41件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

補助人工心臓―心不全患者救う 心不全の患者を救う―。... インペラは弱った心臓の機能を補う。... 「急性心筋梗塞を起こした患者や、心臓移植を待つ人に使われる」...

京都大学医学部付属病院の升本英利特定助教と京大大学院医学研究科の長田裕明大学院生らは、芦森工業やニッケ・メディカル(大阪市中央区)と共同で、内視鏡手術での細胞シートの心臓移植デバイス「ECSheeD(...

大阪大学は心臓血管外科の日本のトップランナーとして心臓移植や人工心臓による重症心不全の治療を行ってきました。

臨床研究では、iPS細胞から作製した心筋細胞5000万個を心臓の中の血液を送り出す「左心室」に移植する。... 根本的な治療には心臓移植が必要だが、臓器提供者は少なく、年間で50例程度の治療に留まって...

シート状に加工したものを心臓に移植する。心臓移植や人工心臓装着以外に有効な治療法がない重症心不全患者を対象に、心機能の改善や心不全状態の回復などの治療効果が期待される。

患者の心臓形状に合わせてあり、手術時間を短縮できる。心臓移植前段階の患者が装着すると心臓の拡大阻止や症状改善につながる可能性がある。... 開発したネットは患者の心臓画像データから3次元モデルを作製、...

対象となるのは、心筋梗塞などで心臓の細胞が失われ、心臓の収縮機能が低下する心不全のうち重症の患者。重症心不全患者は、薬の投与のほかペースメーカーを埋めるといった治療が行われるが効果は十分ではなく、また...

心臓内にポンプ付きのカテーテルを挿入し血液を循環させることで心臓の機能を補う。... 心不全は心筋梗塞や心臓弁膜症などの虚血性心疾患が原因で心臓のポンプ機能が低下し、血流が体中にきちんと行き渡らなくな...

故障した“心臓部”のトランスを交換するには2カ月かかると言われた。... 「まさに“心臓移植”だった」と感謝する。

Heartseedは再生した心筋細胞を心臓に移植する治療を研究しており、この技術は重症の心不全の回復に役立つ。治療対象の患者は国内に約数万人と推定されており、心臓移植や補助人工心臓を除くとこれまで有効...

重度の心疾患では心臓移植が不可欠になるケースも多いが、ドナー不足が深刻だ。人工心臓に患者自身の細胞や生体物質を使えば、移植時の拒絶反応を抑制できるメリットもある。  ... 10年後...

心臓は心筋梗塞などにより細胞が線維化すると、血液を送り出すポンプ機能が低下する。心筋細胞は再生能力が限られ、心機能が大きく低下すると心臓移植以外に根本的な治療法がなかった。

心臓に血液が行き届かない「虚血性心筋症」により重症心不全となった患者に、iPS細胞から作った心筋の細胞シートを移植する。心臓の疾患が対象となるのは世界初。... 心臓移植を受けられる重症心不全患者は少...

■血液ポンプを知能化・機能化 【永久使用が目的】 重度心疾患患者に対する治療として、臓器提供者(ドナー)の心臓を患者へ移植する心臓移植が行われているが、ドナーは慢性...

EVAHEART―2は心臓の左心室に取り付け、心臓のポンピング機能を補助する装置。主に末期心不全患者の血液循環を補助し、心臓移植を待つ目的で利用され、従来型は国内で150件程度の利用例がある。 ...

心臓移植の選択肢もある。... 移植までの橋渡しとして埋め込み型補助人工心臓(VAD)もあり、保険適用もされている。... 特に重症患者には心臓移植や埋め込み型補助人工心臓(VAD)治療などもある。&...

心臓移植や人工心臓装着以外に有効な治療法がない重症心不全患者の心臓に同製品を移植することにより、心機能の改善や心不全状態からの回復といった治療効果が期待されている。

大阪大学大学院医学系研究科の澤芳樹教授らは25日、心臓の血流を正常に保つために患者へ埋め込んだ生体弁の内側に、カテーテル型の弁を新たに植える手術を世界で初めて成功させたと発表した。...

大阪大学医学部付属病院は植込型の補助人工心臓(写真)のケーブルを耳介後部に通す装着法を始める。... 患者申出療養の6例は腎臓や肝臓の機能障害があるなど、心臓移植や人工心臓の永久使...

現在の補助人工心臓は血液を人工ポンプに通して送るため、血液が固まって血栓ができやすい。... 新タイプの装置は心臓の拍動を外側から補助するため、血栓ができる恐れがない。重い心不全患者の場合、補助人工心...

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2022

原子力年鑑2022

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる