29件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

加えて、先駆け審査承認制度、再生医療関連の条件付早期承認制度、40年に及ぶ健康被害救済制度はいずれも世界に先駆けた制度であり、日本が新薬の開発や新医療機器、再生医療等製品など新しいカテゴリーの医療にお...

「患者中心」の医療改革を 私は1968年9月に大学を卒業した。... 現在の国立国際医療研究センター(NCGM)の病院長時代は、「高度専門・総合医療」を提唱し、病院として各専門診療科...

患者目線のみならず国民目線で未来の医療のあるべき姿を想起し、複雑に問題点が入り組んだ医療体系を産業界も含めたステークホールダーとともに合理的に調整してゴール設定することが求められる。... ■ ■ ■...

その倫理観の主体は、患者中心の「合理的医療を目指そう」であり、その背景は「レギュラトリーサイエンス」である。 ... ■ ■ ■ PMDAは16年、アジアを中心にし...

インタビュー/Medical Excellence JAPAN理事長・近藤達也氏 (2019/10/10 素材・医療・ヘルスケア)

日本の医療は国際化や海外展開、訪日外国人(インバウンド)の質の高い受け入れが求められる中、その中心組織として重要な役割を担う。... 日本の医療界や医学界、産学を『患者目線』で相互に結びつけるハブの役...

《前職で武田薬品工業の一般用医薬品(OTC)子会社、武田コンシューマーヘルスケア社長を務め、増収増益体制を築き上げた》 「事業の対象が高度医療患者中心だった前職と比べ、ロート製薬の事...

中外製薬、来年めどエネ消費20%減 ESG従業員目標 (2019/6/19 素材・医療・ヘルスケア)

中外製薬は地域や医療従事者、サプライヤーや社員などのステークホルダーとの共有価値を創造し、患者中心の高度で持続可能な医療の実現を目指す。

「遺伝子治療に関しては、特に患者さんの生活を大きく変えうるモノを開発している」と明かす。... 「患者中心の開発を実現したい」と真剣な表情をみせる。現在、患者が臨床研究に参加しやすい仕組み作りに奔走中...

薬の安全性監視活動は、“患者中心”の視点で進める必要があるとする。「患者さまや医療機関に、しっかりと(安全性の)情報が届くことが重要と常々思っている」。 ... 患者へ貢献する使命を...

伝統尊重し“患者中心”貫く 【和を説く「規」】 神戸市東灘区の閑静な住宅街に、「銜艸居(かんそうきょ)」と呼ばれる洋館が建つ。... 常に患者を中心に考え、社会との...

「従業員に“患者さん中心”を意識付ける上で必要な取り組みだ。製薬企業は、病気があって患者ができたところに薬を提供するビジネスだと思われているが、予防の段階からしっかり社会の役に立つ会社だと申し上げたい...

【働きやすさ重視/武田薬品工業・クリストフ・ウェバー社長】 世界中の患者さんに貢献していくには、まず我々自身が働きやすい、より素晴らしい職場環境をつくることが重要だ。... すべての...

しかし、どんなにデータ重視になっても、臨床では医師やコメディカル(医療従事者)が患者の人生にどのような役割を果たすかを忘れてはいけない。『患者目線に立つことが医療の原点だ』と伝えている」 &#...

異業種からの参入をはじめ、「患者中心に医療の現場がつながっていく」。

PHRにより、従来、家庭医や病院でバラバラに保管されてきた情報が、住民・患者中心に「見える化」される。医師から患者という一方通行の情報流通が是正され、ヘルスケア情報を自分自身で管理することでセルフケア...

日本の病院で今当たり前になっている医療安全、感染管理、診療録開示、患者サービスの向上などが大きく進んだのは、病院機能評価によるところが大きいと思われます。... 評価項目の内容を大きく分けると、(1)...

一時は利己に陥ったノバルティスが信頼を取り戻すには、患者中心という原則を組織の末端まで徹底させるリーダーが必要。

今後も革新的な医薬品のイノベーションを、日本の患者に届けたい。... 「抗凝固剤『イグザレルト』と加齢黄斑変性などの治療薬『アイリーア』の重要製品を中心に、今後も力強い成長を期待している。... 社員...

よく医療や病院は生産性が低いと言われますが、1人の入院患者に対し約1・5倍もの人間労働力を傾けて、公定のそれなりの対価しかないのですから効率性が高いわけがありません。... 例えば、看護師と患者の比率...

【常に患者中心/武田薬品工業・クリストフ・ウェバー社長】 常に患者を中心に考え、社会との深い信頼関係を築き、当社の評価をさらに高め、当社のビジネスを成長させる。....

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる