23件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

森本社長ら経営層は自省も兼ね、4月から従業員とのコミュニケーションを始動。オンライン会議中心に1回10人程で8月末までに計47回、400人強の従業員と対話を重ねた。 ... 28日に...

榊原定征会長(前経団連会長)ら社外取締役と同本部従業員との対話も行われる。 昨年発覚した金品受領問題は原子力事業本部の役職員が多く関わっており、第三者委員会は背景として組織の閉鎖性を...

【経営者の役割】 経営者にとって従業員との対話は今後ますます重要になる。... 従業員の家族の安心にもつながる。 これまでなかなかコミュニケーションがとれなかった工...

関西電力の榊原定征会長は6月の就任後初めて報道陣と懇談し、金品受領問題で失墜した同社の信頼回復を加速すべく、社員との対話や現場実態を把握する活動を進める方針を示した。榊原会長は「今秋にも福井県の原子力...

「従業員相互の対話や法令順守の意識共有を図るため、10人程度の小集団による『職場討議』を、08年より実施してきた。

リコー・松石秀隆CFOに聞く、不振脱却と次の攻め方 (2018/12/19 電機・電子部品・情報・通信2)

リコーリースの売却は検討していない」 【記者の目/現場・経営側の隔たり防ぐ】 4月から松石専務は人事本部長と二人三脚で全国を行脚し、若手従業員との対話を重ねている。

同工場では開設から07年頃まで、人手による整流子の組み立てが主体で、最盛期の従業員数は3000人。... 「周辺の相場に沿って賃金を改定し、従業員との対話を強化した」(同)。 ......

「これからも現場で起きていることを肌で感じることが重要だ」とし、顧客や従業員と直接対話していく方針だ。

中小の魅力発信、学生が競う 東商と4校連携、映像制作 (2018/4/5 モノづくり基盤・成長企業)

4月以降の授業やゼミナール、学内プロジェクトで学生が実際に中小企業を訪問、経営者や従業員との対話を通じ、中小企業の魅力を発信する。

役員は従業員との対話に奔走、構造改革の本質を説いて回った。その一人である、みずほ銀行頭取の藤原弘治は「徹底した対話で今は真意を相当数が理解してくれている」と話す。

その意味は大きく、責任重大だ》 「自分が頑張ることで『将来、自分も社長になれる』と従業員のモチベーション向上につながってほしい。喜びも苦労も分かち合ってきた従業員とベクトルを合わせ、...

「英国企業はすでに7割の企業がEU離脱に備え、英国外への移転検討や外国人従業員との対話など何らかの対策を講じている」(坂口所長)と警鐘を鳴らす。

従業員との対話とワークライフバランスを重要視する》 「経営側と従業員側からの二つの視点が身に付き、良い経験になった。

これに対して明電舎は従業員との対話を重視した経営に取り組む。 ◇ 「従業員が活発に質問や意見をくれる」―。... それを育んできたのが、従業員との対話を重要視する経...

「従業員との対話を実施し、各部室単位の問題点や課題を理解するとともに、地区サポート部の全社的な目的や重要性を自分の言葉で説明している。... 従業員の意識改革にはトップ自らの行動やメッセージも不可欠。

従業員アンケートを基に人材教育や生産工程などを順次見直すことで従業員が働きやすい環境を整え、樹脂製品などの生産効率化や増収につなげる。9月に組織改正を実施し、一部の役員が兼任していた管理、製造、物流、...

全国の本部を回り、従業員との対話を重ねる中、二宮が繰り返す言葉が「挑戦」―これまでの業務にとらわれずに、仕事に取り組む―その際に二宮が挙げるのが「SJNKグローバルユニバーシティ」だ。

5日14時からのセレモニーではルーファ広場でグループ従業員20万人が世界各国で行った環境活動について、田中久雄社長が従業員との対話形式で報告するほか、映像や写真で紹介する。

「従業員に経営状況をきちんと伝え、目標設定を促した」と振り返るのは、セイコーインスツル(千葉市美浜区)社長の村上斉さん。... 従業員との対話を重ねるなどしたところ、「みんなが意欲的になっていくのを感...

人が財産の仕事だけに、従業員との対話に力を注ぐ▼そんな田中さんはもう一つの顔を持つ。... 厳しい受注環境を打開しようと、単価引き下げや外注先の転換などの「改革」を断行するものの、従業員からそっぽを向...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる