48件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

親子の二人三脚による成果の一つがコンセント型感震ブレーカーの防災事業だ。

感震ブレーカー実証実験 配・分電盤の日東工業がアライアンスを積極化している。... 「感震ブレーカーは一定以上の震度を感知すると電気供給を自動遮断し、火災被害を低減する。... 「感...

蓄積したノウハウを生かし、コンセント型感震ブレーカー「一発遮断」などを開発、自社製品展開につながっている。

専有部でも家具を固定できる壁面や通電火災を防ぐ「感震ユニット付分電盤」、非常用照明などを導入する。

多摩岡産業、感震ブレーカー増強 防災需要が好調 (2019/1/10 中小企業・地域経済1)

【立川】多摩岡産業(東京都府中市、岡哲義社長、042・361・0558)は、住宅メーカー向けにコンセント型感震ブレーカーのOEM(相手先ブランド)生産を6月から始める。... 多摩岡産業は2018年5...

経営革新計画承認/東京都・28件 (2018/11/13 中小企業・地域経済1)

▽日本EAPセンター(豊島区)=適職分析システムへの問題行動に関するアラート表示機能の開発、および冗長化対応▽Collagen Shell(同)=中国企業向けコラーゲンサロンの開業支援サービスの提供▽...

アースインフィニティ(大阪市北区、浜田幸一社長、06・4797・7522)は、コンピューターで動作を制御する電子ブレーカーに感震機能を組み込んだ新製品を発売した。... 感震装置と一体化した電子ブレー...

都と都中小公社、先進的防災技術支援28件決定 (2018/10/25 中小企業・地域経済1)

▽アールシーソリューション(新宿区)=ゆれくるコールの総合防災情報アプリ化▽アイリックス(江東区)=火山ガス(二酸化硫黄)遠隔モニタ装置▽イルカカレッジ(千代田区)=延焼を抑止する地上消火システム開発...

家屋でそのまま使える感震機器で、2次災害を防止したいと考えた。... 「感震機能を搭載した物も増えてきているが、ブレーカーは取り換えるのに資金と手間がかかる。... 近年は、感震機器の普及に取り組む自...

【多摩岡産業/電気火災予防の感震ブレーカー】 多摩岡産業(東京都府中市)は震災による電気火災を予防するコンセント型の感震ブレーカー「一発遮断EQ―5=写真」をデモ展示する。配電盤タイ...

【立川】多摩岡産業(東京都府中市、岡哲義社長、042・361・0558)は、震度5以上の揺れを感知し、電気火災を予防するコンセント型の感震ブレーカー「一発遮断EQ―5」を30日に発売する。

「地域防災システム実証プロジェクト」の名称で、地震発生時に電気供給を遮断し観測データを送信できる同社製「高機能感震ブレーカー」を活用する。... 日東工業の佐々木拓郎社長は「高機能感震ブレーカーの認知...

企業だけでなく、各家庭に設置された感震ブレーカー、さらに個人のスマートフォンの加速度センサーといった、本来は地震観測が目的ではない機器も、活用できる可能性がある。

感震ブレーカーの製品化はメーカーの使命感からだった。 【雷データ収集】 20年にわたり感震ブレーカーを販売しているが、現在同社が出荷するブレーカー製品中、まだ感震タ...

リンナイ/感震停止機能や安定感のある五徳 (2017/8/14 新製品フラッシュ)

感震停止機能の追加や安定感のある五徳で安全性を向上。

河村電器産業 内蔵センサーで震度5以上の地震を感知し電気を遮断する「感震コンセント」を発売した。

同システムは感震器、制御盤、バッテリー、緊急遮断弁で構成(写真)。... 貯水槽は2槽式が多く、基本タイプは感震器内蔵の制御盤1台で排水2個、給水1個の弁を制御する。地震を感知しにくい地下貯水槽用に感...

個性発信・話題の商品/旭東電気−「とめ太郎」 (2017/5/22 新製品フラッシュ1)

旭東電気(大阪市旭区、北村文秀社長、06・6952・2071)が開発した感震タップ「とめ太郎」が、地震で起きる火災のリスク低減に一役買っている。... 北村社長は「コンセントに差すだけで接続した電気機...

日東工業、感震機能を一体化したブレーカー−通電火災防ぐ (2017/4/13 電機・電子部品・情報・通信1)

【名古屋】日東工業は感震機能を一体化した「感震機能付ブレーカー=写真」を完成した。... 従来はブレーカーと感震リレーが別々で、感震リレー用に分電盤内の分岐部が余分に必要だった。

ローム、人為的振動と区別可能な感震モジュール (2017/3/16 電機・電子部品・情報・通信1)

【京都】ロームは高精度な地震検知が可能な感震モジュール「BW9577=写真」を開発した。... 感震ブレーカーは地震時の電気火災を防止するため、政府が2016年に密集市街地の住宅への設置を勧告した。

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる