263件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

凸版、製薬特化の翻訳サービス提供 (2020/4/1 電機・電子部品・情報・通信2)

機械翻訳には、情報通信研究機構(NICT)と総務省が進める「翻訳バンク」の一環として、R&Dヘッドクラブに所属する製薬会社8社から提供を受けた300万対以上の原文・訳文のデータベースを活用している。&...

その環境は、通常の気温に比べて極端に温度が高くなる場合が多いが、省エネルギーの観点から冷却機構が不要な光デバイスが求められる。 ... このような要求に応えるため、情報通信研究機構(...

凸版、高輪ゲートウェイ駅に多言語チャットボット (2020/3/18 電機・電子部品・情報・通信1)

翻訳には情報通信研究機構(NICT)のニューラル機械翻訳エンジンなどを採用しており、文章や音声での翻訳ができる。

三菱電、最薄AESA技術を開発 (2020/2/26 電機・電子部品・情報・通信2)

三菱電機は情報通信研究機構(NICT)と共同で、厚さ3センチメートル以下と世界最薄級のKa帯(周波数27ギガ―40ギガヘルツ)対応の航空機用電子走査アレイアンテナ(AESA)技術を開発した。飛行中の旅...

他方、1989年から測地や電波天文観測に使われてきた情報通信研究機構(NICT)の鹿島34メートルアンテナのような大型カセグレンアンテナでは焦点で必要とするフィードのビーム幅が細く、広帯域フィードの設...

富士通、明治大職員にAI翻訳サービス提供 (2020/2/14 電機・電子部品・情報・通信1)

みらい翻訳(東京都渋谷区)と情報通信研究機構(NICT)が共同開発した最新の「ニューラル機械翻訳」と富士通の基盤技術を組み合わせて実現した。

KISTEC、暗号技術の理論と展望解説 (2020/1/28 中小企業・地域経済1)

神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)は2月5日12時45分から、かながわサイエンスパーク(KSP、川崎市高津区)で情報セキュリティー関連の講座「暗号技術のいま、これから」を開く。... 情報通...

これらの時計はさらに正確な時計を参照して時刻を合わせているが、その大元をたどるとほとんどすべて小金井の情報通信研究機構(NICT)本部にある日本標準時システムが生成する日本標準時にたどり着く。 ...

太陽風の変化は、惑星磁場が及ぶ領域を揺さぶり、オーロラや高層大気擾乱(じょうらん)を引き起こして通信・測位や電力網に影響することがある。 ... 太陽風変動予測などの宇宙天気情報は惑...

SMBC日興証券と情報通信研究機構(NICT)は人工知能(AI)を利用し、金融に特化した翻訳システムを共同開発した。... SMBC日興証券が持つアナリストリポートの日英対訳データを、NICTの自動翻...

情報通信研究機構(NICT)では、電離圏内で発生する変動を詳細にとらえるため、電離圏全電子数(TEC)観測システムを構築・運用している。 ... 近年、国内で多発する竜巻の発生に関す...

これらリスクに備える基盤情報として、私たちは日々、宇宙環境の現況および予報情報を発信している。 ... NICTは幾つかの大規模モデルを開発しており、その一つが、オーロラを光らせる舞...

技術で五輪をサポートしようとしている「縁の下の力持ち」の研究とは―。... 国の機関である情報通信研究機構(NICT)が30年かけて開発した音声認識と機械翻訳、音声合成の技術を組み合わせています。&#...

情報通信研究機構(NICT)では、宇宙機の安心安全な運用を支えるため、地球周囲の宇宙空間のプラズマの監視および数値シミュレーションによる変動予測を目指した研究開発を実施している。そして、この技術を応用...

情報通信研究機構(NICT)は、宇宙天気予報・警報を発信している国内唯一の公的機関である。近年、通信、測位をはじめとするさまざまな分野で、この宇宙天気情報の必要性が高まりつつある。 ...

事務機器特許情報の自動翻訳、JBMIAと情通機構が実証 (2019/12/17 電機・電子部品・情報・通信2)

ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA、東京都港区)と情報通信研究機構(NICT)は、2020年にも事務機器業界の特許情報に特化したニューラル自動翻訳の精度向上を目指したフィージビリティスタデ...

また、時を同じくして携帯端末やSNSなどの情報通信技術の普及により「竜巻」の目撃情報が増加している。 ... 情報通信研究機構(NICT)は、電波(マイクロ波帯)を利用して降雨の詳細...

情報通信研究機構(NICT)では、風の観測性能を従来から飛躍的に向上させた次世代WPRの研究開発に取り組んでいる。 無線通信に使用されるアダプティブアレイ技術は、複数のアンテナと電波...

このような豪雨災害の防災・減災を目指し、情報通信研究機構(NICT)では各種レーダー、ライダー(電波ではなくレーザー光を用いる)など、雨・雲・風などを計測するリモートセンシング技術の研究開発を行ってい...

情報通信研究機構(NICT)では、自然災害時における被災状況の迅速把握を主目的の一つとし、昼夜間・天候を問わず電波を用いて地表面を可視化できる航空機搭載型の合成開口レーダー(SAR=Synthetic...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる