団)が発生し、現場は重症化リスクが...

政府の全世代型社会保障検討会議は14日、75歳以上の後期高齢者による医療費の窓口負担を、単身世帯で「年収200万円以上」の場合に、現行の1割から2割に引き上げるとする最終報告をまとめた。... 医療制...

後期高齢者の医療費窓口負担を現状の1割から2割に引き上げる政府方針をめぐり、自民党と公明党の協議がまとまらず、結論が先送りされている。... 現役世代は、後期高齢者医療の支援金を拠出しているため、高齢...

医療では後期高齢者が医療機関の窓口で支払う自己負担を、現行の1割から「可能な限り広範囲で8割給付(2割負担)を導入し、現役世代の拠出金負担を軽減すべきだと」との主張を盛り込んだ。

政府の全世代型社会保障検討会議は24日の会合で、一定水準の所得がある75歳以上の後期高齢者が自己負担する医療費の割合を引き上げる医療改革について、各方面から意見を聞いた。現行の1割から2割への引き上げ...

厚生労働省は19日、社会保障審議会医療保険部会を開き、75歳以上の後期高齢者が医療機関で支払う窓口負担を現行1割から2割に上げる対象者基準として五つの選択肢を提示した。... 後期高齢者が現在、病院の...

当初、後期高齢者が増えて医療給付費が急増する2022年以降に厳しさが増す見通しだった。... 新型コロナの感染拡大で企業業績が悪化し、被保険者の報酬や賞与の低迷は22年度も続くと予想。

これまで不動産投資の対象については大規模オフィスが中心だったが、介護施設は今後も後期高齢者の増加などを背景に安定した入居需要が見込めると判断した。

約2週間でたんぱく質摂取量を被検者に通知する。... フレイルは要介護の手前の状態を指し、4月から75歳以上の後期高齢者を対象にフレイルかどうかをチェックする新たな健康診断が全国の自治体で始まった。

同日会見した同分科会の増田寛也会長代理(日本郵政社長)は、後期高齢者の窓口負担を2割に引き上げることを求める声や、雇用調整助成金について段階的に(給付を)閉じていくべきだという意見があったことを明らか...

産業春秋/あす終戦記念日 (2020/8/14 総合1)

戦前生まれは後期高齢者だけになる。全国戦没者追悼式でお言葉を述べられる天皇陛下も、上皇さまと違って戦争を知らない世代だ。

外国人労働者を増やすほか、後期高齢者、LGBT(性的少数者)などの雇用も計画する。

社会保障制度、企業負担抑制で公平性の確保を 日商・東商 (2020/5/5 中小・ベンチャー・中小政策)

(1)世代間の公平性確保(2)高所得の高齢者の負担増(3)現役世代や企業にかかる負担の抑制(4)小さなリスクには「自助」で対応するという生き方・暮らし方の推進を提言した。 社会保障制...

例えば『地域社会共生論』では、滋賀県内の市町などと連携し、地域で生活する障害を抱えた児童や高齢者などの課題の抽出と問題解決方法を、現場を通じて創造する。... 「学生は滋賀県出身者が多い。... 滋賀...

中小企業の若手経営者を対象にした「次世代経営者懇話会」という勉強会も主宰している。76歳の後期高齢者だが、アグレッシブな活躍だ。 ... まもなくベビーブーム世代が後期高齢者に仲間入...

世界最大の経済大国のトップになりうる候補者たちが高齢化している。... 高齢候補はサンダース上院議員なら「民主社会主義者」、バイデン前副大統領なら「中道派」など“色”がある。... 後期高齢者から挑戦...

形状提案用に金属部品も一体で樹脂造形したサンプル(金属技研提供) 高齢化社会到来、QOLの維持に必要なこと ...

愛知県、トヨタと連携 高齢化社会に活力と安全 (2020/1/7 中小企業・地域経済2)

高齢化社会に対応するため、高齢者の生活支援や社会参加を促進して地域の活力を維持、拡大に向け協力する。... 連携により、高齢者の移動支援や生活関連サービスなどを支援、地域住民の憩いの場やまちのにぎわい...

25年には団塊の世代が全て75歳以上の後期高齢者になり、このままでは持たない。後期高齢者医療費の窓口2割負担も含め、医療や介護が持続可能になるように給付と負担を見直すべきだ。特に非正規労働者は将来を考...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる