127件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

患部を凍結・壊死 白井松器械(大阪市中央区、弘野俊彦社長)は、冷凍手術器を開発し販売を始めた。... 冷凍手術器は窒素などの冷却ガスを患部に直接噴射するタイプとは異な...

手術支援ロボットの開発が新たなステージに移った。... 手術前に撮影した手術部位の3次元(3D)検査画像を、操作席の執刀医のモニターに表示する機能も開発中。... 手術器具の価格を抑え...

ZMP、無人宅配ロボに横型4ボックス追加 重い商品も運搬容易 (2021/11/16 機械・ロボット・航空機2)

病院内で手術器具や薬剤を運搬するトレーをそのまま載せることも可能で、オフィスの屋内配送も含め、新市場を探る。

術者の経験やスキルに依存せず、安定的な手術が行える。... 手術では計画に基づいたロボットアームの動作で、手術器具を狙った場所に誘導する。手術器具の位置情報はリアルタイムに画面の3D画像上に表示される...

CFRPの手術器具で製造販売認証を取得すると国内初という。 ... 260度C程度の高耐熱性を持ち、一般的な手術器具の高温滅菌に対応する。 ... 18年まで滋賀医...

躍進 電子部品業界(6)NISSHA メディカル分野攻勢 (2021/6/28 電機・電子部品・情報・通信)

狙う市場は患者の負担が少ない低侵襲医療用の手術機器や、通信できる医療用モニタリング機器。これまでに取得した海外拠点やNISSHAの技術を応用し、低侵襲手術に用いられる手術器具の先端に求められるセンシン...

既存商材に加え、2016年に買収した米国の医療機器メーカーとNISSHAの技術を融合し、患者の負担が少ない低侵襲医療用の手術機器や医療用モニタリング機器などを開発し、医療機器メーカーなどに訴求。......

臓器を押さえる外科手術器具や止血など使う鉗子をはじめ、患者負担の少ない低侵襲外科手術に対応した製品を開発した。... 麻酔針など医療機器を手がける八光(長野県千曲市)は、手術中に血管や...

AIやIoTを活用して手術支援ロボットの運用をサポートするシステム「MINS(マインズ)」の機能拡張や、第5世代通信(5G)などを活用した遠隔手術の実現を目指す。......

メディコン/ヘルニア手術器具 体内吸収素材採用 (2020/9/28 新製品フラッシュ2)

メディコンはそけいヘルニアの手術器具「オプティフィックス 吸収性固定具」を発売した。... 固定具を押し出す専用器具とセットで販売し、15個入りで消費税抜きの価格は4万7000円から。

患者の腹部に開けた穴から器具を挿入し手術する「腹腔(ふくくう)鏡手術」は、患者の体にかかる負担が小さい半面、医師に高い技量が求められる。... 腹腔鏡手術では医師の他に内視鏡や鉗子&#...

共伸、非磁性の手術器具開発 乳がん診断システムと展開 (2020/9/17 素材・医療・ヘルスケア)

【宇都宮】共伸(栃木県那須塩原市、前田真作社長、0287・63・3238)は、チタン製手術器具「筋こう(写真手前)」を開発した。... 非磁性の手術...

エートラクションのロボは患者の腹部の穴から器具を挿入する腹腔(ふくくう)鏡手術で用いる。同手術では医師のほかに器具や内視鏡スコープを支える助手が数人必要だが、ロボは助手の役割を担う。....

手術室には執刀医に加え、複数のスタッフが手術をサポートする。... 同じく低侵襲の腹腔(ふくくう)鏡下手術は、内視鏡映像を見ながら手術器具を操作するため、高い医療技術が必要とされる。そ...

点滴スタンドや手術器具を入れる容器、医療従事者のトレーニング機器といった雑品は、医療機器の開発や製造販売で障壁となる法規制の対応が必要ない。... 手術中の患者のけがを防ぐ「ペイシェントガード」などの...

同社は膣鏡や脳神経外科の手術器具など鋼製小物を長年手がけてきた。... 器具の表面に特殊な加工を施し、摩擦を抑えることで挿入時の痛みを軽減する。... 鋼製小物と呼ばれる医療器具は、単価の安い海外製の...

【手術器具に応用】 めがねフレームの開発技術を手術器具に応用するのは、シャルマン(福井県鯖江市)だ。... 軽くて切れ味の良い手術用剪刀の開発に向けた引き合いを受け、...

【和歌山】日本赤十字社和歌山医療センターは、手術中にCT撮影(コンピューター断層撮影)ができる床置き型の血管撮影装置と、同装置と連動する手術ベッドを組み合わせたハイブリッド手術室の運用...

ロボットアームが臓器に触れた感覚を医師の手元に再現する機能で、手術器具を扱う力加減を微調整するのに役立つ。 ... 手術支援ロボットは患者の体への負担が小さい低侵襲手術を支援する。ロ...

医療関連で手術用器具部品の試作を進め、2021年後半より月産1万個規模の量産を始める。

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン