130件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

菅義偉首相も所信表明でカーボンニュートラル実現を宣言し、戦略を策定することになりました。

脱炭素時代の覇者へ 産業界“一致団結” 5年たった昨年10月、所信表明演説で菅義偉首相は「わが国は、2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と述べて、成長戦略の柱...

【グリーン社会】 菅総理が2020年10月26日の所信表明演説の中で、日本の成長戦略の柱として、グリーン社会を実現し50年までに温室効果ガス排出を日本全体で実質ゼロにする、と宣言した...

■水素・アンモニア利活用カギ 菅義偉首相が就任後初めての所信表明演説で「50年の温室効果ガス排出ゼロ」を打ち出した2020年10月26日。... 20年12月、小泉進次郎環境相は発電...

脱炭素社会の実現に向けた機運が世界的に高まる中、菅義偉首相は10月の所信表明で、50年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」目標を掲げた。

にっぽん再構築/エネ各社、技術革新に挑む (2021/1/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

菅義偉首相2020年10月26日の所信表明演説で50年に目指すことを宣言した。

世界保健機関(WHO)は3月、パンデミック(世界的大流行)に陥っていると表明。... 【第7位】温室効果ガス「ゼロ」宣言 菅義偉首相は10月26日の所信表明演説で、2050年までに温...

【「脱炭素」後押し】 超モノづくり部品大賞の受賞が決まった直後、菅義偉首相は就任後初となる所信表明演説で、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロとする目標を掲げた。

検証2020/「脱炭素」の大波 エネ業界に対応迫る (2020/12/11 建設・生活・環境・エネルギー)

梶山弘志経済産業相が7月3日、非効率な石炭火力発電所の「2030年までにフェードアウト」を表明。菅義偉首相は10月26日の所信表明で「50年に温室効果ガス排出実質ゼロ」を掲げた。

水素普及で“仲間づくり” 菅義偉首相が所信表明演説で「50年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と宣言したのが10月。

10月、菅義偉首相は就任後初めての所信表明演説でカーボンニュートラルの実現を目指す国家目標を示した。

菅義偉首相は今臨時国会冒頭での所信表明演説で、温室効果ガス実質ゼロの目標を掲げた際に、積極的な地球温暖化対策が「産業構造や経済社会の変革をもたらし、大きな成長につながる」との期待感を示した。

菅義偉首相が所信表明演説で国際金融センター構想に触れたことを評価する。

加藤勝信官房長官は2日の会見で、菅義偉首相が今臨時国会冒頭の所信表明演説で掲げた「2050年のカーボンニュートラル」の実現に向けて「各府省庁(の所掌分野)で今後、具体的な取り組みを検討し、実行に移して...

2050年温室効果ガス排出ネットゼロ 10月26日、菅首相が、所信表明演説で、「2050年に、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素...

また小泉環境相は会見で、菅義偉首相が所信表明演説で、温室効果ガスの排出を2050年までに実質ゼロにする目標を打ち出したことについて、「政権全体に関わる大目標だ。

梶山弘志経済産業相は27日の閣議後会見で、菅義偉首相が所信表明演説で言及した全国的な最低賃金の引き上げについて「中小企業が賃上げできるような事業環境の整備が不可欠」と述べた。

菅義偉首相が26日の所信表明演説で表明し、ようやく国と企業の目標の足並みがそろった。... 経済産業省によれば、122の国と地域が50年ゼロを表明済み。

第203臨時国会が26日召集され、菅義偉首相が就任後初の所信表明演説で「2050年までに温室効果ガスの排出を(日本)全体としてゼロにする」方針を正式表明した。... また「次なる成長の突破口」として都...

菅義偉首相が26日の所信表明演説で、日本の温室効果ガス排出量を、2050年までに実質ゼロにする方針を正式表明した。... (総合1参照) 所信表明演説で菅首相は、積極的な温暖化対策が...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる