762件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

激動の経営/ツー・ナイン・ジャパン(2)主力事業から撤退 (2022/7/5 中小・ベンチャー・中小政策)

当初は半導体業界向けの仕事がメーンだったが、製薬企業という全く異業種の課題に応えたことで、錠剤成形用金型の下地処理を手がけるようになった。... でも(父親の会社で培った)金属加工技術...

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などと取り組んだ高速低コスト成形法の技術開発では、熱可塑性CFRPを用いた自動車用シャシー製作に成功している。 熱可塑性...

帝人は8日、米国子会社のテイジン・オートモーティブ・テクノロジーズ(TAT、ミシガン州)の複合成形材料が米国トヨタ(テキサス州)のピックア...

PEEK樹脂でEV用ギア 飯田製作所、射出成形技術開発 (2022/5/17 素材・医療・ヘルスケア1)

【福島】飯田製作所(横浜市泉区、野渡透一社長)は、スーパーエンジニアリングプラスチックのPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)で、電気自動...

経営革新計画承認/群馬県・41件 (2022/4/21 東日本)

▽HAPPY ISLAND(高崎市)=惣菜店舗を併設したセントラルキッチンの構築による商品提供プロセスの革新▽井野口自動車整備工場(館林市)=「...

日精樹脂、射出成形技術のウェブ講習募集 (2022/4/14 機械・ロボット・航空機1)

日精樹脂工業は、射出成形技術の研修教育機関「日精スクール」で、2022年度ウェブコースの受講者申し込み受け付けを始めた。... 1限目は成形概論、2限目は金型構造とゲートについて、3限目は成...

昭和電工マテリアルズは樹脂射出発泡成形技術を用いて、3―4年内に通常の樹脂製に比べ自動車用外装部品の約40%軽量化を目指す。... 樹脂射出発泡成形品の引き合いは好調で、採用車種は拡...

経営理念に社会貢献を掲げ、東大阪市のチャリティーイベント参加や、コロナ禍では樹脂成形技術を生かした抗菌マスクを製造販売している。

CAEを駆使、技術貢献賞受賞 ニイテック(広島県坂町、仁井慎社長)の薄板ステンレスの高精度プレス成形技術が、機械工業技術の進歩・発展に貢献したとして日本機械学会中国四...

射出成形事業では画像処理技術を導入し、一つ一つの製品の画像データを残して、キズや黒点がないかの不良品検査や、いつ生産したかのログデータを全て記録し、トレーサビリティー(履歴管理)の確保...

日精樹脂の環境対応素材、長野県発ブランド選定で大賞受賞 (2022/2/22 機械・ロボット・航空機1)

日精樹脂工業は生分解性プラスチックであるポリ乳酸(PLA)の射出成形技術に関する自社ブランド「N―PLAjet」で、長野県発の優れたブランドを選定する信州ブランドフォーラム開催実行委員...

独自の樹脂成形技術で22年度以降に量産し、商業化で先行する構え。... ディスプレー用フィルムなど多くのトップ製品を握る日東電工は、POFを量産できる固有の樹脂成形技術も備える。

今回も自社の押し出し成形技術を応用して開発に至った。

浅野典成会長に同事業所の強みや独自特許の成形技術について聞いた。... 「当社のインサート成形品の約7割は、型内かしめや制御基板一体化インサート成形など独自の特許技術を用いている。... 銅の使用を軽...

豊栄工業(愛知県新城市、美和敬二社長)は2007年から、植物由来のでんぷん・糖から作られる生分解性樹脂「ポリ乳酸」の金型と成形技術の研究開発に取り組んでいる。... 3年後には技術的な...

東レ・カーボンマジック、RTM成形のSCTに出資 (2022/1/13 素材・医療・ヘルスケア2)

東レ・カーボンマジック(滋賀県米原市、奥明栄社長)は、RTM(樹脂注入)成形技術を得意とするSCT(群馬県伊勢崎市)に出資した。... RTM...

■日刊工業新聞社賞 (2021/12/24 優秀経営者顕彰)

継続的な技術革新や海外展開を先頭に立って取り組んでいる。 ... (山梨県韮崎市) 【ムネカタ社長・佐藤正幸氏】 ...

本社敷地内の工場に同ポリマーの成形技術と全自動化の生産ラインを構築し、2022年4月までに4ライン設置する。... 成形技術は従来の射出成形と異なる独自技術を考案。... センシング技術を用い、成形機...

アルミ鍛造製の足回り部品「サスペンションアーム」を独自技術で鉄製に置き換えた。... 一方、同社は鋼板とアルミや樹脂を組み合わせたハイブリッド構造や、アルミのみを採用して軽量化に貢献する足回り部品の成...

配管の自由度向上 日本金属、分析機器用の素材開発 (2021/12/9 素材・医療・ヘルスケア1)

従来の同様製品は最大長さが2メートルの直管だが、特殊な加工技術で同30メートルのコイルとして供給する。... 独自の圧延・複合成形技術で延伸化して実現した。

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン